A69a43d0 ea0a 4d3b 9a9f a7810cbc6c0d

fumi oinuma

a

a

15

コメントした本

灯台守の話

物語る力があれば人生と向き合うことができる。自伝的な語りは好きじゃないから、どこかのだれかみたいに語るこの書き方が好き。

3年前

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d70f8d1b1 93f2 4b1d 9860 90f919c5ac48A988a577 9a28 4535 86b9 6dccf1548d6cIcon user placeholderF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152fD2c5fcb0 0448 4e7d af7e 92dd913953b4 12
モモ (岩波少年文庫(127))

後書きが心に残る。過去のことのように語ったがこれは未来のことでもいいのだ。数年おきに読み返したい本。

3年前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fC33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bA1e991ac 09c1 47ee 9820 784f161ca2927efa1cc5 a32a 4abe b0e9 50492acb8ee2Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 167
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上)

ジャーナリストの作家なので物事の見方にいい意味で感情的にならず、だからこそ本質が伝わる。暴力にあった女性にとっては支えとなる。どんどんとストーリーを追っていくこともできるがじっくりと読むとリスベットの感情の僅かな書き方が好き。

約4年前

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c245122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bCebf7d4d 081a 4ddb 9116 149b2716bfc6620e710b 2342 44ca 85b2 596da840b393 29
ありがとう、フォルカーせんせい

字がグニャグニャにみえてしまう少女が字を読めるまでになる話。読めかったのではなくトリシャにわかるような教え方がしてもらえなかっただけ。そういう事は誰にでもある。

約4年前

自閉症だったわたしへ

日本版タイトルが大失敗だと感じた。自伝だが小説として詩として、感性としての素晴らしさがある。言葉と共に生きれば誰しも自分の世界というものが伝わっていくと信じることができた一冊。

約4年前

138bedbb 2945 460b 844c 37f25a676e3079a849a5 7d82 42a3 8359 c18702160293
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911を題材とした本を沢山読んだがこの本が一番迫る。ものすごくうるさくて、ありえないほど近いものが私にもある。傷ついた心の回復を暖かく嘘なく書かれている。映画より複雑な内容になっているが本のが好き。

約4年前

49dfdfa3 8161 47bc ad0b 34d7ed8964ee2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269cB2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3Icon user placeholderCeee7ead 53b4 4e8b 94bf b91e95ea3dd6C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bF888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9 67
頼むから静かにしてくれ〈1〉

孤独をユーモラスに淡々とそれは人生に必要なもののように描く。けして大袈裟にならずに。今一番好きな作家だ。短編集です。

約4年前

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f7c3ca2ea 4d84 4876 88b5 ca265c14cbaf931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434aB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 9
愛について語るときに我々の語ること

この人の本はもう全部読むのがいい。静けさという話が好き。どの作品も真に静けさがあるなと感じる

3年前

7a6b8ad1 bfdd 4132 a4af d854919dfd99B83b1b3f d203 4291 ad91 d15c2d2cb3b3A3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35b0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 13
モーパッサン短篇選

物語を紡ぐ者にとっていつの時代も自分の先を照らし出して進んでくれているような存在感。フランス語は日本語に近い思想を生み出すときいたことがあるが日本の古い素晴らしい短編を読んでいるような錯覚がある。

3年前

香水―ある人殺しの物語

ラストが好きだ。フランスらしい。主人公の孤独が解き放たれる。フランスのもの独特のラストは癖になる。

約4年前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eE458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1fAc1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf359cbeb2b a74b 49f6 ac0d bb8d8e0ffc2620415fd6 77e5 4cd2 a8fa b55ec01882a13bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bdaFdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f 30
異邦人

一番好きな本だ。読んだ後手に乗った本の軽さにため息がでる。けして分厚い本ではない。それほど無駄がなく端的で重たい。圧巻‼️

約4年前

F4444dcf 0d4d 4c87 bdaa 22a988078345Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf9689ed2dbb 0adc 4fdc b339 c09e20408f7426e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba6590af20764 2cae 4a3b b386 30cc150cb6c55e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b7 94
泥流地帯

神は困難を乗り越えられる人にしか与えない。震災や自然災害が絶えない今こそ読み直したい一冊。

約4年前

71f22d9c d011 4388 a625 6db6f0305377B1b8e38a 2a97 405c bd87 57ebbe3ba121
横浜黄金町パフィー通り

黄金町の歴史がわかる本。この本を読んで売春の町から、アートの町になった黄金町を訪れてみてほしい。町の闇を住人達の結束力で変えていく。今後の黄金町からも目がはなせない。

約4年前

ザ・ロード

詩的な会話文が唯一の灯りとなる。これほど暗くこれほど生きることの灯火を見いだせる物語を知らなかった

約4年前

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74B34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01e5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2415b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70006b57b4 fea8 4d00 ac9e c75f9078ff52 14