5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb

hana

高2 洋書 / 和書

高2 洋書 / 和書

43

コメントした本

予告された殺人の記録

高校の課題のため読了。 さらっと読んだ時にはわからなかった、マルケスのカソリック、女性に対する思いが新しかった。本について勉強することがどういうものなのか知るきっかけとなった本。 個人的には百年の孤独の方が好き。 'Blood had to be shed either way' First book I've 'studied' for school--parallels between Catholicism, Marquez's portrayal of women as the intelligent, and influential was something I couldn't have found just by skimming the novella. Personally I liked One hundred years of solitude better.

約1か月前

Icon user placeholderF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d7799a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f60558373 bd9b 4ace 80fd 49a13e1d64377ef9af8b 00a6 4e30 9d81 8aedd9e46c55656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d 14
最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

笑える、感動する、行きたくなる!!

3か月前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d60a4402d 630a 4dda a9c0 96b176055830Icon user placeholder68846bbe f9fe 4f84 9769 b3159f1b0d987169125b 47f0 45a1 bd2e 21316633b23bIcon user placeholderBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03 38
ぼくらの七日間戦争

憧れて、好きで、彼らみたいになりたかった小学生の頃を忘れないで大人になりたい。

10か月前

8e3c4aa4 9143 48c4 aa1b f91b6723f6117f77d33f 35da 4899 aafa 92ab5949891fDaca3577 c1a2 4f0c a442 0d6e0bef13653e65cc95 ea01 473b b4c0 326f68b4367a
楽園のカンヴァス

早川織絵さんがすごくかっこいい。 美術館の監視員であることに誇りとプライドと愛を持っている姿にドキっとした。

10か月前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4c26ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccaeFa203a1e 294c 40d6 b149 1f0f24d11b037a0ec459 67f0 4c22 885c a9fa0fc650a1F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder 140
One Hundred Years of Solitude

終わりがすごくいい。また読みたい本。

11か月前

香水―ある人殺しの物語

香りの表現が恐ろしいほど生き生きとしていて、実際にその場にいるかのよう。 The description of the scents are so vivid that I could almost smell it.

約1か月前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8Icon user placeholder2cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf8363cca14 5ee8 4433 89e1 af3647dbe844 19
A Short History of Nearly Everything

理系はもちろん、文系でも楽しめる本! 人類がどれだけちっぽけで何も分かってないことに驚かせられるし、笑える。科学者が天才ではなく、変人で残念な人たちだったことがわかった。

3か月前

侍女の物語

過去と現在を行き来しながら明かされる「わたし」と歪んだ世界の構造。 終わりがスッキリしないのもこの物語の一部だと思える本。

10か月前

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd78f927ae5 81af 44c7 93f0 a1f7956e3b9a28f87ab7 1cd1 451f ad7b d36ec8fcadb3
Noughts & Crosses

Black and White Right and Wrong Crosses and Noughts 誰もが、分かっているけれど敢えて考えないように、忘れるようにしている人種差別について書かれているディストピア小説。 セフィ、カルムそれぞれの成長が鮮やか。

10か月前