4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイルド

サッカーとミステリとハードボイルド

82

コメントした本

屍人荘の殺人

2017年のミステリ三冠受賞作品。書評などには目を通さずに読んでみました。 序盤は学生ミス研ものの話が展開され、「学生アリス」や「開かずの扉研究会」シリーズを思い出します。この手の作品は、登場人物リストと見取図に栞を挟みますが、名前を覚えやすくする工夫がされていて、とても親切です。まさかその直後にあんな展開になるとは… デビュー作という事もあり、不可解な表現も多少ありますが、とても楽しめた作品でした。 来月の次作も期待したいです。

23日前

8d955363 5292 45e6 a47d af2e16c4453543cd2301 73ee 4a45 9956 1991e442db25C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acB17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6E8f6f990 2154 4f99 807c 6f9938ae82110824f0e4 292d 4455 b3c9 2138f43572c19bed34b2 4075 4bde 956d 4dab1cc8249e 113
風が強く吹いている

この時期になると読み返したくなります。

約2か月前

0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4Icon user placeholderEdd4dd46 50d5 4ca7 a0bd 485a7e7e2e57A3c7218f 1cc3 40a9 9893 34f9f8bf146650702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769cF87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730 11
不在

自分の人生が普通ではないと感じるか?何を基準にそれを判断すれば良いのでしょうか。家族構成、家柄、収入など、判断基準は色々とあるかもしれませんが、人生など自分のもの一回きり、なかなか比較できるものではないでしょう。 というところで、このタイトルは一般性の「不在」なのではないかと考えましたが、その一般性すら人それぞれではないかとも感じます。結局のところ、人が他者を理解できるのは自分の常識の範囲内に過ぎず、その範囲をいかに広げられるかが重要なのではないかと。

3か月前

52bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324aeD08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b01525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc5147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59d58dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6b 20
ドイツに学ぶ最強GKの育て方

先に刊行された「ドイツ式GK技術革新」を、写真で解説して分かりやすくしたものです。子供に説明するには、こちらの方が使いやすいです。

3か月前

友罪

読み手によって、感じることは様々あるでしょう。 少年事件の犯人が成人してまた事件を起こしたり、手記を出版している現状を見る限り、重大な犯罪を犯した犯罪者の更生は本当に可能なのか、ということを私は考えました。 実際に少年犯罪者の更生などに関わっている職業についている方の作品があったら読んで見たいですね。

4か月前

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3d2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c184d6fab a8ad 437a 8455 42469be15b05Cb6e3744 0c7c 4750 9703 1928255b25ea4d992493 bad7 4881 9601 875848105df650e70c11 298b 4473 9b19 76e576d95dd9 49
流

「ブラックライダー」で東山氏のファンになり、直木賞受賞の本作へ。少し不思議でハードボイルドな作品でした。 戦争で降りかかった不幸を、時代のせいと割り切るか、復讐を忘れずに生きていくのか。割り切っていても、家族を殺めた張本人を目の前にした時にどうするのか。 殺した方も、あの頃はやらなければやられていたと嘯いて生きていくのか、後悔に苛まれて生きていくのか。 70年ほど前には、日本でもあった話ではないでしょうか。

5か月前

9caf742c 2836 4270 9538 d4a9b6538b16677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd61508d1b0 6580 4c0e a593 86bb4b82f44e8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa8557327975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c414ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9eEba711c7 0bf3 471f 88fc 8473883b197f 14
爆身

キリが主人公の2作目。今回はボディガードではなく、探偵のような依頼を受けているため、狩人シリーズのような作品になっています。 ボディガードとして、呪いによる攻撃を防ぐことができるのか、という疑問からどんどん深みにはまり、最後は直接対決で爽快に解決。 大沢氏の新作を読むと旧作を読み返したくなるのは、この爽快感を何度も味わいたいからなのでしょうか。

6か月前

0891383b 0c85 4f1f a06d db9b51d42e31Akiaivjyeuyp25rambwaF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee
偽弾の墓 警視庁53教場

前作を読んだ上で、教官と学生の成長物語として見ると非常に面白く読めました。 警察小説として見ると、事件の部分が少々雑な気がします。ネタバレになってしまいますが、ある場面を見てしまったことで被疑者は被害者に対して犯行を決意していますが、ちょっと有り得ない感じがします。 フィクションなので実在の団体おは一切関係が無いとしても、もう少しリアルに近づけた方がいいのではないのかなあと思いました。

6か月前

この嘘がばれないうちに

映画化おめでとうございます。 今作はタイトル通り、過去や未来に行く人達(またはそこで出会う人達)は、何らかの嘘をついています。相手を思いやるが故の、とても優しい嘘です。 登場人物全てが幸せになれますようにと願わずにいられない物語です。

7か月前

073520ad 76d6 42c6 a61a 577d771599c8Cc2de357 64db 4680 b11c df57566814b6Ec9d22c5 1b01 439f 8a02 da3ef2ff21abIcon user placeholder62c515cd 20e7 42ea bbf2 7caa5fc1375456758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cIcon user placeholder 103
ジュニアサッカーを応援しよう 2017年 10月号

大迫勇也、中村航輔両選手の「僕らがサッカーボーイズだった頃」が掲載されています。 高校時代が注目されている大迫選手ですが、小学生から高校までの監督の話が載っています。 W杯第3戦では、中村選手にも是非出場して欲しいですね。

8か月前

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

自分がまだハードボイルドを読み始める前に刊行された作品。作者の新作が今回「このミス」を受賞されたので、シリーズを最初から読んでみました。30年ほど前のお話なので、携帯がなかったり、電車が国鉄だったり、随分と世の中は変わったと感じさせられました。 各章の最後に気の利いた言い回しがあって、とても楽しめた作品でした。ぜひ続きも読もうと思います。

30日前

E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholderIcon user placeholder4937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb97a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c
クイーン

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て、久しぶりに本棚から引っ張り出して再読。 もうすぐ自分もフレディが亡くなったのと同じ歳になるのかと思うと、未来に何かを遺す仕事をしなくては、と焦りを感じます。

2か月前

青くて痛くて脆い

住野よる氏の5作目。大まかにまとめてしまうと 無力なまま理想を追い求めるより、現実に妥協してある程度の成果を得る。これを否定できるか? 与えられたものを取り上げられたからといって、傷ついたと思うのは間違っている。 傷つけられたから、傷つけ返すのも間違いだ。 というところでしょうか。今作は私にはあまり響くところがありませんでした。 序盤にあった、唯一無二のリーダーを永遠に失ったという表現は、終盤になると「?」のような気がします。

3か月前

44bc7095 9af8 4b76 a708 753a8b639ba712a43379 fcd8 4f0b 8c40 2013b181e6b2A460a843 26e3 48fe a532 1c688b32cdfb2d0f29f7 07d5 48b9 925f 3aff9c9cd2227488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb3c4caf3d 2806 4e18 b128 2c7b6cf7754d8d709e91 5102 4551 ad9c b7adf97b08d2 174
旅猫リポート

装丁やタイトルの可愛らしさに騙されてはいけない凶悪な作品で、久しぶりに声が出るくらい泣いてしまいました。 昔飼っていた猫はどんな事を考えていたんだろうとか、いずれまた猫を家族にしたいなと思わせてくれた作品です。

3か月前

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee0891a858c5 c13e 4bbe a83c 7bef9de017138fee7bb5 af1b 46b8 aa31 ba5f73bd49e7E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b73613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae68429Icon user placeholderIcon user placeholder 96
ドイツ式GK技術革新 GK大国に学ぶ「技術」と「理論」

元々ゴールキーパーをやっていて、今は小学校のチームでコーチをしています。キーパーコーチもすることがあるので購入しましたが、自分がプレーしていた頃とは考え方がかなり変わっていました。 読者は多くないであろう作品ですが、とても勉強になります。

5か月前

人間じゃない 綾辻行人未収録作品集

ミステリとホラーの短編、中編が混在した作品。犯人当ても一作品入っています。 漫画原作から小説に起こしたホラー作品が収録されていますが、なかなか珍しいことではないでしょうか。

5か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a71530ba6ec0 6b55 4510 9523 e176a72c71a823b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593
羊と鋼の森

タイトルも内容も、表現が絶妙です。ピアノをまともに触ったことのない人でも、調律とはこういうものなのだと理解できると思います。 ひとりの青年の成長を見ると同時に、本というものは自身に全く縁が無いようなものを疑似体験させてくれるものだという事を、改めて実感させてくれた作品でした。 ピアノの天板を開くなんてこと、今まで一度もしたことはありませんし、これからもないでしょうけれど。

6か月前

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee08C17115a3 000b 4bb4 b640 4e90004965a69bed34b2 4075 4bde 956d 4dab1cc8249e6336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb6230005e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71Icon user placeholderAab6e69f 086a 4cc8 872f cf860c396870 325
マスカレード・ナイト

マスカレードシリーズ3作目、これもラストでしょうか。 今回は多くの登場人物がそれぞれの思惑で動き、複雑に絡み合うため、最後に頭の整理が必要でした。序盤から出てきた「密告者」の使い方が本当に上手いと感心させられました。 気になることが2つ。藤木総支配人は、何故こんなタイミングであんな提案を受けてしまったのか。あの2人は記念撮影はできたのか。ラストまで読んでも解決しませんでした。

7か月前

91a858c5 c13e 4bbe a83c 7bef9de01713Icon user placeholderIcon user placeholderDf1abb6d 4f5d 4a5b 8d8e 4e27277166e95e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38D6ccf8be 3e9a 4954 a19a 32116cce0d6e6c00976d 2e25 4e04 b632 f4b0ecfd53f5 95
告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実

今ではアンコールワットなどで海外から旅行客が大勢訪れるカンボジアですが、たった25年前には国内で大量虐殺が行われ、一般人までもが小銃を持っているような国でした。 そのような状況の中、選挙を行い民主化を進めるため、武器を携行せずに活動した文民警察官には、日本からも75人が参加し、そして1人が尊い犠牲になりました。 現地ではその後、その警察官の名前が冠せられた小学校が建てられ、そこで学ぶために転居してくる人も大勢いるそうです。そこでは皆、日本から来た警察官がカンボジアのために働き、亡くなったと知っています。 形ばかりの停戦合意が行なわれただけの「戦場」で平和のため、日本のために命を懸けた警察官がいた事を、当事国として記憶しておくべきではないでしょうか。

8か月前

Icon user placeholderEa17ea14 9ba2 44ae 9d91 018ccac374e5
アオアシ 13

Jリーグのユースが題材の作品。結構感動の要素もあります。

8か月前