Cb9ac0a1 3eb7 4e90 ab00 7b0e2820d9ff

isshi

1989生まれ。女性。出版社勤務

1989生まれ。女性。出版社勤務。今からでも小説以外の本を読んでいきたいところです。「いいね」だけは読もう本に。

3

コメントした本

美しいもの

塗師・赤木明登さん。元々編集者でいらっしゃったとは知らず驚いた。わたしは赤木さんの器のファンとは言えないけれど、この本を通して、間違いなく赤木さんの文章のファンになった。赤木さんのカタカナと、優しくうなずくような末尾の「ね」が大好きだ。全編音読するのが楽しい。登場する人の多くは手でつくる人たち、ほぼ知らない方ばかりだけれど、赤木さんを通して知れてよかった。すべての人に、好感を持っちゃうよね。

約3年前

Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326179944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e23548
オリーヴ・キタリッジの生活

またいつか読みたいと思う。 物の見方や会話のピリッとした感じ、感受性の強さに嫉妬しちゃう。 エピソードから重層的に立ち上がる、この町、彼女の人生。 物哀しくて、切なくて、愛おしく、ああこれが、(人生なんだなって、なる)

約3年前

3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b48dfe77b b1a5 45f9 912a ebf3b398676eBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eDbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d18173e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fbF3601f1f 4e78 481d bd0e d70ba7f760bb 15
ペンギン・ハイウェイ

とっても好きなタイプのボーイミーツガール。 アオヤマくんが本当に可愛らしくて、そう感じること自体、わたしは大人目線でいるのだなと思わされた。同級生だったら、この時分では恋しなくて、後あとモテるのだね。 彼が「ぜんぜんちがう」と分かってしまったことに、やけにさらさらした涙がだーだー出てきて、カラカラになって、気持ちよかったのを覚えている。

約3年前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd17fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34D6d204fd cd56 4370 a282 3fdd309cf024Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ceF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 72