7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好きです

ひとこと備忘録 ハードカバーが好きです

159

コメントした本

本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術

若いうちに読んでよかったと思える

5か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderBb0b5db3 204b 486f a93b 668539339fe3D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Icon user placeholder458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c215fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c 15
鞄図書館<1>

何年かぶりに読んでみたいと思えた漫画を読んだ感想。 2巻まで購入しましたが、喋る鞄は喋る度ゲーテの引用またゲーテの引用。それが気になって仕方なかった、「何でゲーテだけ?」「もしかして最終回かそこらで鞄はゲーテが擬人化したものでした!的な落ち?」「ただ単純に作家がゲーテオタク?」ゲーテばかり引用する理由を先に教えて欲しかった。 しかし、古今東西の名作がいくつも作中に登場してくるので、漫画を通して読んでみたい本に出会える場でもある。 基本的に1つの話で完結し、それがいくつかで1冊になっている構成。 話の内容は可もなく不可もなく、凡庸とまでは言わないものの、ストーリーにのめり込みたいのであればジャンプやなんかの人気作品を読んだ方がいいだろう。

5か月前

D365278f d970 46fb 874d bcb688015e36A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb630ddfee8 fb46 4d8a 96b5 f91715e54c00F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9A73a0f26 27a7 49dd 901a 667fc76114b9927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718 8
儚い羊たちの祝宴

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

9か月前

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c8680c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8497c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef 9
本を読むときに何が起きているのか  ことばとビジュアルの間、目と頭の間

この本を読んで(目で見て)これまでしてきた読書に対して、無意識のうちにこうやって読んでいたのかという気づきと、今度からはこういう視点でも見てみようという発見があった それにしてもカリスマ装丁家と呼ばれる(らしい。帯にそう書いてあった)だけあって、ほぼ全てのページにある挿絵とグラフィックのセンスの良さが抜群。妬ましいほどに

10か月前

93b44b67 76ff 4c81 94da 447e34bfa9c8Ee4d3c51 68b8 4124 a257 780956f70e37C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57014253d4 6080 4951 9119 24735184a69608634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34 29
いちばんここに似合う人

16の短編集 1つ1つの話がしっかりと個性を持っていて、こんな話どうやったら思いつくんだと作者の想像力に驚かされる

10か月前

92a46802 6ba2 47be a6b0 567046aa6abd84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae71852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd66435febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0B9dc7b31 ba38 4577 a50e 4c532d4f94c8 31
どろにやいと

短編2つからなる構成 題名と装丁と作品内容との関連性を見つけることができなかった、、、

10か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa430de2297 7066 406c 99a5 792b2dd0689c
ペルーの異端審問

途中で投げ出した。 その国の文化や宗教のバックグラウンドを知らな過ぎて十分に理解できずにリタイヤ。完全に勉強不足です。 少しでも異端審問制時代のペルーを知れるということに関しては全くの予備知識なしでも良い時間だったと感じた

10か月前

2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b97106cd7 d03c 4b82 ab9a 1b0a4d0b43e960729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8350394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
たゆたえども沈まず

楽園のカンヴァスを読んで、また画家の面白いストーリーが読める!と思っていただけにもう少しアクセントというか動きがあればなぁと感じてしまった。 ゴッホという画家自体がそうさせているのかもしれないが、作品の全体的に漂う陰湿で重く垂れ込める雲のような雰囲気が読んでいて気持ちが沈むと言ってしまっても否めない

12か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0375e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b17f511b9 fa01 46a2 b3cd f360639699d87f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f0192ebb4 ba22 464c bbcd 8d5639e6b968 114
幽霊たち

私立探偵のブルーが依頼を受けブラックの観察を始める。期限は未定。 当初の予定よりもそれは長く続けられた。ひたすらに待つという一歩間違えば読者を飽きさせてしまう恐れがあるが、所々に挟まれるエピソードもあり面白く読み進められる。 ひたすら待つブルーは、その状況から自然に考えるという事を強いられる。それも心理状態を克明に表現されているため、気付いた時には自分自身も考えるとはどういう事なのか考えている。 思索の面白さを実感させてくれる。

30日前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fE034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f7260F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
夜の写本師

荒削りの様な所もあるが、読了後の満足感に浸れる作品だった。 これでデビュー作と言うから驚き、他の作品も読んでみたい

5か月前

7ab20c22 f5d8 47e0 851e ee1d833611585cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc27b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4Fa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c00229351aaa 9450 461b bfcc da23918b2209
エレンの宇宙

1つの電子であるエレンが主人公 エレンの目線で宇宙の出来上がりから仕組みまで子供にもわかりやすい言葉と絵で描かれている 量子が何個で電荷がなんとかかんとか、理数系の苦手な自分には文字の意味というより文字自体を目で追っているだけという事態に陥ってしまったが、絵がかわいくてそれをみてなんとか理解した気になった。

5か月前

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

小説を読むということが「読者が想像し連想する一連の作業」だとするなら、それは期待に見合う時間を過ごせると思う。しっかり手懐けられたライオンとそれを囲う檻。 物語の流れを理解するのは簡単、だが作品全体としての暗喩を理解するのは易しくない。実際、あまりわからなかった。しかし人それぞれ感じる事と思う事は違っていて当然。 「川」と聞いて思い浮かべる川は人それぞれ、太さ、速さ、色、景色どれも違うのだから

10か月前

Fbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21ea22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1B202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bF88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3Icon user placeholder39066682 b36d 4b57 b86d dfb07ffc2ec1 115
ぎおんご ぎたいご じしょ 新装版

時間があるときにゆっくりとした時間で読もうと思って購入後 本棚に並んでいることで満足してしまった いつか目を通そうとおもう

10か月前

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdAa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890c97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351Bdd44aab 9802 4d79 830a 833cf9a99b7d 14
そらみみ植物園

1ページ1植物の構成、どれもこれも見たことがない植物ばかりで改めて世界は広いことを実感。それに加えて西畠さんの解説が面白いし勉強になる 続編も買います

10か月前

4486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f047b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043036c90e7 3a9e 46e4 83af a2cdfb73eb5191d29260 9261 4bdc a622 3827191fed011eace5d8 9cda 48ab 8a74 c379bfe7d34117d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af97a8e3f60 7bfc 4a38 825f 6bf3cecb9230 10
アイスクリームが溶けてしまう前に

ハロウィンが好き!それにも優ってこの絵が好き!この絵を描いたのは誰 内容も知らなかったハロウィンの知識や文化を知ることができる

10か月前

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d63529e11 2b01 404f bd54 88b75f099194238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69904551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdIcon user placeholder35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438 18
数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち

まさに上の作品説明の通りの内容。面白い! シンプソンズのスーパーknardなディレクター達の知性とユーモアもさる事ながら、作者の作文の力がそれを支え、かつ読者に理解させながら楽しませてくれる。

10か月前

45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91bAf23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66
色と意味の本 〜明日誰かに話したくなる色のはなし

日本人の色彩感覚で読んでしまい理解出来ないところも多かった。 逆に言えば、世界には国や環境によって色に対する感覚が数多く有ることと、色についてのストーリーがたくさんあるという事を理解して、フラットな状態で読めると楽しめる書籍だと思う。再読必須。 若干気になったのは、ほとんどがそうではないが翻訳の日本語が不思議というか、読みづらい箇所があり何度か読み直すところがあったこと。まぁ原語で読めない自分に文句は言えないが...

10か月前

1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a95c3e5231 a83c 4b6f a267 3800cedfd7269bcf41a6 b65d 46c4 9ccc ea8bf6e8f9723880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95
夫のちんぽが入らない

こんなにちんぽが出てくる本は初めてみた あとがきが印象的だった、その時を想像して涙が出た

1年前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2Icon user placeholder1e80f26e 82b1 4c26 9224 d05d63c6afad55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77244793b482 d9ae 49cc a4c2 6d27f6946c25D05045a1 60ae 4f74 9001 300ca26831abC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76 160