Fcaa6abe 5340 4290 a507 e0043617274a

野村美奈子

映画を撮っています。

映画を撮っています。

9

コメントした本

おとなになるってどんなこと?

一瞬で読み終わってしまったけれど、もっともっとこんな話を聞いていたい、そういう本でした。すごく優しく人の気持ちに寄り添うような文章。決して押し付けがましくなくて。 子供はもちろん、大人にもとてもしみる本だと思います。

3年前

8eaa37d7 5e67 4405 b8e1 1cc2c1ff5af851719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e494263a81fb ef31 4814 ab58 2a3b32d9e14c2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c4d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431C7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4d937b06e9 c699 4f5e acd2 74674520b3f7 140
映画にまつわるXについて

流石の観察眼と切り口のエッセイ集でした。 映画はもちろん何本か観ているのですか、より西川さんの考えていることがありありと分かるような本。 上品な文章だけれど、ユーモアもあるし決して敷居が高いわけではなく。 そして映画を撮る身としてはとても面白かったです。

約4年前

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200F8fc31ff bc43 40e2 9580 5ba471fdc0deC8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373Bd56352d d484 4313 b668 66f728996fb50ae0ea99 a63f 4d7c 8243 63177ddf53327d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf 10
あられもない祈り

島本さんの本は好きです。他にも何冊か読んでます。 主人公の女性は確かに未成熟で、共感できない人もいるんだと。なんなら嫌悪する人がいるのも仕方ない。 でも私は分かってしまった。それの生き方が正しいと言うことは憚られるけれど、それでもそういう生き方をしてしまう人がいること。それを誰かが非難することはできないし、そもそも恋愛はそういうものだということ。 繊細で冷たくて、無駄な余韻を残さない文章で一気に読めました。

約4年前

E44d5e2b eb57 44ec 81a6 7b66d5ec914dF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdC29662a3 8e72 4a61 84bf c78dad0b62bc2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5378659bb 6148 4725 8590 30c7a7f1351aB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849 13
氷

名前のない登場人物たち。 どんな過去があるのかもよく分からない。 「私」は「少女」をひたすら追い求め、氷は彼らを追いかけてくる。 いわゆる起承転結らしいものはないのだけれど、どうやって終わるのだろう?という興味が勝って読破。 気持ちがザワザワする物語でした。

約4年前

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fAf23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f0997e466 2fa0 4b04 879d 6de72f4a562d96f02de3 0437 436a a3dd 3957e39e5c12Icon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d86e9ef3c4 7866 4d4c b8de 60ba84299a30 37
密やかな結晶

なんとも言えない感覚にとらわれる本。不思議だけど、心に刺さった。映像化してみたいな、と思ったけれど、すごく難しそう。

4年前

2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf55340959 53c0 4fb5 a306 e49c9f3e07555c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12bF8bb3128 f9fc 451b 90e4 be1394d40909000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d86f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd706cf8156 1307 4078 b445 4609e955f232 24
消滅世界

テレビで紹介されていて、設定などに興味があり、購入。 ホラーです、もう。 ずっと読みながら気持ち悪くて、でも止まらなくて。 主人公の正常に発狂していく姿が痛い。 おそらく「おぞましい」という言葉がとても似合う小説。 好き嫌いはありそうです。

3年前

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66dE649064c d494 47ac a553 39941d8cb779943c3773 af60 41df 9214 64426a391380A3b66677 ca51 430c af65 77fd1d6c1009F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c341531127f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF30702c2 c2ec 4324 aa95 b2d703c94d4e 48
きりこについて

うまいなー、作りがうまいです。 猫がより愛おしくなりました。 そして、このお話は応援歌なんですね、きっと。 自分が自分のことを肯定してあげなかったら、辛い。 いろんな価値観があって然るべきって分かってはいるけど、自分のことや他人のことが全然理解できなくなることもある。 周囲との軋轢に悩んだり苦しんだり、何が正しいのよ?って叫びたくなる時に「雑音なんて気にするな!」と背中を押してくれるような本だと思いました。

約4年前

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceEf8b1b04 ee35 434d 8327 d269a5367506A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Icon user placeholder34f0746a 6f52 4dff 8c03 f66cf8dff33eIcon user placeholder464938e3 95b2 43db 9726 682a03942986 120
罪の余白

すぐに読み終わってしまった。 読みやすい文章でした。 共感できる部分もあったし、上手い展開の仕方。 他の作品も気になります。

約4年前

B22d483a 26ed 4a79 b16d acc7d61c6bbb5e3f8675 0155 452c 831c 35428e9d833cCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Icon user placeholder0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162eCd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf9647834be7 01aa 4244 94dc 3d85d68e283c 21
永遠のとなり

静かにお話が進むし、読みやすい文章だと思いました。 「鬱病」だったり何度も「離婚」したり「癌」という病を抱えていたり、少し特殊な状況下かもしれませんが、誰でもそうなり得る時がある。そんな時に人はどう生きるのか、どうやって前を向くのか、私にはすごくあたたかいお話でした。

4年前