7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

いさ

♡をまーるく。

♡をまーるく。

128

コメントした本

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

☆4 「十代の頃みたいにはできないよ。好きになっただけで生きていける、て信じてたときみたいには」──若い時みたいにがむしゃらに人を好きにはなれない、そんなアラサー女子の、それぞれの恋愛模様。 人と人が出会って、お互いに好きになって、一緒にいて、同じ瞬間を過ごせるって、天文学的数字の確率なんだなあって思うと、すごいことだってあらためて思う。 椎名さんと知世がこの先も幸せでいられるようにって、願ってしまう。

10か月前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad47328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f04daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b055726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724E5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1cIcon user placeholder79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c8 20
授乳

☆4 デビュー作。 とにかく気持ち悪い。のに、主人公の気持ちが理解できてしまって、そんな自分が気持ち悪い。村田作品の気持ち悪さって、全てをむき出しにするから、全てをむき出しにされているようで、他人のそれを見てしまったと同時に私のそれも見られてしまったってとこ。 「ソレは形を変えて、必ず、お姉ちゃんの中からもう一匹生まれてくるよ。(中略)ソレがなくちゃお姉ちゃんはもう、生きていけないんだもん」(「コイビト」)という美佐子のセリフは何もかもを裸にされているようで、だからこそ気持ち悪いし嫌悪感を覚える。

11か月前

B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbC26c862a cd52 4929 b1eb cb305f921c8340fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf6528902e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 12
ぼくたちのリアル

☆4 2017年小学校高学年課題図書。 学年イチの人気者リアル、リアルと幼馴染みで彼に少し劣等感を覚えている主人公アスカ、そして転校生サジ。彼らの「リアル」を描いた作品。 ツイッタで「面白いけど小学生には理解できるの?」という感想をちらほら見かけたので気になって読んでみた。彼らの抱えているものを小学校が理解できるかというと、難しいかなと思うけれど、その辺の描写はサラッと軽く、読みやすいとは思った。

11か月前

生まれる森

☆3 終わった恋を振り返ると「一緒に聴いた曲を耳にすると(中略)気持ちは湧き上がるけど、だからって、もう1度くり返す気はありません」っていうのわかる。好きすぎて、振り回されて、疲れちゃって。その過程があってこその今の私ではあるけれど、恋をするのは1度でいい。

11か月前

6df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7cCb8ce1a8 77b6 4197 9dbc 52e04ed7c546
豆の上で眠る

☆4 いつも私は家族と自分の共通点を見つけては喜んでいた。いや、自分を安心させていたのかもしれない。小さな豆粒のような不安を打ち消すために──行方不明になった姉と残された妹の物語。面白かったんだけどオチが…豆の上で眠る、言い得て妙だなと思った。

11か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aIcon user placeholderIcon user placeholderA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ce8f286b70 e37c 4bdf b257 f4c38ce0d72eEe0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 41
消滅世界

☆4 人工授精が主流となったこの世界では、セックスという行為が「汚れたもの」として描かれている。狂っている、のだけどある意味今の社会の理想形であり進化形なのかなあとも思った(肯定するわけではないけれど)。

12か月前

B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53daIcon user placeholder147378e9 90c6 484e 9d39 f8a45bca7097F64329d3 724a 460d a6ca beeb1c59dec85793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321Bb0d6aee befc 4e8e a9fc 2b577472e979Icon user placeholder 33
夏の裁断

☆2 島本さんの書く男の人って、最低なんだけどとても魅力的だっていつも思うんだけど、柴田さんはほんと最低すぎて読みながら腹が立ってきた。正直好きじゃない話なんだけど、ところどころにハッとする表現があるのが、さすが島本さんだなあって。

約1年前

7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2411ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f37328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f0Icon user placeholderB3c57eee dcb4 44bd a5b7 f281d6e5814879bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564 16
フラニーとズーイ

「エゴ」だらけの現実世界に嫌気がさして精神を病んで宗教に救いを求める妹フラニーと、彼女を助け出そうとする兄ズーイの物語。 フラニーの厭世観は世の中の汚いところを許容することができない若さゆえの感情で、私も覚えがあるので共感してしまった。その汚さを含めて世界を、そしてそんな世界に生きる自分自身を受け入れろ、というズーイの主張は正しいとは理解はできるけれど、私はそこまで大人になりきれないフラニーの気持ちに寄り添ってしまうかなあ…聖書片手にもう1度リトライしてみようと思う。

約1年前

363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf9151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Dbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d18147297276 88e3 4961 b966 055680306f4b88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c8bff9a1f ad9b 46d5 ba0d 3a17e703783011c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8 27
海辺のカフカ (下)

再読。父親にも母親にも愛を与えられず、でも彼らの血は「呪い」のように「僕」の中に流れていて、「自分」というものがわからなくて、立ち止まったり悩んだり苦しんだりするけれど、もがきながらもタフに生きるカフカ少年の生き方に勇気をもらえる物語。

約1年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff8ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c02E034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f7260C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7bF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 75
殺人出産

10人子供を産めば合法的に1人殺すことが許される、という遠い未来の世界。 「部長や瑞穂さんはすごいって思うよ。そんなに一途に誰かを殺したいって想い続けることができるなんて」「そうですよね。素敵だなあ……」という冒頭のセリフからゾクッとさせられた。狂っている…

約1年前

B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df7Icon user placeholder52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f36e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981bE9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d8379a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849 12
成功者K

☆5 芥川賞受賞作だからという理由で本を買ってくれる人たちのことをKは本当にありがたく思っているが、同時に、芥川賞受賞作にとびつくだけのミーハーな心理の総体のようなものに、復讐したいような感情も備えていた──芥川賞を受賞したK。それから彼の人生は一変する。 タイトルの「成功者K」とはもちろん作者の羽田「圭」介のことで、フィクションではあるのだけれど、あんなことやこんなことまで、いろいろ生々しくさらけ出していて、もしかしてこれってノンフィクションなんじゃ…って思ってしまった。

11か月前

C0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040930539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeIcon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5936cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c7a6fc180 b0dc 460d 9e5a 2b10ab667796 9
図書館100連発

☆3 「フツーの図書館」のユニークな取り組みを取り上げた本。中でもPOPでの取り寄せサービスの案内、本の中から印象的なフレーズを引用してポスターを作り館内に貼り出す、面展本の後ろ(借り出された後)に貸出中のサインを貼っておく、とかしてみたいなあ。

11か月前

99ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4
泣いちゃいそうだよ

☆4 季節は、駆け足ですぎて、中二の春も夏も、もう二度と戻らない──そんな一瞬を描いた作品。 少女漫画を読んでるみたいで普通に面白かった。続編も読んでみたい。 青春は、いつだって、泣いちゃいそうだよ。

11か月前

タダイマトビラ

☆4 子供だから愛せるわけではないし、親だから愛せるわけでもない。それでも、私たちは「家族だから」愛してる愛されてる、って思いたくなる。 村田さんの作品は型に嵌った枠を壊しちゃうことで物事の本質を剥き出しにしちゃうのが恐ろしい。今作もとってもクレイジー。

11か月前

リアルプリンセス

☆3 6人の作家による童話をモチーフにした短編集。タイトルと表紙のかわいらしさに惹かれて読んでみたんだけど、なかなかにクセのある物語たち。中でも、寺地はるな「鍋かぶり」が1番好き。シュールな物語なんだけど「皆と同じではない、という理由で、ひとを笑ったり嫌ったり遠ざけたりするやつらのほうが、おかしいに決まってます。(中略)わたしには、幸せになる権利がある」というセリフにグッときた。

12か月前

27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874Ad228ae1 9d47 4d0b 9b0b b9896aacfca964081438 7136 4ce9 9620 8f9d4f403bb794402930 96d7 44d6 83c9 dfab76562456A0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456efF11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca07481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169 9
匿名者のためのスピカ

☆2 どうして正しいものと私が欲しいものはこんなに違ってしまうのだろう──それは愛じゃなくて、ただ自分の存在を肯定してくれる人が側にいてほしいだけなんだって、気付いて。

約1年前

8649c735 8902 4c04 9832 9243638f526b64464a11 0546 4e58 a4fe 8ab64aa424df
世にも奇妙な君物語

☆3 短編集。特に「リア充裁判」が好き。 「「コミュニケーション能力」なんていう、誰にも定義できない言葉にあまりに多くの人が振り回されている」という知子の考えに共感しつつも、でもそれをこの世界で主張することができるのだろうか、と思っていたら…ね。

約1年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11381b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba575b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa3B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa 24
スプートニクの恋人

再読。回収されずに宇宙空間を漂い続けるスプートニク号のように、人は孤独で、でも誰かを苦しいほどに愛さずにはいられなくて。

約1年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fA40b5e4c cee4 4a3a a9fa ad36cd260cbd699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b139b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810Icon user placeholderPicture 60
女のいない男たち

再読。大切な人を失った男たちの物語。タイトル通り「女のいない男たち」が主人公の短編集なので、どの作品も切なくて苦しい。本当に大切なことだけを忘れることなく、その他のおおかたの付属的事実をうまく忘れられたら、どんなにいいことだろう。

約1年前

Icon user placeholderB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241PictureFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee137eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43ab 45
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

目に見えるものが現実だ── 謎の男免色、不安定な少女まりえ、そして「騎士団長」。「リンボ」とも言える9ヵ月の間に肖像画家の「私」が出会った人々と「私」の物語。 ここ数年の村上作品の中では1番面白かった。純粋に。初期の村上作品を彷彿とさせる作品だった。

約1年前

Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e633bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed175619557d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6 94