B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノなどデザイ…

本業はシステムやウェブ、紙モノなどデザインと名のつくものを少々。アマチュア字書き。ジョブチェンジ目指して頑張り中。

12

コメントした本

プラネタリウムの外側

とにかくびっくりした。 読んでいて、ヤバイヤバイナニコレヤバイと、のたうちまわる感覚のまま読み切った。 前日譚となる『グリフォンズ・ガーデン』よりも先に読んだので、IDA-10がどんな格好をしているのか想像もつかなかったけれど、さらには削除という概念がないというバイオ・コンピュータの概念もよくわからなかったけれど、それでも仮想世界が現実世界を凌駕していく危うさは理解できた。というより、現実世界がどれほど危うく脆い世界なのか、ということを意識させられた。 「めったにない何度も読みたくなる作品」の一つに仲間入りした。

8か月前

9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed9efac194 99e8 4fff 98bc a73af95b26aaIcon user placeholderIcon user placeholder009a1c2e f050 4fb0 8523 47a8c53ba7b93221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholder 48
近代の秀句―新修三代俳句鑑賞

藤田湘子の俳句入門の本『20週俳句入門』で紹介されていた本。明治、大正、昭和の俳人の句を、藤田先生の師匠である水原先生が、解釈と批評で綴る。俳句に読み込まれた自然の美しさを連想し、言葉で写生した本である。俳句を作るときに、目の前の美しい自然の表面だけでなく深層の美しさをどのように感じ表現すればよいか、の勉強になる。

11か月前

F970847e f3de 4f2c 9ad9 5dbc115c28beIcon user placeholder
紙さまの話: 紙とヒトをつなぐひそやかな物語

「あなたの一番好きな紙はなんですか?」 普通の人にそんなことを訊いても答えに困るでしょう。 しかし、紙好きな人たちに問えば間違いなく、よくぞ訊いてくれました!と喜んで好きな紙をいそいそと出してくるのです。 クリエイタやアーティストたちにとって大切な紙を「紙さま」と呼びそのエピソードを紹介しています。 紙好きな方はぜひ!

2年前

1de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
小説の家

白地に白インクで印刷されたページ、読むのを邪魔しているかのように模様が踊りまくるページ、手書きが混じるページ、サイズの違うページ。読ませる気はあるのか?と問いたくなる。目次はそれぞれの作者による手書き。装幀は名久井直子さん、さすがである。持っているだけでも楽しい。まだ眺めているだけだが、読めるかどうかは不明。紙にもとことんこだわりありの逸品である。

2年前

敵は海賊・海賊課の一日

「敵は海賊」シリーズの5作目。海賊課刑事である主人公の相棒、黒猫型宇宙人アプロの666歳の誕生日のエピソード。一人と一匹と一艦がドタバタ活躍するのはいつもの通り。だが、アプロが可愛すぎて泣けてくる、アプロファンには堪らないラストゆえに、私的に特別な一冊となっている。1983年の一作目発売からシリーズは現在も続いている。

約4年前

心中おサトリ申し上げます

捕まえた鳥の羽をむしってフライパンで蒸し焼きにする料理シーンの表現が秀逸。クスッと笑えて、読後は少しせつなくなります。

約4年前

グリフォンズ・ガーデン

1992年に刊行された早瀬耕のデビュー作である単行本を、改訂し文庫化したもの。先だって刊行され、読んで衝撃を受けた『プラネタリウムの外側』の前日譚ということで発売を楽しみにしていた。元はゼミの卒業制作として書かれた作品と知る。(出典 HAYAKAWA BOOKS & MAGAZINE の 2017/9/13 の記事より) コンピュータや工学系についてはほとんど詳しい知識はないけれど、登場する恋人たちの会話の流れで難しい言葉もある程度、理解できる構造になっている。 結局、最後はどうなったのか。まだ読み終えたばかりで受け取ったものが上手くまとまらない。人によって捉え方も違うと思う。読んだ誰かと語り合いたい気持ち。 『プラネタリウムの外側』のときも思ったけれど、何度も読み返したい本の一冊に仲間入りした。

8か月前

9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed009a1c2e f050 4fb0 8523 47a8c53ba7b9147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eIcon user placeholder38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2198fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860
暮らしの文房具

土橋さんのコメントにいちいち頷いてはウットリとページを眺める日々。文房具好きにはマストな一冊です。

1年前

1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a97f4b8b04 20e8 47d9 916f 73e91a4f10de74912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab42e5dc871 06cd 477d a58b 269c9a235209Icon user placeholderEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47943e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b 14
ブルータワー

完璧なエンターテイメントSFである。ハラハラワクワク、そしてハッピーエンド、この世界観と読後感は他では味わえない。二度読む本はそれなりにあっても、10回以上読む本はほとんどない。この本が唯一の例外。映像化されなくても、頭の中で光景がはっきり見える石田衣良氏のシンプルで素晴らしき表現力のおかげだろう。

2年前

D462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a9B2decf1f c085 49f0 93a0 d18a5b25fb83Icon user placeholderC86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c9060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e0281bf2620e cb98 4b18 b32b ccbfca9d56378a7d7d1c 30bb 4216 b57a 7f3afaf1c91f 9
遠野物語remix

柳田國男先生の『遠野物語』の原文を忠実に、ときに足りないものを補いつつ、現代語で語り直した作品。其処此処に京極夏彦先生の息遣いが視える。まずは柳田先生と京極先生の「序」の読み比べからお楽しみください。「願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ」

約4年前

65c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa3Icon user placeholderIcon user placeholder6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd773e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fb79a849a5 7d82 42a3 8359 c187021602935b7b8dec eaa7 41a2 a4f6 6357fa4eb0e4 8
航路(上)

臨死体験とは何か。その謎を科学的に解き明かしてゆくミステリータッチのSF。メタファーとして登場する⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎(ネタバレになるので伏字)には驚きである。とにかく息つく暇もなく文字を追わせられ、1300超のページの果てにあるラストに到達したとき、嗚呼そうなのか……とタイトルの意味が心に染み渡る。

約4年前