F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf9

ひさBON

心豊かになるための読書

心豊かになるための読書

66

コメントした本

いま、公明党が考えていること

160419読了。 公明党(創価学会)は、1955(昭30)年4月の統一地方選挙で初進出。 公明党の立党精神➡︎大衆とともに(国民という言葉は使用しない) 自民党の立党精神➡︎国民大衆とともに 人間主義の価値観を有する公明党の面々は、「能力」よりも「適正」を重視する傾向にある

約1か月前

スタア・バーへようこそ

160228読了。 著者はカクテルの世界チャンプ。極めている超一流の人は、まわりへの気配りが素晴らしい。持って生まれた素質もあるかもしれないが、何もしなければその素質は開花しない。素質の有無に関わらず、できている人は、そうなれるよう努力している。 自分もそうでありたい。

約1か月前

落ちこぼれタケダを変える

160201読了。 人間は成長の過程で勉強し続けなければならない生き物「幾つになっても成長し続けられる生き物)。 組織を率いるリーダーは、ある水準以上の絶対的な知識量しかも人間を見つめるための文学・哲学の要素が不可欠。 行不由径(いくにこみちによらず:論語)安易な近道を選ばす、王道を歩むこと。

約2か月前

「シェール革命」の夢と現実

151215読了。 米国のシェール(頁岩)ガスの産出により、世界のエネルギー市場が大きく変わろうとしている。 米産シェールガス価格は、現在日本が輸入している価格の約1/8程度。成熟社会を迎えている日本の今後のエネルギー確保戦略が日本の将来を左右すると言っても過言ではない状況にある。

3か月前

地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか

151203読了。 「地方創生」において、国や大都市圏が地方(自治体)を守ってくれるなんてあり得ない。自治体にとって必要なことは、自らの頭で考え、行動すること。 まずは、「理論的」に現状と課題をしっかり認識した上で、『地域・ふるさと』を経済大国に代わるもうひとつの「ネーション」の核としてしっかり据えて守っていくことが大切。

3か月前

「3人で5人分」の成果を上げる仕事術

150804読了。 人口減少時代の今、夫婦共働き家庭が専業主婦家庭の割合を上回った。それでも労働力不足の故、如何に短時間で効率を高めるかがポイント。 「長時間頑張る姿」を評価する時代ではなく、短時間で如何に効率よく成果が出せるかが問われている。 そのためには、優秀な職員の個人能力に期待するより、組織力で勝負出来る事が求められる。 組織内の業務内容や進捗状況を共有・可視化することによって全員野球が可能となる。ヒーローやヒロインは不要な時代。

4か月前

稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則

150627読了。 経済の視点からいうと、行政の「補助金」は麻薬のようなもの。中毒になると自立できない。これからは、行政からお金をもらうのではなく、儲けた上で如何に行政に対してお金が払えるか(税金を納められるか)という視点が重要。 縮小社会において「量」を求めるのは無理がある故、重要なのは、「売上」ではなく『利益(率)』。 問題なのは、人口減少そのものではなく、減少することがわかっていながら、それに対応しようとしないこと!

4か月前

85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4bF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113C42c5512 d7b1 4647 be4b a17f175c0a68571941e4 2a7c 42b8 980d 652171f1833fD83b6695 3143 4a9f 9dff 36f8cf4e6fd62a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed75dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1 12
「就活」と日本社会―平等幻想を超えて

150216読了。 大卒生の日本型採用と欧米型採用の異なる点。 ●日本型:卒業生を一括採用して社内で人材育成を行い、主要ポストに配置する。 ●欧米型:企業が欲しいポストの人材を応募し、その能力のある者が採用される。 故に、欧米型では転職をもってキャリアの上昇を図ることが可能となる。

4か月前

ブラック・ジャックは遠かった: 阪大医学生ふらふら青春記

160409読了。 手塚治虫の母校でもありまた山崎豊子著の「白い巨塔」の舞台としても知られている阪大医学部を卒業した著者である久坂部羊氏。著者の学生生活が面白おかしく描かれている(ノンフィクション)。

約1か月前

県庁そろそろクビですか?: 「はみ出し公務員」の挑戦

160213読了。 公務員の魅力➡︎社会の為に挑戦できること。仕事を成し遂げることで、後々の人達の為になり、世の中で救われる人や笑顔になる人が増える➡︎公のためになることを困難に立ち向かって突破して実現させることができるのが公務員。 お役所仕事と言われる所以➡︎「何故」を考えないで取り組んでしまうこと➡︎根拠は何なのかを明らかにしなければ変革を起こし人を納得させることは出来ない。 公務員が忘れてはならないこと➡︎多くの人々から預かった税金を使わせて貰って動いていること。 最終的に成し遂げることが大切。

約1か月前

その「記者会見」間違ってます!―「危機管理広報」の実際

160127読了。 1.不祥事会見時の三要素 ①誠意を込めた謝罪 ②迅速な原因究明 ③再発防止の約束(対応) 2.市民が最も期待することは、「原因究明とその開示」。ある調査では96.8%を占めたとの由。他方、トップの辞任は4.9%に過ぎないとのこと。 失敗は誰にでもあることだからこそ、その後の対応が世間の評価を左右する。

約2か月前

地方消滅 創生戦略篇

151116読了。 今は「量」より「質」が問われる社会。成熟社会において今後、前進していくためには、「不利益(痛み)の再分配」が必要。不利益を皆で受け止める覚悟が持てるか⁉︎がポイント。 ⬆︎地域内に軋轢を生まない「楽」な戦略では通用しない‼️ 従来どおりのやり方だと、これまでと同様の結果になる故、これまでには無い「エッジの立った戦略」が必要。

3か月前

Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f2675dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1
これだけは知っておきたい マイナンバーの実務

150815読了。 現在は3分野(社会保障、税、災害対策)のみでの利用。今後、その対象が徐々に拡大される。 国民から安心で便利だと思われるシステムを構築できれば、導入の意義が見出せるのだが。

4か月前

地方消滅の罠: 「増田レポート」と人口減少社会の正体

150720読了。 高度成長期の日本が「量」を求めたのとは思考を変え、人口減少(成熟)時代においては「質」を高めることに主眼を置くことが大切。 知恵出しや創意工夫によって苦難を乗り越えることは可能。 キーワードは4つ➡︎①循環、②持続、③協働、④自立。

4か月前

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf75dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1
新版 あたらしい戦略の教科書

150531読了。 「戦略」とは、現在地と目的地を結ぶ「ルート」。 「戦略」とは、組織内のコミュニケーションを活性化させるための「道具」。 「戦略」とは、①リーダーが設定、②3年程度で達成可能、③背伸びすれば届く、④(過程を)測定できる、⑤利他性のスパイス。 「戦略」を設定し推進するメンバー:「能力」も大事だが、それ以上に大切なことは「意識」。

4か月前

大放言

160125読了。 人が評価されるということ➡︎その人が普段何をどう言い、どう行動しているかということ。 自分自身が自分のことを最もわかっていない場合が多々ある。他人の目は大凡ただしい。

5か月前

Icon user placeholderF58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9F6fbb620 882f 4d6b 9665 bc962b11d41a6f010d11 5165 461f aef4 862b15e17f707116c435 90fa 4d0d bd69 a2a488cb04e95cbcd84a 868c 44f7 8a6e b15698abb7187d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf 8