308a51fe 6c16 4656 9c65 c3858a8c1b26

本屋・散策舎

日々を確かに歩むための本屋・散策舎です

日々を確かに歩むための本屋・散策舎です。 Standでは「本の本屋」として、様々な「本の本」を紹介していきます。 http://baladeur.jp/

20

コメントした本

読んでいない本について堂々と語る方法

読むときも、語るときも、思考する人の脳に渦巻く、自他のコミュニケーション。その極めて曖昧な「かかわり」の境界を、著者は洒脱に語りおろす。こうして何気なくコメントを書き記すことだって、とんでもなく創造的な営みなのだ。

約1年前

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede5Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd
黙読の山

"これを読む人がそれこそ「個人」ならぬ「私人」として、この一節の意味を、自力でもぎとるべきかもしれない。" p94 砲弾

3年前

はてしない物語

改めて読んでみたら、物語といい装丁といい、本というものを本当に良く表しているなぁ… と感心しきり。

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdC27ad138 f83b 4378 ba50 65cbd467d935Efcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d146Icon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8967df583 7e1a 4efc acd7 833b2f8edc43Cc131137 6c75 4a32 93ba 0d561397db9b 111
世界を変えた100の本の歴史図鑑: 古代エジプトのパピルスから電子書籍まで

百万塔陀羅尼から電子書籍まで、本は歴史の時々で、様々な役割を果たしてきました。

3年前

ねこ書店

一緒に働きたいなぁ……

3年前

Dbdc881d 0597 4aaa a484 994bf5dedd1f32af2f57 aa6f 4fe9 a694 abeb14bebddb0c3a474c 97c7 4bd3 8ee7 0bbdcf5c39f1
世界の美しい図書館

規模も大きく、美麗な図書館がほとんどだが、ひとつだけ、公園にある小さな緑色の図書館が載っていて、その佇まいにハッとさせられた。

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd1c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a06afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373393a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1E6c478f2 f63f 472d ad4f 84f70cf633e52a3746a1 15dd 4d38 a5ff 8f45d7e9568622bfb780 31eb 4dac b3fd 628eac9bab81 8
翼の時間

『父さんに連れられて、図書館へ行った。』から始まる、絵画のような美しい絵本。ほぼ絵のみで話が進むが、きっと誰もがこう思う。本は心の翼、図書館は世界の扉なのだと。

3年前

工作舎物語 眠りたくなかった時代

本を作ることに全身全霊を傾けた人々の記憶。こんな時代があったんだなあ、と感心しきり。

3年前

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa58886ac39 963c 4bdd 8271 632a2d71869775ea77ef 75eb 4cd0 9831 dbd531a9c2342931a897 6b5b 4092 8c8d bcf919b1b3c49fb324e9 5bcb 419c b42f a8047a428383 14
松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。

知の廻廊としての本屋の姿を、現実のものとした松丸本舗。近年流行のオルタナティヴな本屋を、既存の書店が実現したという点においても評価できる。あの"時代"に立ち会えたことを幸せに思う。

約4年前

読書について 他二篇

私たちが私たちであるために欠かせない営みである、読書について。

約4年前

Icon user placeholder2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c18600d6d 10cd 4476 bcd4 4c1a3a8fe8afIcon user placeholder799e1007 5ec6 4de4 bbb4 00183ea4c5671c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a06d6dc50a 273d 4f97 8467 a0e6df9c3362 33
本屋になりたい: この島の本を売る

複雑な業界の仕組みや、沖縄ならではの事情もわかりやすく解説されています。本屋になりたい人はもちろん、本屋好きの人にもオススメ。8/3にはB&Bで刊行記念トークイベントがあるようですのでそちらもぜひ。

3年前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132617cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa525536880 d155 457b 98df d8a14c335b058a5f1d13 9444 441b 9d8d f86410118858B28a5f05 1612 43f2 b125 9f281d64fea403e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d22005b7934ed 2f10 4df7 a81b 54a1744bab31 33
としょかんライオン

きまりを守ること、自由であること、考えること。図書館の理念が伝わる、あたたかなお話。

3年前

Icon user placeholder5ad3a8ba 7e9f 4b51 a0c5 43e4a163d35cDb067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade7C9ac198e b06f 48b6 9268 3678dbd32294
頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊

脳科学者の茂木さんによる読書ガイド。ありがちなアレかなと思ったのですが、茂木さんならではの視点でしっかり書かれている印象です。

3年前

804c56d4 ed21 43c1 a04f 5f1fe6d6a8a9E6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b83e223e12 b768 4f8d 9a12 56e6476143786c772498 aab4 4be7 afbe 7e36776d801bD3a1fc53 8970 40a5 9c57 745a783545261c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e 54
図書館に訊け!

「調べ方」の調べ方がわかる一冊。どんどん訊いて、図書館を使いこなそう。

3年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feAe7048e8 b4f1 4287 959d 937b328ff3e5A634df5e 353c 49f9 ae6a 590a89529b47Icon user placeholderEaaeffb0 e338 42b8 b6a5 cae5d1e12f291c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0F5610376 a2df 43b7 b992 9cef6c919b25 9
読書の歴史を問う: 書物と読者の近代

書物は、人々に読まれるまでにどのような旅を経てきたのか。情報が本として読者にたどり着き、理解されるまでのプロセスに注目した、画期的な読書論。

3年前

響~小説家になる方法~ 1

ここ最近で、最も続きを楽しみにしている文学漫画。

3年前

27ccd455 6d47 4cbe 9ea3 0fec9c4fa8c6A6b0ef35 9a46 455b b852 42e12b1a3197874d4fa5 381f 468b bbba b668c3c1826dB725a28c 96c9 4102 8b5b 5011a2e84f2a
本で床は抜けるのか

溜まりに溜まった蔵書をどうするか。本好きの皆さんなら必ずといっていいほど直面する問題では。

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdFadf5f50 bf83 4a3f 92dc cc4ac7dfd6a18fdc4f42 dd0c 489a 8eda 1e395a289e6aB157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba18b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a5b7934ed 2f10 4df7 a81b 54a1744bab31852a48ae 70b3 4dc3 b5c6 72ac4831fa8a 13
果てしのない本の話

旅の空気が伝わってくる読書エッセイ。巻末の松浦弥太郎さんとのコラボZINEも必見。

約4年前

67b39fbf f825 4fba 81c1 72348fe9cd281c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0Icon user placeholder8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e61a2aff9 d6fb 402c ab84 1cf53e61739971fe097c 19dd 4aad acae 71aee64f6d249bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e8 14
もうすぐ絶滅するという紙の書物について

稀代の愛書家2人が、書物を巡って語りあう。書物の世界へ身を委ねてみては。

約4年前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59350592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3beBe3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7852a48ae 70b3 4dc3 b5c6 72ac4831fa8aMaman putain6 normal9182be3b afc8 4b74 8335 7d2cccdf86bd