Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3

くま

目標は人に感動を与えられる人間になること…

目標は人に感動を与えられる人間になること。 そのために多くの感動を知りたい、触れたい、感じたい。 instagramはじめました。よかったら覗いて見てください。 KUMAGORO1291

64

コメントした本

「薬のやめ方」事典

薬を飲む前にできることはたくさん有ります。 まずはストレスを溜めず、充分な休息を!

約1か月前

本を守ろうとする猫の話

本について考え、現代においての読書についてのあり方を問う本でした。 社会人になり、時間に追われるようになり余裕がなくなってしまった今に読めてよかったです。 たくさんの読書法が言われている世の中ではありますし、否定はしませんが本が好きだということを忘れていけないと改めて感じました。

7か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f3050068d 9168 4f07 889b c0669ec7def613962ab8 eb2b 4465 800b 0ae7aae1d961Icon user placeholder 49
代体

百年法の作者による最新刊。やっと読めた。卵が先か、ニワトリが先か。意識について、思考について、肉体とはなにか。 もしかしたらいつの日か意識と肉体が切り離されたら人はどうなってしまうのか。すごく興味深かった。 話が終わりで全てが1つになった瞬間ぶわっと湧き上がった読後感は感動そのものだった。

約1年前

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

100冊自己啓発書を読む前にとりあえずの1冊。 簡単な言葉でかつまるで自分が一体化されて対話しているように書かれていて飲み込みやすい内容です。 多くの自己啓発書を読み前にまず世界を見るフィルターを[いま]の自分が持っていないと振り回せてしまうと思います。 そのフィルターが自分の世界観なのですから。

1年前

96d2e566 ed48 4f26 a12a 2d7d49f2243aEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f4bccc2b2 09ca 4c03 ac13 b50181640c1b9f496cc4 3e12 4ccc 9b6c bbafd0688231Icon user placeholder93dec1e9 00e7 4b8b b7d2 15855ecd99deAe3a6998 21e3 4d8f 8c43 bb678e980b86 270
宇宙兄弟(3)

いままで読もう読もうと思ってなかなか見ることの出来なかったこの漫画。夢を追う姿、人間という生き物についての考察、宇宙への憧れなど。悩むことの多い毎日に新たに情熱を与えられる一冊。 若い人に是非読んでもらいたい。

1年前

8a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c43568dcfd 5e32 4730 8ff4 fa9349d6fa3f9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
野菜は小さい方を選びなさい

野菜選びも清く!正しく!泥臭く!少しでもよりよい野菜を求めたい今日このごろです( ´ ω ` )

1年前

いちばんやさしい哲学の本

安くて、比較的わかりやすくまとまってて初歩としては良い本。 ここから少しずつ歴史と共に理解を広げて行きたい。

1年前

モナドの領域

ありえないなんてことは人が思いつく限りの中ではありえない。 人が想像するGODというのも所詮は人の域を出ることはないんだろうと思った。 筒井先生の傑作に感動させられた

1年前

39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e05e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb96b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b5B32ad2bf 15cd 4c35 ba52 513c6a1de09c98a10f98 b3bc 4110 bd38 3dd2d398bb389c5e4fad 3236 4ac2 850f 021120976964Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5 11
余命1年のスタリオン

石田衣良さんには毎回色んな作品で泣かされてしまう。今回も恋愛の形、命の在り方、病との戦い。主人公の苦悩と葛藤。そして新しい命と幸福。どんどん引き込まれてしまいました。

約2年前

若い読者のための第三のチンパンジー: 人間という動物の進化と未来

いったい私たちはどこから来たのだろうか。今のところ人類の絶滅の可能性で最も高いのは人類というなんとも皮肉である。

約2年前

7baf7de9 585b 4ae0 8d96 71e45fe5831aBbed2182 cc44 42a2 a99d 8572a95440f9978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2
罪の声

罪とは決して消えることのないまるで波のようなものなのかもしれない。始まりはほんの片隅で起きた新聞にも載らないような事件がひとつまたひとつと大きな波紋をつくり、触発されるようにして多くの人が巻き込まれていく。人はただ、幸せになりたいだけなのに。

約2か月前

7b0a4b4f 15bb 459d 81b7 1f8ea60901d227975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c4188630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cE23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e3a65e894 4fc2 4e6f b0af edd14979440466da7c8f cef8 4ed3 bed9 e9fc75fab4775b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe 87
夜行

どんどん引き込まれていきました。読んでるうちにだんだん現実との境界線が曖昧になっていくような不思議な作品でした。『夜行列車の夜行であるかもしれず、百鬼夜行の夜行であるかもしれぬ。』 明ける夜があるからこその夜行なんでしょうね。 眠れぬ夜にオススメの一冊です!

12か月前

A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014Deacc136 9e16 4020 aabe 38676499e2b076bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96dC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edIcon user placeholderD7162833 27b6 4ef1 bd45 4ae378599810 103
肉食女子の肌は、なぜきれいなのか? 細胞から整える分子整合栄養医学のすすめ

少し前の本ですが綺麗になるための手段として勉強になる本です。 なんだ、女性の本か。とおもう男性も多いかと思いますが巷の栄養学で足りない部分が十分に書かれているし、男性にも必要なことがよく書かれています。 最近、いろんな食事法が流行っていますがそれぞれメリットデメリットがありますので比較して見ていくのが大切だと再認識させていただきました。

約1年前

理系に学ぶ。

気になってたことが良いタイミングで目の前に現れたのはホントによかった。 理系や、文系と分けるけども理系の人も文系を学んでる。逆に文系の人が理系を理解してない部分が多いため毛嫌いしてしまうこともあると思う。しかし、これからはプロフェッショナルに富む理系をさらに円滑に文系の人がサポートするためにもっと理系を知る必要があるし、理系の人もそれを願ってることを汲み取って行かなければならない。 僕らは考えてもっと隔てなく学んで行くべきなんだと勝手に思った1冊

1年前

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd2970514d f58b 4b33 988c faad88c878d6266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf04afac6a 17e6 41fe 869f 24459050e40a89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
コーヒーが冷めないうちに

過ぎた過去は変えることはできないし、これからくる未来を確実に思うようにコントロールできるかはわからない。 でも人はいつどんなときでも変わることが出来る。 コーヒーが冷めても心が冷めないように日々励もう、そう思った1冊。 とても読みやすく、一貫したストーリーで面白かった。最後の伏線の影響なのかわからない無茶振りなとこがあったがそれはそれでよかった。

1年前

D84b4b9d 16d7 4b8e 8a2d bf013fe2bd37991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea89159a033 580e 4360 9d96 19087f305ec3Cfed8d5e a2cb 4fd7 8b2d deccb7013299Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b040e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c0e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158f 137
坂の上の雲〈1〉

今まで日本の歴史ものってなかなか読むことがなかったのですが司馬遼太郎さんのこの作品で興味が湧いた。 この本では明治の激動の転換期にそれぞれ悩み、考え、懸命に生き抜いた男たちの話が事細かに描かれている。教科書などではあまり名の出てこない方々ですがいろんなとこでつながり重要なポジションにいる。 点と点を結ぶこのような人たちの存在が歴史をよりおもしろく、わかりやすくしてくれるのだと実感させていただいた1冊。 先が気になる。。

1年前

6111cd35 e9e4 4b08 b79e 2b10e62ee0c0Icon user placeholder0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd1756137eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43ab54b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd175daeda82 3a90 4784 9d43 2aaeafe6b6d837a155c0 591d 44d8 96d1 19969dbdf470 18
丁先生、漢方って、おもしろいです。

いろんな発見があり、とても勉強になった1冊。何事にも背景がありそれを知って物事を行うのと知らないで行うのでは全然変わってくるな、と実感した。

1年前

漢方水先案内: 医学の東へ

キュアなのか、ケアなのかではなく、共にあるべきもの。アプローチは常にひとつとは限らない。わかりやすく漢方以外のこともいろいろと参考になる一冊だった。

1年前

億男

お金は出た分、入ってくると言われてるし、手に入れるのは明確だがそれを使いこなすのは難しい。お金とはある種、人間が作り出した信用の形である。川村元気さんの小説はとても明確で哲学書や自己啓発の本に近い部分があるかもしれない。 お金というテーマは普通に生きていれば必ずつきまとうテーマである。まず、相手を使いこなすには相手を知らなければならない。お金について今のうちにしっかり勉強しようかなと考えた1冊。

約2年前

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbAe0ec3fc f571 40c3 a54d 39a766cadca8Icon user placeholderE23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e9437c007 975d 417c abab 9115cb628414014253d4 6080 4951 9119 24735184a6961525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 37
「糖質制限」は危険!―矛盾だらけの「糖質制限」論 「糖」こそ、命にとって最重要の栄養素

いろんなブームがあるが常にブームも否定的な目と肯定的な目を持ってハッキリ分別をつけていかなければならない。

約2年前