19417329 4e84 446d b72e 809e2c04caae

キトキ

おもしろければ、ジャンル問わず、わりとな…

おもしろければ、ジャンル問わず、わりとなんでも読みます。

42

コメントした本

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4

それぞれの事情を抱えた少年たちが、ともに過ごすうちにうちとけて、だんだんと仲間と呼べる関係になっていく過程が、おもしろくないわけがない! さらにそれだけではなく、最後に次巻を期待させる展開があって、わくわくさせられました。 『エリート武官養成学校でくりひろげられる、少年たちの胸熱な青春!』という帯がついていて、なにそれくそダサいと思ったけど、読み終わってから「なるほど、これもある種のしかけなのか」と納得。

約1年前

33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483a8e5718b0 ff78 491a 9941 7d8ef6e9a5e41b3970bf 22d0 4957 b46a 555b07949de5 22
僕と先生

怖がりな大学生「僕」こと二葉と、アイドルばりのルックスをもつ中学生探偵「隼人くん」が、日常の謎を解決していく『先生と僕』の続編。 今回は、社会の不条理や多面性みたいなものを知って、二葉が戸惑うようすが多く描かれていたように思います。 二葉がもっている若者独特の潔癖さと、でも世の中それだけじゃないっていう気づきは、自分にも身に覚えがあるので、なつかしいなーって思いながら読みました。二葉と同じ大学生くらいの子たちにオススメしたいかも。 隼人くんが大人たちから情報を引き出したり、思い通りに動かすために、かわいくふるまっている時は、ついコナンくんの声で読んでしまいます笑 そして、本に挟んである「15周年おめでとう」小冊子に並んだ、各出版社の担当編集者からのメッセージ!刊行予定も出版社関係なく並んでいて、みんなで坂木作品を推していこうってきもちが感じられて、坂木先生というのは編集さんに愛されている作家さんなんだなあ、と思いました。

1年前

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eIcon user placeholderIcon user placeholder03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f2234911a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fIcon user placeholderE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e 12
先生と僕

ミステリマニアでアイドル的ルックスの中学生と、ひょんなことから彼の家庭教師をすることになった怖がりな大学生が、日常でおこる事件を解決していく連作短篇集です。 タイトルである『先生と僕』の『僕』が大学生の双葉で、中学生の隼人くんが『先生』であり探偵役でもあります。 アイドル並のルックスをもつ少年探偵ということで、つい『ペルソナ4』の白鐘直斗くんをイメージしてしまいます。 各章の最後に、その章で起こった事件に近い題材のミステリ小説を隼人くんが双葉に渡す、というのがお決まりになっていて、ミステリ小説のガイドブックみたいな側面もあります。 気になったものは、standで検索してリストに入れちゃいました。 さくっと読めますよ。

1年前

A163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f8Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e67e5c65e ab6a 44ca ba02 89653d9b008b11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29885d1143 baf5 44af 8efc c38f0d3be472 15
重版出来! 9

プロって本当にかっこいい。 高畑先生の「世界中の読者が待ってるぜ!」にシビれました。

1年前

Icon user placeholder10acfce6 8955 4ef2 be7a 24e4bb9c1633E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc74714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b270c679a8 051c 463d be3a 04f64f2a4544
たったひとつの冴えたやりかた

図書館にやってきた異星人カップルのために、異星人の司書がヒューマンを理解するために貸し出した、3編の物語。中篇の間にはさまれた彼らの会話によって、ヒューマンならではの行動=人間らしさがより鮮明になっている気がします。 明るくて前向きで賢い女の子が生き生きと、とても好ましく描かれてます。表題作の「たったひとつの〜」のコーティーもしかり、「衝突」のジラもしかり。 「たったひとつの〜」というタイトルは、読んだあとにもう一度目にすると、その意味が強まって、ぐっときてしまいます。

1年前

1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aCe5d21cd cf6d 4b88 a74c 3aa3aa94721f6d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e742c144179 394e 42df a05f 5d380807297c37f5a4aa 8145 467f 8df5 20f31087c0fbA3ffa40e a7af 4cb8 962c a49b6f1c84ddDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 22
TVアニメおそ松さんアニメコミックス 1 おさわがせ6つ子!篇

いろんな書き下ろしグッズがでてるけど、結局のところ、アニメ本編の松たちが最高にかわいいと思い出させてくれる一冊。 6ヶ月連続で発行されるのが嬉しい。 アニメだと一瞬しかうつらないシーンが切り取られているので、このシーンでこんな表情してたんだ!という新たな発見もあります。

1年前

霊応ゲーム

イギリスの名門パブリックスクールで過去に起こった複数の生徒たちの死亡事件。その真相を探ろうとする記者が、事件にかかわる男性の元を訪れるところから物語ははじまります。 背表紙の説明や、物語のはじまり方からミステリーだと思って読みはじめると、辻褄のあわなさが気になってしかたなくなっちゃいますのでご注意!ミステリーではありませんから。 厳格だった時代のパブリックスクールという舞台設定や、少年たちの繊細な心理の描き方、同級生たちの近すぎる関係。 萩尾望都先生の描く少年たちを思い浮かべながら、読んでしまうことうけあいです。エドガーとかアランとか。少年たちが過ごすイギリス各地の風景描写がなにげに美しい。 先生に目の敵にされている少年、ジョナサンを優秀だけど孤独なリチャードが救い、ジョナサンを痛めつける同級生から彼を守るようすは、まさしく萌え展開でトキめいてしまいますが、その後、その関係性は変容していきます。 読み終わったあとで、これは二次創作系ありそうだなと思ってpixivで検索してみたら、思ったとおりで、二度、楽しめました。

約2年前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d85c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd82aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7727bbc23 80af 4bab 814b 0ad65098465f8e6928b8 5624 4d7d adc2 e2b4486db5ecCc131137 6c75 4a32 93ba 0d561397db9b 10
ハローサマー、グッドバイ

思春期の少年が少女と出会い、過ごしていくなかで成長していく様子を丁寧に描いている青春恋愛小説でありながら、「寒さ」が恐怖や悪の対象となっている惑星、粘流とよばれる海流がやってくる街、奇妙な哺乳類、2国間の戦争といったSF要素が、後半になるにつれ、がっつり絡んできます。 会話文のなかに「寒い」「凍る」「冷たい」がわるいことをあらわすコトバとして、ふんだんに盛り込まれているのもおもしろい。 造語が多いのでちょっと違和感もありますが「寒さ」がこの惑星に住む彼らにとって、どれほど大きな恐怖かがわかる仕掛けになっています。 主人公のドローヴが自分たちの変化について、かなり自覚的なので、彼ら彼女らの成長がわかりやすく描かれているのが新鮮でした。 色々な出来事がもたらす影響の原因と結果が明確で、もやっとしてない。読者に委ねてもいない。けれど、思春期特有の雰囲気も損ねていない。少年少女らの瑞々しい感覚に、はっとさせられます。 表紙通りの爽やかな読了感でした。

約2年前

1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aIcon user placeholder101ce732 b6c9 4d50 a0cf 6061026ffb106c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c94daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88Bbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047e 18
あまいゆびさき

読みながら、あれ?これって「花宵道中」とか「官能と少女」の宮木あや子さんだよね?と訝しく思っていて、読み終わって、もしかしたら随分初期の作品をいまさら文庫化されちゃった系?と思って奥付みたら2013年に単行本として刊行と記載されていて、意外と最近だったと驚いてたら、最初に刊行した出版社が一迅社だったので、なるほど、そうか!ってすごい納得しました。百合系の雑誌がたしかあったよね、一迅社。 この本ではじめてAセクシャルというものを知りました。奥井くんの物語をまた別で読みたいかも。

約2年前

91cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e
贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き

わたしは文学少女ではありませんでした、と宮部さん自身が作品紹介でおっしゃってますが、その手の気取りがまったくない、全部しっかりと面白いアンソロジーです。 デイヴィッド・マレルの「オレンジは苦悩、ブルーは狂気」とフィリップ・K・ディックの「変種第二号」が特に好き。 ゲーム好きの宮部さんらしく、「ブレスオブファイアⅢ」のレイについて熱く語っているページがあるのが好ましいです。自分もゲーム好きなので、攻略本を読み込んじゃうのわかります!

約2年前

あなたのための物語

《そして苦悶を焼き付けて灰色ーー》 全編、死がみちています。 死の宣告から、死が訪れてこと切れるまでの女性科学者のすべてが描かれています。 湿った文体ではないので、感情は引きずられませんが、だからこそ延々と死について考えてしまいます。読んでいる間、ずっと死が近くにあるので、元気がないときに読むのはつらいかも。 だけど、にもかかわらず一気に読みすすめてしまうものがこの物語にはあります。 主人公の女性サマンサは、人間を言語化する研究をおこなっていて、量子コンピュータのなかに、人間と同じような感情や考えをもつ存在を生み出せる、自分の脳内ですらキーボードから編集できる、というのがおもしろかったです。 記憶ではなく、編集されたそれを自分に記述することで、それに精通した人間になるとか、特定のタイミングで自動起動するようにすることで気分を上向きにするとか、言語化していると考えると理解しやすく、なんだか実現できる技術に思えてきます。 量子コンピュータのなかにいる仮想の人間であるワナビーが、物語を書くという目的を与えられていることから、人間とはなにか、人間社会とはなにか、死とはなにか、というSFらしい問いも満載です。 くわえて、物語とはなにか、なぜ物語を読むのかという問いもあり、自分の答えと照らし合わせて色々と考える作品でもありました。

1年前

2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504eF3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d863e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60378682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab738e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823 13
文学ムック たべるのがおそい vol.2

Vol.1同様、小説と一緒に短歌が載せられており、小説にギュッと集中していたアタマが、抽象的で想像力をかきたてられる短歌を読むことでほぐれる気がする。

1年前

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c62433824 447f 4f3d a77e 0bd820e33f8b0e812377 5019 4a4b 9f61 8f482e1f71b53a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c513b86e4d b20b 462b ae6a 47244c581e77 9
オービタル・クラウド 上

上下巻読了。 一気に読みました! カバーに『火星の人の次はこれ!』というコピーが入っていて、どういう意味で「次はこれ」なんだ?って思ったのですが、なるほど、それぞれのプロや組織が、それぞれの持ち場でちからを発揮して、一丸となってプロジェクトに当たるというおもしろさは『火星の人』に共通するかもしれませんね。 ただ、宇宙まわりの組織だけではなく、CIAがからんできたり、北朝鮮の工作員とのドンパチがあったりするので、よりエンタメ性は高いかも。それがこの作品のおもしろさの一要素ではありますが、がっつりSF!って方にはちょっとちがうかもしれません。 といっても、一言もSFとはうたってないですけどね、この小説。SF大賞とか、星雲賞こそ受賞してますが、帯にも『近未来テクノスリラー』ってありますし。 あと、作者さんの遊びゴコロを発見して楽しかったのが、宇宙に滞在している民間人、ジュディ・スマークのブログ。 名前がそのままだし、文章のかんじとか、あと署名のセンスとか、これって『あしながおじさん』のジュディじゃん!語り口調とかみごとにそのままで感心してしまいました。あ、ただの思い込みだったらごめんなさい汗 とはいえ、このコのブログ、作中唯一の一人称口語体で、とってもいいアクセントになってました。

1年前

B810b0e6 da2c 4c1c bd9c e9d9b7bdeb078f8c2b63 04d7 44ac a966 470248e506e0Ace3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1c78051e7c 8d48 4503 8bd1 30a47ecec3ed3e6a4b83 9131 4cab 8a02 51de34052e11Icon user placeholder16bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35ad 12
なんらかの事情

一編一編が短いので、ランチの待ち時間とかに読むとすばらしい気分転換になります。 現実と妄想が入り混じった物語に、脳がほぐれるかんじ。 いちばん好きなのは「瓶記」 愚民どもめ。 あと「アロマでごわす」 すべての価値観を崩壊させる、ホロビの呪文。

1年前

A55992a1 cde6 4233 a5cd 3c411f1b4bdb52bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324ae1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c018d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e 15
切れない糸

再読です。 アニメ化とかドラマ化したら、そこはかとなく漂うBL臭で、二次元界隈のひとたちに人気がでるんじゃないかと、ひそかに思っている坂木司作品のひとつ。 作品全体から感じられる暖かな雰囲気や、ひとの死なないミステリーであること、主人公の成長を描いているところ、安楽椅子探偵であることなど、北村薫さんの小説との共通点が多いかも。 北村薫さんのミステリの雰囲気が好きな方なら、絶対に楽しめると思いますよ。

1年前

Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eIcon user placeholder03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f223495772d796 3338 4161 8824 95bd0c393c93Icon user placeholderD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29 19
ダンジョン飯 4巻

ここまでは魔物食が中心でしたが、今作はいよいよ炎竜と戦って妹・ファリンを取り戻すという展開の為、戦闘シーンが多くて、いつもとちがう雰囲気でした…とかいいながら、しっかり大カエルのカツレツとか食べてますけどね。 ファリンがかわいい。この妹だからあの兄になったのがよくわかります。 そして、ファリンに対するライオスの態度がお兄ちゃんお兄ちゃんしていて好きです。特に、177ページからの兄妹の会話にキュンときちゃいました。

1年前

49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724Icon user placeholder91607533 052f 4fd9 a15b 076f06e58024Icon user placeholderAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a76426946baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55Eb7cfca3 47e1 4569 86d9 ae0fef7efd50 14
Gene Mapper -full build-

拡張現実や遺伝子工学などの専門用語や、様々な造語がちりばめられていますが、意外と、さくっと読めてしまいます。 ほんのすこしだけ先の未来に、現実になりそうな世界が描かれていてワクワクします。ラストのあのシーンは、映像化したらかなりキレイそうですね。

約2年前

B810b0e6 da2c 4c1c bd9c e9d9b7bdeb07369021c4 d345 4dee a038 afe10ce62297Icon user placeholder78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed4a17af4b 57ff 4d7e 881e 048a0be2670d7f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7fCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3 12
乙嫁語り 9巻<乙嫁語り>

パリヤさん編の続編。 ただの結婚相手だったのが、だんだん好きなひとになっていく過程がたまらんです。キュンキュンしながら読みました。 どのエピソードも好きですが、パンで思いを伝えるところは、パリヤさんの不器用なりの精一杯が伝わってきて、なんか泣けましたわ。あのパリヤさんが…!って。 ウマルさんが、ありのままのパリヤさんを気に入ってくれてよかったなあ。 はやく結婚させてあげたいけど、いいなづけ状態のふたりを、もうちょっと見ていたい気もします。

約2年前

82601801 ea3f 44cc 87ab f777bbe715d0Bed93fd7 a131 4414 a05b 85369ad6e6c5A647f3dd 8b9f 4d2b 94c5 18422f36d854
イギリスはおいしい

何年かに1回、読み返したくなる、イギリスについて書かれたエッセイ。 かなり前に発行されたものなので、いまのイギリスとはちがうのでしょうが、十分、おもしろいです。 なぜイギリスの食事はまずいのか、という悪口からはじまるのですが、イギリスを愛する著者だからこその愛ある悪口で、イヤなかんじはまったくしません。 そして、なぜまずいのかは、読むと納得です。うん、そりゃ、まずくなるわー。 語り口も軽妙で、読みやすいですよ。 余談ですが、先日、イギリス仕込みのスコーン屋さんでスコーンミックスを買って、うちに帰って内容みたら、小麦粉とベーキングパウダーを混ぜただけのものだったので、騙されたと思ったんだけど、この本読み返してたら、イギリスにむかしからあるスコーンミックスは、そういうものだということがわかって、誤解がとけました笑。

約2年前

ねにもつタイプ

日常と妄想が入り混じった世界。 淡々と語られる日常のなかに、あまりにすらっと妄想が入り込んでくるので、最初はびっくりしますが、だんだんそれがやみつきになっていきます。 特に好きなのは「疑惑の髪型」でのちょんまげ誕生の考察。家来の忠誠心の限界をためしたくなる殿様、不屈の奉公魂のシンボル、宇宙人襲来…何度読んでも吹き出してしまいます。 「むしゃくしゃして」での刑事と犯人のやりとりも好き。 ひとつひとつが短いので電車や飲食店での待ち時間に読むのに適してますが、なにしろ笑ってしまうのでそこだけ要注意です。

約2年前

52bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324aeD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338D089e215 59f8 4e97 aa30 379a05d405f3 14