Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
64907546 d086 49bf 8c9e c53054715db5

ジュン@相棒は銀

読書量はそうでもないですが、とにかく書籍…

読書量はそうでもないですが、とにかく書籍が好き。

23

コメントした本

オズの魔法使い

子供時代にテレビで見た覚えが有って、家が竜巻で飛ばされたとか、魔女が家の下敷きになった場面は覚えてましたが、どういう話なのかは分かってませんでした。 大人になってから、改めて書籍で読んで「そういう話だったのか!」と実感。 オズが与えたものは一種の『プラシーボ効果』みたいなものがあるなと私的な感想。 『プラシーボ効果』本人たちが幸せになれるのなら、良い意味で 騙されてみるのも有りだと思う。 ドロシーは本当に良い子ですね。 是非ともミュージカルも観賞してみたくなりました。

4か月前

3b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Eb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d32e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a85b7b8dec eaa7 41a2 a4f6 6357fa4eb0e4D1453d3c a9db 40ea b3af 49e24563b8ea
きりこについて

猫は偉大である。私も猫と暮らしてるから、共感することも多々。愛猫、実伊ちゃんが来てから、背中を押してくれたことが、多くある。寂しいなと思ってた日々も、ふっ飛ばしてくれた。西さんは心から猫を愛しているんだなと実感。猫と暮らしてる人も、猫と暮らしたくても暮らせない人にも是非是非、読んでみてほしい作品です。『自分のしたいことを、叶えてあげるんは、自分しかおらん』目から鱗です。

7か月前

0b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f2Icon user placeholderIcon user placeholderA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e202a50fe6 dd10 4304 a778 11eafad9de67Icon user placeholder 76
白いしるし

主人公の年齢が私自身の年齢と近かったので、選んだんですが、やはり、読みやすかった。そして、間島昭史に深く深く恋をしてしまう夏目がどうなるのか、続きが気になってわりと、早く読めた気がする。解説にもあったように、男修行は人生の伴侶を得たからと言って終わりではないんじゃないかと、周りの既婚者を見てると、私も(伴侶はまだ居ないが)実感してたりする。だとしたら、何の為に女は男に、男は女に出会って恋をして、または結婚して子孫を残すのだろう。日本社会の経済円滑や幸せになるためって言葉だけでは当てはまらないね。

12か月前

991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Icon user placeholderIcon user placeholderFd7965d5 05a4 413c 8bbd 4f0bdf4063f6A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32Ec679746 fc9c 4986 84d1 d548053f0ab4Icon user placeholder 83
れんげ荘

『月10万円で楽しく暮らそう!』帯のキャッチコピーに惹かれて読むに至りました。私も極力、月10万円を目指してます。実家暮らしではありますが、母が精神疾患のため10年以上前から、精神科の施設で生活していて別居中なので、広い家の家事が大変で、仕事をするのが困難なのです。(幸い実家が林業経営のため、昔より収入は減ったものの、不定期ながら収入が無いことも無い。)お金も大事ですが、人の心の温もりが人間には必要不可欠だなと改めて思わせてくれる。“幸せとは何か”を気付かせてくれる、『れんげ荘』は心温まる作品です。

1年前

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f83e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21C7a7291f ee4b 4dc7 ae5c fa99dc408c99576662ef 6ec3 46ec ad1a 5b0ad61d54fc014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 15
大泉エッセイ 僕が綴った16年

大泉洋という人間がどんな人か大まかではあるが、分かる本ですね。お祖父さん(恒三さん)の話には笑いました(笑)県外へ一人旅してレンタカーを借りて、車で移動して食べ歩きをするところなんかは、車の運転が苦手な私にとってはもはや尊敬に値する。義理の御両親の話や娘さんとのエピソードには涙腺が緩くなりました。家族って良いですね。特に『どうでしょう藩士』向けの本だと思う。もしかすると、無類の本好きな方も読まれてるかもしれませんね。

1年前

440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb85871e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95A7bcc1aa d569 4f6e a068 c557d267053a117005e8 8dd7 4b8b ad91 bcd32b50b4042269fd78 70c6 4cd3 964d 71156b40eb8d1eace5d8 9cda 48ab 8a74 c379bfe7d341D18545d8 86f3 47bd 8013 679ae9ee23e3 20
スクラップ・アンド・ビルド

私の両親はまだ、60代なので若いんですが、将来的な介護の事は考えてしまいますね。特に父は数年前に椎間板ヘルニアを患って、筋ジストロフィーの疑いがあると診断されました。叔父も独身のままで60代なので、誰が世話するのかな?と。今の時点で、実感してますが、人間は老いると子供のようになってしまうということをこの本を読んで改めて実感した。介護には答えが無いのが難しいですね。これが正しいってのも無いように思うし。ただ、私は本人がやれるのなら、それを見守りたいと思います。タイムリーな作品なので読んでよかった。

1年前

93dec1e9 00e7 4b8b b7d2 15855ecd99deIcon user placeholderF9d50ac2 2fd5 41de 8cc9 567c1226381dIcon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249911167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f85efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 85
まさかジープで来るとは

こういう、自由律俳句の本は初めてだったので斬新で、理解するのに時間が掛かりました。しかし、前作の『カキフライが無いなら来なかった』も読んでみたくなった!せきしろさんの学校嫌いには共感したし。又吉さんがお気に入りのTシャツを洗濯して乾燥機にかけたら縮んでしまったので、自分が乾燥機に入ったって話は(ほんまかいなこれは(笑))と笑ってしまいました。

1年前

458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5D9a4844a adb1 4012 a813 40f86e3b59c3Bd689578 c4af 4e83 8076 163261ce6655Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c27388f9b cd87 4741 bd7b e6b4b6f063b92de1903e 2a7c 4f53 8419 a14eab2ad631 13
第2図書係補佐

本に出会って沢山の本を読んで来たからこそ、今の又吉さんがあるんだなと実感。大学に行かなくても、本を読む事で語彙力も付きますしね。この本は元々はヨシモト∞ホールに置かれていたフリーペーパーに又吉さんのオススメの本が連載されてたのを単行本化したもので、学生に本好き、読書好きになってほしくて紹介された本なんだそうです。又吉さん凄い!良い国語の先生になれると思う。私も(元々、本が好きで読書も好きだったんですが)又吉さんがきっかけで、更に読書習慣がしっかり身に付きました。又吉さんに本当に感謝♬ありがとうございます。

約2年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499136f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62ea00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c2742b9d7 d4e0 4983 921b 303f9b74e5951167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8 28
読書の腕前

純粋な本好きにお薦めしたい本です。この本を読んだことで読書に対する読み方も、思い直された。更に読みたい本が増えたのも事実。ベストセラーや、面白いと分かってる本とか、話題に乗っかりたいだけで、読書をする人は読んでも感銘を受けないかもしれない。読書をしようと思えば2分だろうが3分だろうが、何処でも読める。著書は積ん読を否定してないところが好きだったりする。

約2年前

Ec6e3e9e 7b53 467e bd3b d0c636a6c0f074152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b482f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d459ce6fad8 3b81 4668 aedc e15cdc0629d0D3bf3738 a9e1 49bc 88d8 5108e72435ef76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96dC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4 21
ねじまき鳥クロニクル予言する鳥編

ギリギリギリギリ、私の頭の中のネジが巻かれる感覚を実感

約2年前

Icon user placeholder9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7463245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e8c7693c0 30aa 4cc8 a064 7c7493f2c073 27
ラク〜に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経

我が家は神道の家なので、 『般若心経』は(興味は有るものの) 親戚の葬式の時ぐらいしか、耳にする という機会が無く、仏教の教えは 「ハッ!」とされることが多く、 『まさにこれ私やん!』と、 目からウロコでした これからも心に迷いが出た時に、 この本を開いて読み返したり、 その日の心にあった一節を日記に 書くのもいいなと思いました。 写真の猫が可愛いんで、 猫好きな人にも向いてますね。

6か月前

8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db583aa2f4 bbfc 4e9d b370 6b34ee362f79
夜を乗り越える

まず、最初に痛感したのが、自分自身が視野が狭いということ。この本を読んで改めて痛感しました。(^_^;)とある方に「君は視野が狭いわー。」と貶されたのに、又吉さんだと妙に説得力があって(そうやよなー。視野は広めなきゃなぁ。)って思えた。もう一つは、又吉さんはかなり本を読んだんだなということ、これまた改めて実感。「人間も本来は誰かを喜ばせるために生きているわけではありません。ただ、いるだけです。」肩肘張って生きてきたのが、背負ってると疲れる荷物を「無理しないで、少しは下ろしなさい」と諭してくれた気がする。

9か月前

A74cabe8 fc19 4afa aa44 e14f1ca5451936f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62ea564ed7ed 4ffc 4ac7 a30c 28152d1ff55700262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c563fe00dc 539b 41dd a878 bcbb65a18660B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 21
火花

笑いとは奥が深い、そして、 又吉直樹さんは凄いと改めて実感。 次の作品が楽しみです♪ 内容的に人間失格を彷彿とさせるね。 私も徳永&神谷みたいな関係になれる 友達や仲間が欲しくなった。

約1年前

F35d5608 96eb 4410 b174 e0695806c1d3Cedec519 9246 4efa b1bc ac90cb2d5efd991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Bd14ecbc 6f9f 4465 92fc b113188ab9ebF94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b8B1ec498f 5272 4e21 b84e c6c8cd6a56a5 249
炎上する君

私にはまだまだ読書量が足りないため、難しいことはよく分からない。 ただ、又吉さんが何故、西さんの作品を好むのかがこの作品を通じて分かった気がする。 私的に好きな物語は 『私のお尻』と『舟の街』

1年前

Icon user placeholder99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd603C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bDe6461f6 4acf 4548 84b3 db3fc2d0c06b8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa 41
ぼくは明日、昨日のきみとデートする

「泣ける」と帯に書いてあったから、どんな内容なのかと、期待したが、それほどでもなかった。恋愛未経験の人じゃないと分からないのかな?(^_^;)いや、それよりも非現実的過ぎて、共感出来ないんだと思う。ただ、影響が有るとすれば以前にも増して京都に行きたくなった。それは確実。ALFEEの『もう一度君に逢いたい』が頭に流れて来た。

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder506c7f9d fde9 4304 9d2f 03978891379e0f28473c 3252 477d 8948 35ddae9277aeF94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b8 259
読書は1冊のノートにまとめなさい

他の方も書かれてるかもしれませんが、この本の主旨はアウトプット方式ですね。 主にこのやり方はビジネス書向けかもしれない。 ノートにアウトプット方式で、本から引用した文と、自分の感想を書いて、 最終的に感想文に纏めるといった感じ。 やる気を出すために筆記用具に拘るというのも共感したし。 この本の影響で尚更、電子書籍が欲しくなった。 因みに私はノートは分けて使いたい人です(笑)

1年前

0c88ce30 113b 4f97 a31a 88523f7625b4Ea748a34 5ab4 4640 aa15 41f0dc43f1e5Bd56352d d484 4313 b668 66f728996fb5Ad7ee9ea e535 43dc 9919 237ff565c82f
三毛猫ホームズの仮面劇場

血の繋がった家族、血縁を途絶えさせないことの意味って何なんだろう?とこの作品を読んで、改めて実感。 特に娘一人っ子で、跡継ぎをしなければいけない私は色々と考えさせられた。 1人で居て寂しいと思う事はあるけど、それ以上に血が繋がってなくても“自分を理解してくれる気の合う話し相手”は居て欲しいなと常々思う。 勿論、生き物達と暮らせてるだけでも、凄い幸せなんですけどね。 読書をすると自分の視野の狭さを改めて思い知らされるなぁ。 やっぱ猫も良いなぁ♬犬も好きですが、犬とは違った良さが有る。

約2年前

荒野のおおかみ

ALFEEの高見沢俊彦さんの推薦図書ということで、高校時代に買ったんですが、当時の私には難しくて読み進められず、序文だけ読んでそのままだったんですが、32歳になった今、やっと、読み終える事が出来ました。 不思議な事に当時はよく分からなかったのに、今になると、感銘を受ける箇所が幾つか有るんですよね。 ハリーハラーと私に共通点が有ると気付けたからでしょうね。 高校生時代は私自身が自分という人間がどういうものか、よく分かって居なかったんだろうなと思います。 因みにALFEEの曲に『春の嵐』という曲が有る。

約2年前

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cC02ce81c b5e7 435a 9b5d 2be8793835707cdadb0a 9ac7 469a be1c 2e34026d4e51
ねじまき鳥クロニクル鳥刺し男編

やっと読み終えました。 読み応えがあったなぁ。 なんだかんだ言ってクミコさんを救おうとしてる、主人公が居たわけですが、なんとかして兄の呪縛からクミコさんを救おうとしてる意思に感服してしまった。 こういう続きがありそうな感じの物語、嫌いじゃないです。 また、何年か経ったら読むかもしれない。

約2年前

9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7463245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e8c7693c0 30aa 4cc8 a064 7c7493f2c07300262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585 24
ねじまき鳥クロニクル泥棒かささぎ編

読み終えました。(・ω・) 戦争の話が出て来て、そのへんが やや難しかったですが、私の母方の祖父も 戦争でシベリア抑留されてたんで、 興味深く読めました。第2部に進みます。

約2年前

881c65fb 0ea3 4e34 abe7 45ad177516b5Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7463245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e8c7693c0 30aa 4cc8 a064 7c7493f2c07300262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585 45