14a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e

とおこ

萩尾望都、ナルニア、羽海野チカ、小野不由…

萩尾望都、ナルニア、羽海野チカ、小野不由美 大好きです。ときどき児童書を紹介。

39

コメントした本

雪の夜は小さなホテルで謎解きを

12歳の男の子マイロは中国系の養子で、両親とうまくいっているが、本当の両親のことを知りたいと思うことに後ろめたさを感じている。 両親が営む宿屋に、それぞれ秘密を抱えた5人の客が訪れ、マイロは料理人の娘メディと、RPGのキャラクターに扮して、落し物の「海図」を解くゲームを始める。 マイロがRPGのキャラクターになることで、居心地の悪さがときほぐされていく様子がよいです。 読後感がよく、ほっこりした気持ちになれるお話です。

9日前

98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e15cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2
嘘の木

おもしろかった!! ダーウィンが「種の起源」発表後のイギリス、科学と宗教が入り乱れている世界。高名な博物学者サンダーズ師の娘フェイスは、父の世紀の発見が捏造だという噂が流れ、家族でヴェイン島へ移住。 嘘を養分として実を成す「嘘の木」を隠す父の秘密を知り、父の死の真相を探るフェイス。 女の人が抑圧されているヴィクトリア朝時代、自分らしい生き方を探る少女の話!おすすめです。

3か月前

Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63014253d4 6080 4951 9119 24735184a6965cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder08046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348aEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholder 9
エルマーのぼうけん

子どものころ、大好きだった本。ガムや歯磨き粉、クシと輪ゴムとリボンでピンチを切り抜けるエルマーにわくわくしました。 最近、作者ルース・スタイルス・ガネットはガース・ウィリアムズに挿絵を頼みたかったけれど断られ、父の再婚相手のルース・クリスマン・ガネットに頼み、編集者であった父と3人でレイアウトを決め、地図やフォントは父の手によるものだということを知った。 『「エルマーのぼうけん」を書いた女性』ルース・S・ガネット』前沢明枝著 福音館書店

約1年前

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a0452670b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8Icon user placeholder8f4d391f 24ce 46f0 a579 cb89f81d82055b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f73a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf518d9fb695 1033 4162 9330 e8dcd0a7523a 27
第九軍団のワシ

おもしろかった!サトクリフはいい!! ローマ軍団の百人隊長であったマーカスは、負傷して叔父のところに身を寄せる。引き取った奴隷のエスカとともに、隊長だった父の「第九軍団のワシ」を探す話。 ローマン・ブリテンの歴史と主人公マーカスの成長が絶妙にからみあっている。支配層のローマ軍と被支配層の氏族の微妙な関係や人物がよく描けているので、行動に説得力があり、おもしろい! 最初あまり馴染みのない世界で話が進むので、ちょっととっつきにくいかも知れないけれど、「第九軍団のワシ」を探す旅になると、どんどんページをめくりたくなります。お薦め!!

約2年前

ワンダー Wonder

とてもお勧め!顔に障害のあるオーガストという10歳の男の子が初めて学校へ行く話。姉や友人の視点からも話が進む。ラストはTEDのStella Youngを思い出してあれっ?と思ったが、全体的にとてもよかった。YouTubeに"I am Auggie Pullman."がアップされている。

2年前

807988d5 8c24 46e0 9ac1 3dd576339850F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837634d30eff 38a9 46ad bf35 3ab7420b1840427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 22
シャイニング〈上〉

最新作「ドクター・スリープ」が「シャイニング」の続きと知って読むことに。映画は原作と大きく違うというのを聞いて、原作読んでから映画観ようと思い、まだ観ていない。 キングらしい何気ない日常に、どんどん異常なことが入ってきて、最後は狂気の嵐になる怖さがおもしろい! シャイニングって"かがやき"=特殊能力のことだったのね。

2年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41cB339c751 5ed9 4f7e ba6d 367c7bee4694B7790ca3 fdfc 41ab 96ff 2b4e508c9cca827fe391 535d 402c 8104 ed5efca98f6d34b89f9a c5d6 4a25 af41 a5a81560d103
おさるはおさる

自分は自分でいいと、こんなに少ない文字数で伝えられるんだと感動した作品。

2年前

あの家に暮らす四人の女

杉並の駅から遠い古い洋館に住む母娘と娘の友人2人。プラス守衛小屋の老人。こまごまと事件は起こるけど地に足がついた生活をする様子が好ましい。後半唐突かなと思う展開、表紙の黒い羽と表題紙の絵に納得。

約3年前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d5c88d056 82a4 4c04 acb1 520efa06c7b60458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder7de200af 7e46 40cd 9d50 310b7e69aa81 24
黄金の烏

「烏に単は似合わない」「烏は主を選ばない」に続く八咫烏一族のシリーズ3巻目。金烏の秘密や、八咫烏の世界がだんだんあきらかになってきている。前作で若宮に仕えないことを決めた雪哉が復活してるのが嬉しい。

約3年前

9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1Fab094d3 8caf 475e 9fb6 fd7a2909d94cE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b39a72946 663f 46a7 9f82 d3ca1ec2e87d5d2d4b0a f2f8 471a 9d29 ea7dea326953
鹿の王 角川書店単行本

おもしろかった!上橋菜穂子さんは大好きな作家。 病気をハイファンタジーで説明してるおもしろさ、社会を描いているところ。金子みすゞの「みんなちがって、みんないい」という世界。血族だけじゃない家族の形が描かれている。

約3年前

Fab094d3 8caf 475e 9fb6 fd7a2909d94cPicture5ec71bc5 7d49 4154 b294 4f1eade8b21aCd94a238 9167 4957 882c fa65a2d1ac3c92dcd2f8 d8b7 467c b866 68547d872d123e223e12 b768 4f8d 9a12 56e6476143783c0f0b21 eadf 48ec 9c9f 86db195c5f43 8
伴走者

夏 マラソン編 事故で全盲になった世界レベルの元サッカー選手 内田と、その伴走者 自分の計画通りの走りをすることができる淡島。メダルを取ることに貪欲で手段を選ばない内田、順位より記録をと思う淡島。 パラリンピックに出るため、南国の大会で優勝をめざす。 冬 スキー編 練習嫌いだが天才的なバランス感覚のある女子高生 晴と、日本最速だったのに就職するときアルペン競技から離れた営業マンの涼介が会社の命令で伴走者に。 勝つことにしか興味がない涼介と、楽しく滑りたい晴。 競技人口が少ない視覚障害のアルペン競技で、パラリンピックに出るため、国内で行われる大会で入賞するため練習を始める二人。 全く違うタイプの伴走者を描いた話。パラリンピックに出るレベルになると、スポーツのレベルが違うことがよくわかった。それに伴い求められる伴走者への要求も高度になってくる。やりたいとか、仲間だからとかで始めたのではなく、アスリートとして向き合う二人が到達する世界が素晴らしい!

約1か月前

19177ecf 19bc 4185 86cd 540af8ce8cfc2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c
詩ってなあに

公園で「詩のはっぴょうかい」のポスターを見たダニエルが、なかよしの動物たちに「詩ってなあに?」と聞くと、いろんな答えが返ってきた。「あさつゆのきらめき、落ち葉のかさこそと鳴る音、古い石の壁に窓がたくさんついてるおうち、ぴょんと飛び込みたくなるひんやりとした水、お日さまで温められた砂、夕暮れの風の中に溶けていくメロディー、……」ぼくもいつか自分の詩がみつけられるかな。 コラージュが使われた、はっきりした色合いのあたたかい絵。 エズラ・ジャック・キーツ賞受賞。 久しぶりに新刊の絵本でいいと思える本に出会えた!!蜘蛛の巣のまるい粒々やフクロウが止まっている木などのコラージュがとても魅力的!ダニエル、かわいいなぁ。ほっこりする絵本です。

6か月前

Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防

2016年度ノベル大賞受賞作 絶世のブス 北條香澄はウェディングプランナー。上司の久世課長はエリート美形だけど、人を傷つけるようなことをぺろんと言っちゃう無神経な奴。その彼から「醜さとは即ち尊い魂。圧倒的な、生物的優位からくる余裕。ひいては包容力。つまり、ブスこそ究極の存在、最高の女性とはブスだと僕は悟った。…美しい内面と醜い外見を併せ持つ、そんな完璧な女性を探し求めていたんです。…香澄さん、あなたは完璧です!…手の施しようのないブス!何をどうやっても醜い、一本芯の通った正真正銘のブスです、理想以上です!」と言われてしまう。 ウェディングプランナーの仕事を愛して一生懸命働いている香澄ちゃんが性格がよくて、かわいい!ただのおもしろい設定だけの話ではなく、きちんとした話でした。続きが読みたい!

1年前

ラメルノエリキサ

おもしろかった!! 「やられたら、絶対やり返す。小峰りな16歳。」の帯通りの話で、宮部みゆきさんと一緒にりなちゃんのファンになっちゃう!! 自分がすっきりするためだけに復讐する。そんなりなが通りで何者かに腰を刺され入院する。犯人が残した「ラメルノエリキサのためなんです、すみません」という言葉を探り復讐しようとするりな。 りなという女の子が自分のありようを人に頼ることなく、自分で決めていく潔さが気持ちいい話だった。

2年前

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97781525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad494fa151b e37b 473f 800c 1cf8abbc9713Cd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b25857c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbB3c57eee dcb4 44bd a5b7 f281d6e58148 8
影の王

16世紀のロンドンにタイムスリップして、シェイクスピアと「真夏の夜の夢」を演ずることになったアメリカ人の少年ナットの話。 演劇の様子、16世紀のイギリスの風物も興味深いが、父の自殺で傷ついているナットがシェイクスピアにより癒されるところが、よい!お薦めです! 思わず、大学時代の英語のテキスト「ソネット」を引っ張り出しました。「あらし」も読み直そう!

2年前

きえた犬のえ―ぼくはめいたんてい

おもしろかった! 絵本から物語への橋渡しに最適。 絵も魅力的で、キャラクターもはっきりしていている。 9歳の主人公なのに具体的に親が出てこないのがいい。置き手紙の宛名だけ。 ちゃんといろいろ推理して、可能性を消していくところが名探偵! ネコ好きなロザモンド、奈良美智が描いたみたい!

2年前

プログラミングバカ一代

おもしろかった!!人類補完計画(=人類総プログラマー化計画)を真剣に考えてる天才プログラマー清水亮の世界!

2年前

9bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e85b3e0e8c fc60 40d2 a2b6 dedf03df98b4
ファンタジウム(9)

マジシャン長見良くんの話。人助けのため裏カジノへ行き、それをバラされて芸能界から追放される最終巻。ディスレクシア(発達性読み書き障害)やいじめが多面的に描かれていて、前向きになれるマンガです。 常識に風穴を開け驚き、喜びもたらしてくれた良くんに感謝。

約3年前

きのう何食べた?(10)

新刊を楽しみに待っている作品の一つ。よしながさんは、どの作品も食べ物がおいしそうなのですが、この作品に出てくるレシピは、地に足がついていて、参考になります。

約3年前

581aa174 8276 4f0a a2ae 001b98052e85Bd56352d d484 4313 b668 66f728996fb513db1965 8de1 4b92 bf13 8447f946a3f58405fc4a 89d7 4a7d b4ba 857ea7ee07a989e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e61c9d7e2 a637 400c ae47 375b213aec3a6353b96c d22d 4587 8752 003b064d54c0 19
きつねのホイティ

親切な奥さんたちを騙してご馳走をもらったきつねのホイティが仕返しされる話。スリランカのウェッタシンハさんは独特な色遣いが楽しい。訳もリズムがよくて、大好きな絵本です。「かさどろぼう」もおすすめ。

約3年前