4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイルド

サッカーとミステリとハードボイルド

106

コメントした本

愚か者死すべし

今作からが第2シリーズ、前作から9年ぶりでしたが、あとがきには次回作は早く出しますと宣言。現実には14年かかる訳ですが。 複数の事件が重なり、沢崎がミスリーディングされていきますが、途中から軌道修正して真相にたどり着くのはさすが。 今作で沢崎以外の皆勤賞は、相良とオペレーター嬢だけになってしまいましたね。

4日前

E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bIcon user placeholderIcon user placeholder4937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d97a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c
聖母の共犯者 警視庁53教場

今作も警察学校を舞台に、まさかと思うような事件が発生、主人公は警察学校の教官でありながら事件の解決に乗り出します。 人間関係の展開の速さは相当なもので、このままだと次回作はかなり進展しそうです。 ただ、警察学校の校長がの階級が警部なのはいかがなものかと。

約1か月前

魔眼の匣の殺人

作者の第2作。 前作に比べれば、かなり穏やかな設定になりました。が、作品の核はやはり振り切れた設定だと感じました。 雨漏りするほど老朽化した施設なのに、防音室は完全に機能しているというのは、あり得るのでしょうか?

4か月前

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1200b526f 0c51 4923 9a31 572a92a04662Icon user placeholder0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162eIcon user placeholderA84a3e34 edb5 4a44 b161 0741247b340960729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835 27
サッカーレフェリーズ

先日のJリーグの誤審事件を見て、より精確なレフェリングができるように購入。 少年サッカーの審判をやってますが、強豪チームの試合の笛を吹くのは難しいです。監督さんや親御さんのプレッシャーが厳しいので。

5か月前

新GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来

「日本人ゴールキーパーの日本化」をテーマに、現役選手、指導者のインタビューをまとめた作品。 人それぞれ、様々なアプローチでゴールキーパーの理想像を突き詰めようとしている事が伝わってきます。 日本ではまだまだゴールキーパーの人気は低く、うちのテームでもやりたい子は少ない状況ですが、親御さんたちにも理解を深めてもらい、微力ながら日本サッカー界に貢献していきたいなどと考えてしまいます。

5か月前

漂砂の塔

北方領土の島を舞台に、日本、ロシア、中国の思惑がせめぎ合う。現在の利権と過去の事件が組み合わさった結末は、やはり大沢節で格好良くまとめます。 佐久間公や鮫島など、痺れるセリフを言わせるのが上手い大沢氏ですが、今回はヤンの最後のセリフが格好良すぎました。

5か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e0891383b 0c85 4f1f a06d db9b51d42e31
魔女の封印

ダークヒロイン水原が主人公の3作目。魅力的なキャラクターを描く大沢氏ですが、私はこの主人公はあまり好みではありません(周囲のキャラクターはとても好きですが)。 今作もスリリングな展開で一気に読み切らせる力がありましたが、最後は水原がグダグダにしてしまった感じ。 鮫島と共演する作品が読みたいですね。

6か月前

39066682 b36d 4b57 b86d dfb07ffc2ec10539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee
思い出が消えないうちに

シリーズ3作目、時は2030年、舞台は函館。「フニクリフニクラ」と同じ設定がある喫茶店「ドナドナ」でのお話。こちらが本店なんでしょうか。 第1作に比べ、やはり死者に会うというパターンが多くなってしまいました。それが全て不幸とは言い切れませんが、凡人な私は少しだけでもハッピーエンドが欲しい気がします。

8か月前

891353d3 7c79 4051 a47e 45e5fdf52e96Icon user placeholder1c24f0fb 51fd 4424 a822 0a36a8e15a3460729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835Icon user placeholder427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bIcon user placeholder 37
私が殺した少女

沢崎シリーズの2冊目。なんでもない描写がいちいち格好つけていて、しかも格好いいです。 ハードボイルドなのに、最後には名探偵のような推理力で事件解決までしてしまう辺りは、多少好みが分かれるかもしれません。

8か月前

F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bIcon user placeholderIcon user placeholder4937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb 12
そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

自分がまだハードボイルドを読み始める前に刊行された作品。作者の新作が今回「このミス」を受賞されたので、シリーズを最初から読んでみました。30年ほど前のお話なので、携帯がなかったり、電車が国鉄だったり、随分と世の中は変わったと感じさせられました。 各章の最後に気の利いた言い回しがあって、とても楽しめた作品でした。ぜひ続きも読もうと思います。

9か月前

E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholderIcon user placeholder4937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb97a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c
さらば長き眠り

一年以上の間東京を離れていた沢崎が、帰ってきた途端に難しい事件に巻き込まれます。11年前に自殺した義姉に疑問を持つ若者、魚住が沢崎に調査を依頼した途端、その秘密に関わった者たちが動き始める。そして最後に、もう一つの物語に終止符が打たれます。 今回も沢崎の推理が冴え渡り、痛めつけられてしまってもカッコいい魅力は健在です。個人的にはこのシリーズで初めてタイトルがピッタリはまったと思いました。

10日前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder4937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb
インド倶楽部の謎

作家アリスシリーズはよく刊行されていますが、国名シリーズは久しぶりです。 まあ今作はなんというか、こんなのもアリといえばアリなのかなあ、という作品でした。

約2か月前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e639461a2 6c89 4d7a 89a5 f44447e44c3449a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adceB605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966cIcon user placeholder 8
15歳 サッカーで生きると誓った日

湘南ベルマーレ所属、元日本代表の梅崎司選手の自伝本です。なかなか難しい家庭環境で少年時代を過ごしてきた事が語られています。 サッカー選手というより、一人の青年の成長記として読めましたし、また昨今の虐待問題に対しても考える機会になりました。 先日の浦和対湘南の試合の誤審の際、梅崎選手が西川選手に問題解決のため声をかけたという記事を見ましたが、この二人は大分のユース、それ以前の県選抜からの仲だったんですね。

5か月前

屋上

御手洗潔シリーズ。時代はバブル期。まだ馬車道にいるという設定です。 今作は重々しいトリックよりは、軽い会話がメインな作品です。まだまだ続いて欲しいですね。

5か月前

天使たちの探偵

最近ハマった原尞氏の短編集。短いストーリーの中にも何度もどんでん返しがあります。

5か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eIcon user placeholder4937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb
沈黙のパレード

前作から数年が経過して、登場人物たちも立場が上がったりしていますが、基本的な立ち位置は変わらず。 今作は予想外の方向に話が展開し、湯川教授が解き明かすべき謎が何かという事すら分からなくなりそうな状態。しかし最後はキッチリと話がまとまります(少し不可解なところもありましたが)。 このシリーズ、まだまだ続けていただきたいですね。

6か月前

49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf922461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1B719567a 1d84 4d28 83f4 81c1e9725bb6E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b376aa18418 7ab4 4fb2 abf0 efe04d77b3fc64a6cc33 af57 4dea bcaf a3a10a26e570 59
十二人の死にたい子どもたち

面白く読ませてもらいました。が、なんだかチグハグした感じの作品でした。 キャラの設定に重みが足りない感じがしたり、作品の中心である安楽死をする事と謎解きが上手くリンクしていない気がしたり。 最後のまとめ方は、良い話に仕立てた感じですが、それまでの流れは一体何だったのか、と感じてしまいました。 一人多い話は好きですけど。

7か月前

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Icon user placeholderBb20e4a0 8faf 443d 8485 eef2799a37419056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec10Icon user placeholderA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65661339161 d968 4a33 a7e6 371674e79530 60
盤上の向日葵

良くまとまった社会派ミステリ。 ただ、途中で読者に情報を与えすぎ、ラストが読めてしまったのが難点。駒を他の物に置き換えれば別の題材でも書けるような話のような感じもあり、全体的に将棋の描き方が薄い気がしました。

8か月前

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849bEad79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8Icon user placeholderIcon user placeholderE8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd194d992493 bad7 4881 9601 875848105df6 45
屍人荘の殺人

2017年のミステリ三冠受賞作品。書評などには目を通さずに読んでみました。 序盤は学生ミス研ものの話が展開され、「学生アリス」や「開かずの扉研究会」シリーズを思い出します。この手の作品は、登場人物リストと見取図に栞を挟みますが、名前を覚えやすくする工夫がされていて、とても親切です。まさかその直後にあんな展開になるとは… デビュー作という事もあり、不可解な表現も多少ありますが、とても楽しめた作品でした。 来月の次作も期待したいです。

9か月前

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b15f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793f200b526f 0c51 4923 9a31 572a92a04662Icon user placeholder8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0 144
風が強く吹いている

この時期になると読み返したくなります。

10か月前

90503561 25e4 408c a440 b18d2f33769d111025f1 6f12 4cdc 950c 64d9c2e917c342a79741 e586 420f a17a db0551af35f5Icon user placeholder9efac69e ecf4 450f 8f7f d6b68c747f7a663c1007 874d 4678 baad b5e52454f8412d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a1 27