6635a2b9 993a 4d05 b40d 990a616f3d98

Yuanhua

中国語を勉強している猫好き主婦です

中国語を勉強している猫好き主婦です。No 読書 No Life

22

コメントした本

永い言い訳

NHKのSwitchインタビュー達人達を見て、「これは読まなければ」と手にしました。メモ魔の美和さん。あのノートにとても惹かれました。 一人の視点からではなく、様々な登場人物の一人称で語られる展開がとても面白かったです。映画だけでなく、小説も素晴らしいですね!益々好きになりました。

2年前

8f8e22ae 8ee2 48ad 92e7 52fea7a79a7d2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d46217c3be2ea ae03 4b80 acbe b27bce3e7f946e61bd15 5708 45e2 8584 8b78821f1a937df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b26a084f9 993d 4b6e 90ea 2a36cc3418ae 49
鳥肌が

今回は装丁も素晴らしいです!本を手に取った瞬間から「鳥肌が」。挿絵をめくるたびに「鳥肌が」。本のブックマークを手にするたびに「鳥肌が」ー! 夏にはうってつけのエッセイ集だと思います。

約3年前

B17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587a946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbE679023c 7217 427c 9891 dfc620830ec4F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf960c0acf7 d482 48bc ad22 b96f96cb28695a759f6f d903 438e 8f96 1e202ebabc39 11
まく子

とってもとっても良かったですよー。細かく書くとネタバレになるのですが、「自分」という存在は、ひとつの生命体として宇宙と繋がってるんだということを実感できる小説でした。仏教思想をヒントにして創作されたのでは?

3年前

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e394c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea90Icon user placeholder7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84901589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a37dde3365 4643 40e3 9ed7 37d3eb2c568eC88fe124 d7b7 4918 9e5e b1b0e3b749cf 63
代表的日本人

NHKの「100分で名著」を見たことがきっかけで、本を手にしました。 自分の信念に忠実に生きること、そして誠実に生きることが大事だと心に刻ませていただきました。 内村の他の著作にも興味が湧きました。

3年前

Icon user placeholder8b901486 6e83 4d87 a1a5 3f32e53e89f907acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d6589Icon user placeholder97b0a435 a8f0 4c3e 852b 9fa4df7d0c2292657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e2bafd35c b26c 488c 99ae 951338cbbe69 12
日本文学100年の名作第7巻1974-1983 公然の秘密

実は第1巻も購入したのですが、つい自分の生まれた頃の小説が読みたくなり、先に第7巻を手にしました。どれも読み応えがあり面白かったのですが、特に阿刀田高と遠藤周作は絶品❗️

3年前

にょにょにょっ記

にょっ記、にょにょっ記、にょにょにょっ記 全部大好きです❗️ にょにょにょにょっ記、待ってます。

3年前

0d1bf5d5 a33b 4950 ae04 258a2d4bd5e134ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6015fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c253d3476 aa41 4ad0 9b2e 853bde5ccd4fF28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a03e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d22005efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 17
芸人と俳人

俳句をすぐに作りたくなりました❗️でも、簡単にはいかないですね。歳時記を手元に置くべし。

3年前

9fa90857 1dfb 4b0c 84ab 964bc96d3e12Bb0d6aee befc 4e8e a9fc 2b577472e979D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c3925dcbe bbbc 4663 a407 b1c0f7ef411375a5ac1d 6653 4c29 aed3 6b42701e4364B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca210d5601 7f6e 48d3 81ca 707e7f578035 9
きれいなシワの作り方~淑女の思春期病

歳を重ねるごとに起きる様々な変化、私もとても実感しています。時としてその変化に落ち込むばかりだったりしますが、沙耶香さんのように、まるで思春期のようなドキドキ感で受け止められたらいいですね。

3年前

Eb8feba1 45bc 4f41 bc79 c443f7d68ff4Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3Icon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499140692f14 db90 4722 b123 baec2b638402A950cf01 16e9 424f bb7d 2748b6a90b17
まにまに

小説も素晴らしいですが、エッセイもピカイチです。紹介されている音楽や本も、是非自分で体感したい❗️

3年前

7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb8490Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184B17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f65b9b11d2 4d72 4d30 a12a 484f7372fd618cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f50afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76 20
読み上手 書き上手

自分の読書姿勢はどうなのか、時々反省することがある。何故なら読んだ後、本の内容についてすぐ忘れてしまう事が多いから・・・ こういう指南書を手にすると、本に向かう自分をもう一度見直して、さらに充実した読書体験をすることができる。ありがたい❗️

約3年前

9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03
こちらあみ子

読み進むうちに心がとても苦しくなりました。どうしてこんなにも純粋なあみ子の心に、周りはすぐ気づいてあげられないのだろうか・・・ 他「ピクニック」「チズさん」も良かったです。夏子さんの主人公に向けるまなざしが素敵です。他作品も絶対読みます!

約3年前

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6adC81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a3d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1a2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febIcon user placeholderIcon user placeholder 36
文學界2016年1月号

「特集 肉筆の美学」 とても良かったです。なかなか肉筆って見られないですものね。文字に、その行間に、人柄が表れてます。おすすめです!

3年前

消滅世界

村田沙耶香さんの小説は、全く気楽に読めません。今までも何度も狂気の世界に連れ込まれてしまいました。 でも最近ようやく冷静を保ちながら読めるようになり、この「消滅世界」に関しては、実に「当たり前の日常」を根底から覆され動揺しつつも、それによる新しい発見に心が躍り、読後感はかなり複雑でした。

3年前

943c3773 af60 41df 9214 64426a391380A3b66677 ca51 430c af65 77fd1d6c1009F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c341531127f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF30702c2 c2ec 4324 aa95 b2d703c94d4e670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb8585e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38 46
きみの友だち

久しぶりに涙しながら読みました。心が震えたー!!「友だち」ってなんだろうと改めて考えるきっかけになりました。また「自分」は「自分」のままでいいんだと、この一冊はちょっと臆病な私の背中を押してくれました。

3年前

9ad259c3 7e0e 43d0 929d cccf5ace9f32A1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc692C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d94dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e99c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa6dec539d 71d4 41f5 ac1b aa6f2b69326e1fb0a015 8a7c 4d41 a916 b54b5939da35 110
時をかけるゆとり

若い❗️若さに溢れた青春エッセイですね。

3年前

25b288df 170f 4c9f 8fa5 57ef16955babCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf98cadae10 e5fe 4997 bcba 969444a8154fIcon user placeholder5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66dE524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779 103
しろいろの街の、その骨の体温の

とても衝撃的❗️村田沙耶香さんの小説は、良くも悪くも「気楽に」読めません。きちんと向き合わないと流されてしまいます。小説の「白」に象徴されるものにとても傷つき、またその美しさに震えました。

3年前

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f80480504 cf6a 4d47 a27b 215bd082ac13Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b5db91d57 ea73 4322 a64f cce7542208c6E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d870823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f 30
ぼくの短歌ノート

穂村さんを知って、短歌に興味を持ちました。穂村さんの感性にいつも心が震えます。

3年前

0f2a5473 5875 4d8b 8370 3fb294524e9075de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6C5795815 5a69 444d 8159 5f1493793c9a4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae03e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200