50f3a441 468d 4de6 bfc5 57aeeaef1b00

maaa

北村薫 / 梨木香歩 / 村上春樹

北村薫 / 梨木香歩 / 村上春樹

119

コメントした本

空飛ぶ馬

大好きな北村薫。高校時代に読んだのを読み直し。みずみずしい感性が本当に大好き。

1年前

E37f110e 0979 4d7e 8d00 0dc7e43f95c72c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f09fe1da7 e314 43fc 8aec cbfe431f5097A74cabe8 fc19 4afa aa44 e14f1ca545198126b248 3719 4808 b819 3f05add6d70b458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bE32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe7 13
トットチャンネル

とっても面白い! 黒柳徹子の感性や考え方を覗き見ることができる。 仕事への向き合い方が素晴らしいです。

約2年前

命売ります

気になっていた本。 読みやすく、三島由紀夫のイメージが少し変わりました。

2年前

F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64dC81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a4c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977a939e80ba 55fb 4a24 8b41 c3bc402eefbd4595c374 e72e 4c18 9b24 8f5314a5ee12D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f05faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c 85
一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集

古本屋で購入。高校時代から石川啄木の詩が好き。

2年前

2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f8648b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988
アルジャーノンに花束を

身勝手な大人の欲の恐ろしさについて考えさせられた。IQを上げるという形ではなく、あらゆる人が生きやすい社会にしなくてはならないと思う。

約3年前

5c37b4b4 e3ce 4812 94b5 4e7411cda051Ed2c5066 c7c1 4cdf b83d d5067ee9a8d24b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3dIcon user placeholderB6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90eDae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b404 116
不思議な羅針盤

梨木香歩さんらしいエッセイ。植物や自然が生活や生き方、考え方に深く関わっている。 そんな生き方、すごくいいなぁと思う。

約3年前

3524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda8321617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffF6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124979e3066 09a9 4e1b 861e 7e6d745183ec
沼地のある森を抜けて

梨木香歩さんらしい、柔らかく優しい表現が随所にある。 繰り返し読みたくなる一冊。

約3年前

3524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda83Icon user placeholder
西の魔女が死んだ

辛いときでも、道しるべとなってくれる人がいたという記憶は、その後の人生を支えてくれる。

約3年前

3524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda83Icon user placeholderC62316b0 2f06 4fd6 9624 c0b7d1fedef518408e5b f9e2 46e7 99b2 c9365be137736fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d792c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf55937fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4fe 343
海辺のカフカ 全2巻 完結セット

高校生のときに初めて読んだ。今読むと、そのときとはまた違う角度から読める。

約3年前

Icon user placeholderC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d02c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f862f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc6fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec28A5bf6e59 1442 45e5 b15e 8f780ca9a8369b6918f0 31d9 4772 b469 00187c1e6633 22
ひとがた流し

北村薫の作品の中でもかなり上位のお気に入り。 褪せることのない友情と、仕事にかける思い。主人公のような女性憧れる。

約3年前

75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d
世界は終わらない

今年から働き始めて、同じ毎日の繰り返しだと思ってたけど、違うのかもしれない。見方を変えてみようかな、と思えた一冊。ささーっと読めちゃう。

1年前

D30db78e dbba 401a 96e1 6b00f9212d8eF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11379651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c8A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aIcon user placeholder36f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62ea5d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b 21
ある小さなスズメの記録 人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯

梨木香歩さんの訳がぴったりとはまる物語。 クラレンスがとても愛おしいです。「どんな小さな命もかけがえのないもの」

約3年前

77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462bC03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112bF952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44F1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e576F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9F91280c2 146d 487b b806 f273e769ccddA510baff 88df 4b36 9c32 a7013789134c 10
噺のまくら

落語の噺ではなく、噺の前にあるまくら話を集めたもの。 クスッと笑えるものが多くて、読んでいて楽しい。 落語に行きたくなる。

2年前

父の詫び状 <新装版>

少し悲しくなる話も。 家族が恋しくなる話も。 くすりと笑える話も。 丁寧な文章で書かれていて、ぐっと引き込まれるから、あっという間に読んでしまう。

2年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24152337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fEfaa518f e6f2 4153 9706 21d99fba14330a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18feC5daf3e9 68fa 45de 811b eac04c3c700547a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf31ffefd4 50ba 46dd bfe7 15ae73f5bc3a 19
つむじ風食堂と僕

主人公のリツ君に、大人たちがそれぞれの職業の話や職業観について語りかけるお話。柔らかな雰囲気。 いろんな職業の人がいて、いろんなことを考えながら将来に向かって働いているんだよなぁと実感。

約3年前

Icon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd1672bd644d ce2a 40d6 a7ac 8e86ff408f8f128ce9b0 806c 4c21 a074 0fb87ec4000f21a66947 715f 4d8c bbec dcf7018ec7fa3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db 8
いとま申して 『童話』の人びと

父の日記から紐解く、父の記録であり、昭和初期の暮らしや青春を窺い知れる一冊。 昔は、今のようにボタン一つで音楽を聴いたり、調べたりすることは当たり前ではなかった。その分、物事への立ち向かい方や感動の度合いが違った。 どんなに便利な時代になっても、新鮮な感覚と感動を失わない人間でいたいと思う。

約3年前

ピスタチオ

アフリカが舞台の物語。もう一度読まなきゃ。

約3年前

8f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd88221617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffCbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a854466D9a39f79 d755 4528 a394 95e0cc22f7fb095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b4d2103cf f3bc 4f25 b21f b69df65d27dd 8
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット

この独特の世界観が好き。

約3年前

E87d3468 0064 4dcf 97d6 ed8bbe7294520638706d a2eb 4ab4 9d0d c4d05a939d5b6fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec283c63dd35 d6b3 4dc6 8736 d7b1bb9ad965Fb7ef208 09b3 4585 9bb4 1bf07d31c2729b6918f0 31d9 4772 b469 00187c1e66330882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e 13
スプートニクの恋人

すみれの繊細さと大胆さが好き。

約3年前

18210065 e19d 434b a5f1 6a5b1b0adb1c2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d8160bef5 a7aa 4663 9b7b 44772614c99e27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc52c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fA40b5e4c cee4 4a3a a9fa ad36cd260cbd 65
ターン

時の三部作の1つ。 毎日繰り返す日常の中にも、変化や成長を見出して生きていけたら、と考えさせられる。

約3年前

09fe1da7 e314 43fc 8aec cbfe431f509775de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6Ca601073 b592 4f74 aba3 ea4fcc879f6aE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6E9e506d9 3776 4bad ab7f 5e8828f8287c922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d0d953a6c a77a 451b a81c 822f8b356d19 8