Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7

愛書家日誌別館

古書、ルリユール、電子書籍、作家、書店、…

古書、ルリユール、電子書籍、作家、書店、浮世絵、本と出版にまつわる様々なことをTwitterでつぶやいています。ブログはじめました。 https://twitter.com/aishokyo http://blog.aishokyo.com/archive https://about.me/aishokyo

45

コメントした本

超男性―現代小説

奇妙な小説を読みたいならまずこちら。シュルレアリスムの先駆けとなったこの小説は、澁澤訳で以外に読みやすい。自転車好きのジャリは機械になりたかったのかしら?

2年前

魂の文章術―書くことから始めよう

本が好きで好きで仕方ないひとは、遅かれ早かれ自分で何かを書くことを考えるだろう。 でも自分が読んできた本と自分の書けるものの落差にがっかりして、いつの間にかやめてしまったり、先延ばしにしたりする。 そんなくすぶる情熱を持つひとに最適の本です。

2年前

ジャコモ・フォスカリ 1

日本にやってきたイタリア人教授が出会うのは安部公房や三島由紀夫らしき作家たち、ただならぬ関係に見える美しき姉弟。 そこかしこに漂う60年代の雰囲気にすっかりやられました。 安部公房好きならクスッとくること間違いないです。 誰もが続きを待っているがいっこうに出る気配はなし。 うむむ。

2年前

闇の奥

漱石と村上春樹が愛読者だった、それだけで読んで見たい気もするが、地獄の黙示録の原作であったということで必読になった。 この新訳をもってしても現代の本に慣れているとやや気合いがいるが、入り込んでしまえば一気に進みます。 闇とは密林であり、人の心でもある。

2年前

トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー

現代(といっても19世紀末ですが)のアメリカ人がアーサー王時代のイングランドに紛れ込むタイムスリップものです。 主人公のヤンキーくんは現代の技術を駆使して何度も危機を脱し、魔術師との魔術合戦に挑みます。 子供の頃何度も読みました。結末の物哀しさがなんとも尾を引きます。

2年前

一千一秒物語

短くて不思議な話がたっぷり詰まった本。折にふれ読み返してしまいます。 足穂はこの後の著書はすべて本書の解説だと書いていますね。

2年前

C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769cIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11338fc3dc8 db5f 4cfa 855c e2f234ac0f6bAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f465d37610 922e 4f99 a85f d443ea2da293 20
文庫版 鉄鼠の檻

京極作品は魅力的なキャラクターと論理的な謎解き、レトロな雰囲気で長い作品も一気に読ませてしまいますが、もう一ついいのは取り上げられたテーマについて概略がつかめるところ。 民俗学に興味があればたまらない時間が過ごせると思います。 本書は少し志向を変えてテーマは禅。おすすめです。

2年前

0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee90460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25fa7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c70afc5c62 11c6 40c9 9ca9 cbcb848a43c0Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb44905869e97 438c 425a a124 54c865af4a1fB6b66e3c fa65 4ece 91b1 7ce1c7458ce4 11
物語 フランス革命―バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで

フランス革命の魅力は参加した若者の理想と挫折が重なり合うところだ。すなわち青春。 公平を求めて長さの単位まで地球の大きさを基準にしたものに変えてしまった(メートル)。 あまたの本がでているが、本書がわかりやすくまとまっていると思います。

2年前

806a4a5a c204 4327 bf9c 34a4ffb5482fA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b575dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fC3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af912
インド夜想曲

羊をめぐる冒険、鍵のかかった部屋に続く、三大失踪した友人を探す小説の一つ。 失踪した友人は、つまり自分なんだろう。

2年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dEd17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f3872bc0c 74da 4d32 9c5e 5372c82aab89B4e41110 b2dc 4212 a002 9adf060c06f6E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f42970514d f58b 4b33 988c faad88c878d6 13
南の探検 (平凡社ライブラリー (570))

蜂須賀政氏は明治の華族にして鳥類学者。ありあまる資金にものを言わせて世界中を探検する。最後にはスキャンダルとあまりの放蕩に華族の地位を返上したあきれた男。 幻の鳥ドードーの研究で有名だが、こちらはフィリピン探検の話。

2年前

さよならクリストファー・ロビン

物語の中に生きているキャラクターたちは物語が終わってしまったらどうなってしまうんだろう? うしなわれていくということやさみしさをこんなに美しく書くことができるのか、そう思いました。 朗読を聞きに行ったらサインをくれました。

2年前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f213cd90850>79944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e2354834ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60
ソロモンの指環―動物行動学入門

動物を観察するために家のなかで放し飼いにして暮らしたローレンツ。 この本にでてくるバランスドアクアリウムはガラスの中に小さな生態系を作ることで、僕も何度かトライしましたが未だにうまくいきません。 動物好きなら何かしたくなる本です。

2年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c22113a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f435b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b213a6e4ab 90a7 42dd 8a21 3a08f0ce383c61d1dac0 ba8d 4a22 8769 e7fda6a1a1c9 8
大坊珈琲店

青山にあった大坊珈琲店。ポケミスが並んだ店内や、手回しロースターで焙煎した豆を使い、ネルドリップでゆっくりコーヒーを入れる仕草が好きでした。 本書は大坊さんの静かな情熱があふれでる名著だと思います。 ちなみに恵比寿にここの志をつぐ喫茶店があります。

2年前

5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1
ノルウェイの森 上

都会で暮らす若い独身の男が、孤独を抱えながらどうやって毎日を過ごせばいいのかを教えてくれた。古い本を読んで外国語を勉強し、バイトをすればいいのだ。 おかげで近視が進み、フランス語が話せるようになったが、教室でかわいくて活発な女の子に話しかけられることはなかった。

2年前

F87cdb16 34df 47e1 89c9 2df2ceeedacfA1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6e2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b13Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bFc63e30e b964 48e5 9f16 c61baab2fdac 146
ヒップホップの詩人たち

地元に根付いて自分自身のことをうたうラッパーたち。東京に出てメジャーデビューするという旧来のスタイルとは違う音楽のあり方です。 生きるために必要なラップがある。 「賭けるものがないんです。人生でいいですか?」 − ゾーンザダークネス

2年前

99311eb7 1140 4981 8b99 6ab2d77f9f0484655218 1bda 4234 a92d b901d6ca2cab
潮流

まず「乳房」を読みます。 次にこの本を読みます。 そしてまた乳房に戻る。 号泣。 物語だとは思ってもどうしてもあの女優を思い浮かべながら読んでしまう、せつないお話。

2年前

風の歌を聴け

やはり最初の作品には作家のすべてが含まれていると思います。 最新作まで読みきって戻ってみるとそう感じました。 しかし、よく◯◯を村上春樹風に語るっていう文章がありますが、今は全然そんな書き方してないですよね?

2年前

A59da6bc ce6e 47bc a9ba 16e69c5d9b4aAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b87157182c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fIcon user placeholder71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41E6348966 90b5 426e 9958 7be5af704a1b 90
チャリング・クロス街84番地―書物を愛する人のための本

アメリカの女性作家がイギリスの古書店に手紙で本の依頼をする。そこから始まった文通がやがて。。 本が好きならたまらないお話。時間がない方は映画版をどうぞ。こちらも最高です。

2年前

モーテル・クロニクルズ

80年代で一番カッコよかった男、サム・シェパード。俳優で脚本家、本まで出す。 モーテル暮らしのドサ回り時代に書きとめた詩と散文のスケッチは、匂い立つような手触りがある。 ロードムービー好きならぜひ。

2年前

シャンタラム〈上〉

脱獄したオーストラリア人が、インドのスラムに身を潜めて、ってこれが自伝的小説なの?? 書いたのはこんな人。 「私の人生の物語は長く、込み入っている。私はヘロインの中に理想を見失った革命家であり、犯罪の中に誠実さをなくした哲学者であり、重警備の刑務所の中で魂を消滅させた詩人だ。」

2年前

554b96f1 9ed1 474b 9112 2c20afdbee070ddd3132 6f3c 41eb a8d0 559acbd02149