Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好きです

ひとこと備忘録 ハードカバーが好きです

83

コメントした本

たゆたえども沈まず

楽園のカンヴァスを読んで、また画家の面白いストーリーが読める!と思っていただけにもう少しアクセントというか動きがあればなぁと感じてしまった。 ゴッホという画家自体がそうさせているのかもしれないが、作品の全体的に漂う陰湿で重く垂れ込める雲のような雰囲気が読んでいて気持ちが沈むと言ってしまっても否めない

25日前

Icon user placeholderA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad832Icon user placeholder30ba6ec0 6b55 4510 9523 e176a72c71a852337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fIcon user placeholder 33
葉桜の季節に君を想うということ

本を読む前に軽くレビューを見てから読み始めたのですが、見事やられました 巧妙です、

6か月前

De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b065dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937eIcon user placeholderC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485Icon user placeholder559f5daf dea3 4082 bea9 64a5e555effa 144
世界から猫が消えたなら

軽快に物語が進められているにもかかわらず、メッセージ性は強い。 何故?何の為に? 生きてる。ということの本質を考えさせられる。そこから今自分がするべき事を思い出させてくれる。 聖書でもそうかもしれないけど、この作品は悪魔が鍵になっているバイブル。

11か月前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f7557f22d e4d6 4bc3 a72d 42ecba5f34559ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a51015f227 696e 4c84 84b4 7c2812a5f481D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86B839f0bb b4a7 4f0a b618 c8ca8a807b06 227
ナショナル・ストーリー・プロジェクト

元々は編者がラジオで朗読する為に一般の人達に投稿してもらったショートショートを集めたもの。 中身としてとても面白い、本当に感動するものもあるし、奇跡としか言いようのない偶然の出来事、その語り口で読者を楽しませるものばかり。 フィクションに限りなく近くも、ノンフィクションでしかない。

11か月前

783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4
第三の嘘

「悪童日記」を引き立てるための「ふたりの嘘」と「第三の嘘」 こんなに繊細で長い文字数をかけて騙されたのは初めて、作中での事実と事実が重なり合って嘘に見えるところもそうだけど、作者の騙し方にぞわっとした。凄まじい力量です

11か月前

Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc24daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0Icon user placeholder7f8f7b43 c33e 4937 a56a da2d24382f19C9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb2117Icon user placeholder 21
バチカン・エクソシスト

ローマ人がたくさん出てきて頭の中で名前がごちゃ混ぜ、途中でリタイヤ

11か月前

異類婚姻譚

作品全体を通してふわふわとした雰囲気があって、読むほどにふわふわしてきます

11か月前

9332204f ac9e 4685 b7fa a505a42c6d56A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c8689e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eE6cc0404 6868 4c66 bd72 e2b13cbbbaf242caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de 49
竜が最後に帰る場所

やっぱり短編集が好きだなと思わせてくれる どれも面白い

11か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a217edee7be 7eac 4c52 9f31 bb42fc4518d532c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f6678c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed14c0edd3 6e44 4de9 819d d6953398359361669af9 6086 46bb 865d 2f08aef19570
傘をもたない蟻たちは

6つの短編 どれもイガヌ以外は面白かった笑 装丁も素敵です

11か月前

Icon user placeholder0287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47Abac7821 ba1f 4b12 a824 e026a5559b397c145985 0223 4cee b39a e5c93c4ff84c625b322c 17ce 49c0 aabc e767c856a29298a453c1 a3a5 41af aa18 8a5f286b154264464a11 0546 4e58 a4fe 8ab64aa424df 9
ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか

題名の通りif。もしもこんなことが起こったらっていういくつもの質問に対してランドールさんが本気で考察して回答していく 一見非現実な物事をあくまでシリアスに回答していくのは面白いんだけど、算数とか理科が得意じゃない自分には理解できない理数系の面白さがあるのだと思う。

11か月前

Icon user placeholderEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Fcb59cf8 724e 4d01 b78d 3294e4e332b83a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf5108634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 22
夫のちんぽが入らない

こんなにちんぽが出てくる本は初めてみた あとがきが印象的だった、その時を想像して涙が出た

6か月前

8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e4544219dbd75a7 13f1 45d3 bf47 8fe1754a9dd4Ad19af95 27c3 41fe 8eca 1045f14a1bf506173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82fLbb1pwey normalEb6a38d1 3bea 4d84 89e4 6e5760017087B839f0bb b4a7 4f0a b618 c8ca8a807b06 127
楽園のカンヴァス

久し振りにここまで引き込まれる小説に出会った。 この作品に出会えたことに感謝、作者のこの創造力を得るための知識や経験はこれ如何程か 読み出しからゾクゾクしまくり、一文一文丁寧に読み進めたい、けど早く先が知りたい、それに比例して、まだ終わってしまわないでくれ、と心の中で静謐なせめぎ合いが起こる。

7か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fD3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048fe9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f7426e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e901479db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd 60
生きるぼくら

農業って大切、ありがたい 現実問題として農家の減少は現状の資本主義経済の流れからして免れないところではあるとは感じる。 美味しいお米を作ってくれる農家が居なくなり、毎日食卓にはタイ米が並ぶ、そうなれば日本人は皆忿怒の表情で日常生活を送ることになりかねない。自分たちが犯した過ちを顧みて 作中に出てくる蓼科からの八ヶ岳連峰の美しさ、御射鹿池の沈黙を決め込んだ池に反射する木々の情景、日本の自然の素晴らしさを伝えてくれる

11か月前

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af8499a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b2fa1efe5 87b1 4175 b32f e1eaddd2c33cAf143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f
スタッキング可能

女の人の描写が面白い 実際「オフィス」で働いた経験はないけど、こんなんありそう、そんなもんなんだってクスクス それよりも何よりも「ウォータープルーフ嘘ばっかり」の冒頭、化粧品メーカーちふれの正式名称が全国地域婦人団体連絡協議会ってところにビックリした

11か月前

946e134f 61a4 45f7 bb27 63959f634375588ed0dc 8213 48f1 a46d 92effcd9c34b8210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e80ada707e 6fcc 44b1 b9ea f3355d25921d0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad95ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad7 11
ふたりの証拠

著者に振り回され続ける 3部作最後は何してくれるのか期待 本当読者が止まらない

11か月前

Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholderIcon user placeholder7f8f7b43 c33e 4937 a56a da2d24382f192e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fcIcon user placeholder 24
営繕かるかや怪異譚

最初の方はよかったんだけどなあ、、 後半だんだん飽きてきちゃった

11か月前

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d14c0edd3 6e44 4de9 819d d69533983593B45b74c3 37d4 4e35 880a 7662e830f6fa2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd839a72946 663f 46a7 9f82 d3ca1ec2e87d7f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7f 10
メメント・モリ

海の方の女は気象の荒い一面がある 山の方の女はえてして優しい ここのくだりが一番印象的 ぜひ「死」をおもってみてください

11か月前

Ce5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e
村上春樹 雑文集

はるきむらかみのいろいろいろいろ

11か月前

PictureD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Icon user placeholder9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2a4cd34aaa db30 4078 bc97 2d8215ded44d6a5814fa d45f 468d 8be0 ebcf09a423439437c007 975d 417c abab 9115cb628414 15
愛その他の悪霊について

難しいというか複雑というか解釈しづらい タイトルにもある「愛」よりも 全体を通して、教会、人種、中世的な迷信などによる「抑圧」的なイメージが強く残る

1年前