458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2

じゅんいち

ミステリとかエンタテインメントとか

ミステリとかエンタテインメントとか

165

コメントした本

片眼の猿―One-eyed monkeys

うーん。イマイチわからなかった。こちらの読解力の問題ってことは自覚しています。

5か月前

B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27dIcon user placeholderIcon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b9274856cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745Dff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3ca 20
たとえば、君という裏切り

これはすごい。短編3本かと思ったらそうやって収束するのね。ネタバレせずに感想書くのは不可能。ページをめくる手が止まらず。とりあえず読んで。損はさせませんぜ。

8か月前

402af06e 0f60 48a2 814f 8c06842190a6340d0e7d 6228 472f bea0 b932de23bc4e68706d07 f8d8 46a8 a3d5 34f8670fc1f27c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa147c5bf757 2454 4590 9bb7 db9b6e600b23
木洩れ日に泳ぐ魚

ひと組の男女。別れの日。引越し前夜の会話。こんな結末になるとは。

10か月前

E2656483 022f 4cf7 829b ebd58d7e3c8fIcon user placeholder3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcF3d63908 6e03 4f93 8097 1042bab40beeIcon user placeholderEd56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaE638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f02714 171
アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子III

シリーズ完結編。主人公が追い続けた謎も明らかになる。主人公が魅力的。誰かも書いていたけど女性版新宿鮫といったところ。映像化するなら米倉涼子かな(異論は認める)。最初に完結編と書いたけど、まだ続編も出てるみたい。また主人公八神瑛子の活躍が楽しめそうだ。

約1年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991946e134f 61a4 45f7 bb27 63959f634375
七つの会議

短編と思いきや東京建電という会社で起こる一つの事件に収束していく。まさかあの人が主人公だったなんて。最終章でのまとめ方は見事の一言。会社に籍を置いたことのある人なら楽しめると思う。

約1年前

7ab70a39 2f5a 4d40 8541 11948f180893121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c9Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bA676e998 6e40 47ee a045 0aff456e3253C2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e404d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7 70
女王はかえらない

前半のクラスの権力争いの描写は読むのがつらかったけど、中盤から後半へは一気読み。とにかく読んでみて、としか。

約1年前

647499f6 4834 460f 8999 6015628f3811Bf67ba68 dfa3 430d 87c1 79ba16d7559eB15ab106 bc5d 43d4 8bce 1b295fe7e3cf1c3430c9 ee42 4990 9771 bda97041f9ac66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aE41b9398 eaca 4dd6 9b3c ccc07991c8f816496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b7 24
きみはポラリス

『森を歩く』と『優雅な生活』が好きだった。無意識でも憧れてるのかな(なにに)。

1年前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65659eb5786 26d1 42c1 ad40 a23ec987723d1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a9Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919801b729b bcd2 4b37 b551 347358baccc4 245
夏美のホタル

鬼気迫る仏像彫刻師の話。 …ではなかった。ほっこりできます。出会いの素晴らしさ。

1年前

6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c9Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af578e62828 3fa7 414d aab9 85c74a7c543e956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69 14
天使の柩

卵と梯子は再読でしたが柩は初読。歩太が救われる話。歩太がなぜ茉莉に惹かれたかもう少し詳しく書いてほしかったかな。ぜひ卵、梯子とセットで読んでくださいな。

1年前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2419437c007 975d 417c abab 9115cb6284145990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b958bf1b4f 6377 48e6 a771 c23bdf404df5
天使の卵―エンジェルス・エッグ

何年ぶりかわからないけど再読。名作には違いない。これ以上なにを書いても伝わる気がしない。

1年前

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb908d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac191978599f69 ef82 4772 8633 9cd88b5104faB61cf932 1c2a 400a 9bf8 d7c3a05e21df50de0f88 0505 4a94 9f9f 627e139f93f3E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917793b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771 37
よるのふくらみ

共感できる面と共感できない面と両方持ち合わせている。みひろにも圭佑にも裕太にも。もがいたからこそ得られるものがあるのかな。

6か月前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf3E209f0f8 0522 43ad 8158 61720099e4b644e8a4e8 0245 4a26 8ce1 1885fc395341D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cC7caedef ffac 4761 9f6d 2581dac30bbc00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10 98
WILL

事故で両親を喪い葬儀屋を継いだ女性。この主人公が魅力的。仏様には素直になれるのに幼なじみには素直になれず。でもラストには。

8か月前

A8948189 ce2a 4246 b1c9 0a1e9f256fa3Abac7821 ba1f 4b12 a824 e026a5559b390cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce
後宮小説

不思議な物語というのが最初の感想。ファンタジーノベル大賞受賞作と聞いて納得。主人公の銀河はとても魅力的なキャラクターで、混沌も裏主人公なのでは?と最終的に思ったり。

11か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e16a5814fa d45f 468d 8be0 ebcf09a42343523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a99342F516467a 03a1 4a7b a58a 1ead3da55fdbDc63dd8e 427b 4abb 98ca b52941f37789 10
リバース

オチをバラさないとこの作品の良さは伝えられないのかも。そういうことだったのか、と思ってからの…。とにかく読んでみて。湊かなえなので読後感はおいといて、間違いなくおもしろい。

約1年前

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbcBc415442 633b 4b6d b071 0ccba685066435833aa7 5663 4915 bce2 7b7cc878bee1Fd11665c 22ea 4a9b ab92 b3b39944fa5cB61f18d0 9695 4e10 b783 81657596416834f0746a 6f52 4dff 8c03 f66cf8dff33e 117
仮面病棟

読みやすさと読みごたえの両方味わえる作品。中盤以降は一気読み。おススメできます。

約1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderBb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f588ed35ad e897 42e2 a797 f2b9004e85996336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb62300562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbc 100
代償

『代償』ってそういう意味だったのか。第1部は読み進めるのが辛いけど、第2部はページをめくる手が止まりませんでした。著者伊岡瞬さん追っかけます。

1年前

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e268ac19e1 4189 4c68 b55b 72cfc37405e634f0746a 6f52 4dff 8c03 f66cf8dff33eD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aIcon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a 35
震える牛

ただのエンタテイメント小説ではない。食品偽装、大型ショッピングセンターによる地方商店街の崩壊。いわゆる社会派でもあった。だからといって押し付けがましいところはなく単純に読み物として楽しめた。

1年前

B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d83fdbf9fc 35db 40dd 9b99 c2b251aad9ec003eef5e 42f5 4765 af57 c57211b353154039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70936bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06E101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd 26
天使の梯子 Angel's Ladder

卵に続いて再読。こちらも全く覚えておらず新鮮な感じ気持ちで読めました。夏姫が救われる話。ぜひ卵とセットで読んでくださいな。

1年前

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917791c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9dDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e23b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c7711c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92eaE0035cdf d0df 4ace b7a7 15c2320e0e85 13
僕の好きな人が、よく眠れますように

恋っていいですね。その分苦しいのかもしれないけど。

1年前

Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9eddda667b55b7 8a3a 45c2 adc6 ee5db6358d3737e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a44d05909f 8525 4932 9825 728a0e38713279651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c81c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92ea08a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de 103