9ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a5

heureka1002

54

コメントした本

翻訳できない世界のことば

トナカイが休憩なしで疲れず移動できる距離だとか、シャツの裾を絶対ズボンの中に入れようとしない人だとか、言葉の定義にその言葉を使う人たちの文化が現れているのがすごく楽しい。 言葉って文化の中で生まれてるんだなーと思う。

1年前

33d8e4eb 318d 4e02 bfee fb91fe442c49387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f2bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a092e00f6f 9471 4e3e a3a7 71410feab692155b52df bead 4c68 bdb4 91956914f39856758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2 126
1984年

10年位前に読んだけど、なんか今の日本みたいな感じがする。

1年前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97C4e0f889 81d4 4002 9009 452bb68478a279ffde6a 715c 424b 9559 fd6052fccf5aFb9c9908 417d 4f66 a2a0 0e7b435190e2Icon user placeholder5da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465ddB3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d23124 12
はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内

さらさらっと読めるけど、奥が深い。何度も読み返して、考えるということを考える。 とても好きな本。

約3年前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5201ebfb01d 9074 4947 b4db 807ab6359ee8Icon user placeholderF3aec797 3a68 4c8c ba6e c66c7e49ddd1F7b68b42 baf8 4a83 84a9 cc8041d606978a1b1dae 5093 43df a241 522529620e1eE7bee6d7 7b39 40c2 8513 b8ca0eee8baa 34
オーデュボンの祈り

いろんな人たちの小さな選択が、未来を創っていくんだなーと思いました。

約4年前

8a1b1dae 5093 43df a241 522529620e1e205e8b2a e745 499a a2f2 20348b09587bAc9b8a36 c413 4556 a9fa ab07d8e845cc9529e182 7927 4602 98bf 27dc4ccf24bb2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fC6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc88d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919 216
西の魔女が死んだ

あんまり期待しないで読んだら、いい意味で裏切られた感じ。

約4年前

9ddfeb65 eb74 436d 9067 1f268efb08a3Icon user placeholderFd987196 61e2 48ff 82b9 acf0758edc4cE508b48b a7f7 4fa0 ba56 6da45af8bd2274cfb30d 3d02 4081 9d5a f54423d2508747de048a 739c 4a82 823b ec69d202301bDd15e820 db42 44ad 9f27 88f6fce2f87c 504
ラッシュライフ

エッシャーの絵をそのまま文字にしたような、そんな感覚の小説だな、と。

約4年前

8f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fd205e8b2a e745 499a a2f2 20348b09587bIcon user placeholder6a12c21d 14f3 4266 acc7 1c5f6808f264Icon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 83
霧のむこうのふしぎな町

こどものころ大好きで何度も読んでボロボロになった本。

1年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Fc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada2671112b92e e593 4fc6 859d 07a46e3da2d54b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22ab
世界から猫が消えたなら

久しぶりに気になって再び読んだ。 初めて読んだ時とはまた違った気持ちが湧き上がってきた。 いろんな経験が、ものごとの見方を変えていくんだな、と。

約2年前

Icon user placeholder5e3f8675 0155 452c 831c 35428e9d833cE508b48b a7f7 4fa0 ba56 6da45af8bd22Dac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a9Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Icon user placeholderIcon user placeholder 349
星の王子さま―オリジナル版

人生に行き詰まった時に必ず読み返す特別な本。多分小学生の時に買って数十年。書き込みだらけでぼろぼろですが。いろいろ訳は出てるけど、内藤濯のが私には一番しっくりくる。 どの部分もすごく好きだけど、金色の麦の穂が揺れてるのを見ると、王子さまを思い出すってところがすごく好き。

約4年前

933e980f d1eb 4661 943e ed286725960681ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c855003400 e9bc 4446 a06c 90217f822181387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fIcon user placeholderA849d29f 13f7 4ada ad73 eade24e24ccd5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38 85
恐竜物語

中の絵も素敵。 霧笛がよかった。

約4年前

知覚の現象学 1

どうしても序文のポールとピエールの件で睡魔に襲われてしまう。

約4年前

神との対話 25のコア・メッセージ

読むなら神との対話そのものを読んだ方がよいかな、と。やや冗長な感じがした。

約4年前