811fbc55 7a7c 4a1e ab1c 69693b5ae14c

aco

最近本を読んでないので、また沢山読めると…

最近本を読んでないので、また沢山読めるといいな

11

コメントした本

泣き童子 三島屋変調百物語参之続

「まぐる笛」辺りで、宮部みゆきは何処に行こうとしているのだろう?と置いていかれる様な不安に苛まれたのだか、「節気顔」の最後で、人が居た。市井の人がちゃんとそこに居た。

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholder1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25Dbbef28a ccbd 4ae1 a050 c8031c1436b34e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f57399644 4812 4a08 846b 6faa174b8f21433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d41 11
喪失

主人公のシビラは、ただ奪われたりしない。抵抗する。身体の自由を奪われない様に。心の自由を奪われない様に。読んでいる間中、シビラの過去の身体的閉塞感、心的閉塞感が付きまとう。彼女は、時には諦め、流されそれでも必死に逃げる。でも何故か切迫感は伝わってこない。ただ流れ様に生きるシビラ。読後、タイトルの『喪失』がしっくり来なかった。シビラは何も失った様には感じられなかったから。自分の意志からでは無かったり、自分が許可も求められず誰かに身体や心を閉じ込められる事から必死に逃げ、小さな自由と居場所に辿り着いた話である。

約3年前

十角館の殺人 <新装改訂版>

昔、人に勧められたのを思い出して初めて綾辻行人さんの作品を読みました。きっとあの一行の驚きの為に構築された話なのだと思いました。 私の好みは、張り巡らされた伏せんを丁寧に拾い上げて最後にパズルのピースが全部収まり全体の絵を見てスッキリするタイプの作品の方が好きなのだと思いました。この作品はどちらかと言うと最後で最重要なピースの為の作品だと思いました

約3年前

3e97ef25 84c6 4820 8570 8a4613d80618D2d1c15d b6f5 4b2a 96bc 9845f73ebfe971abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec6c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7bD4012687 5c22 4483 aed6 3f752ca2fe72E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd 151
パラレルワールド・ラブストーリー

東野圭吾の作品で一番がつんと来て、やられた〜と思った忘れられない作品

約3年前

2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf424675cd 957e 4c65 ac25 967eb33e8f0b4aa7003c e779 430a aacb e27362b654afIcon user placeholderE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bF4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dc3b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771 97
その女アレックス

アレックスとカミーユ警部其々の喪失感がシンクロしながら、物語は進んで行く。喪失感から来る孤独。 人の内なる喪失か、外にあるものの喪失かの違いはあるが、そこには救いがたき絶望も伴っている。 でも最終章で外にあるものの喪失はそれが最も大切なものの喪失で、たった一つの掛け替えのないものだったとしても、自分を取り囲む全てでは無く、他に存在する大切なものに気付く事が出来れば、救いがあるのかもしれないと希望が見えた。その事に胸が熱くなった。 ピエール・ルメトールは、人間を良く知っているのかもしれない。

約3年前

5a12ef9a fa99 4ee3 8ec3 908153e666581792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2484ee108 2bfd 435c 97d7 a5d029c7a9b27fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be084e32c1 21fe 4819 8f15 913fa7d035d66336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb62300 160
楽園のカンヴァス

読み始めてから、周りの音は遮断され、とても静かな美術館の絵の前にいつの間にか立っていた。そして84年のバーゼルの夏の7日間と19世紀初頭のパリの5年間をルソーの絵の中の情熱に突き動かされずにはいられない人たちの想いが交差する。その間も静かなままだ。空気だけが行間から押し出されてきて私を包む。私は腐りかけた甘い南国の果実に想いを馳せる。 澄み切った空に響き渡る鐘の音に我に返り、そしてまた南国の密林の果実の香りと獣の雄叫びと蜜蜂の羽音に誘われていくのだ。

3年前

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0503c3850 832a 42fe a4ff 48c40fcc2308C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acDd86b2a4 07cc 4964 8ea6 dc319910df479bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a71344fbc6684 368f 439b 8ac9 7009d40dede7Icon user placeholder 177