Fdb32e7f 3173 4de4 90d9 58275d83e18c

wksgknch

少しずつでも読んでいきたい

少しずつでも読んでいきたい

28

コメントした本

幼年期の終わり

噂通り、とても面白かった。色褪せることはないだろうな。

約2年前

176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d473d14990 ac36 4b30 842b ce8f289447868315c981 4b09 428d ac31 28a36dec88617c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77aDb8e8619 41d4 40de a264 8ceb344936149fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b140deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201f 22
アジアで働く――自分を活かす・キャリアが広がる

アジアの国の1つとしての日本、それを認識しないといけない。

2年前

エリアリノベーション:変化の構造とローカライズ

ポテンシャルを見抜き、土台を堅めて、点を線に、そして面にしていく、と簡単に書くことはできても、渦中にいると、なかなか覚悟がいる。でも変化しはじめると、楽しいだろうな。

2年前

8640ca93 fa76 4da9 8491 4f78209f81e647c3a285 018e 49d4 83ed b449cf7d3f0f1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a4936812e bdf2 4b26 a801 6ed8e2c459d9
空間感/杉本博司 スター建築家の採点表

現代美術家として美術館を利用するユーザーとしての視点から書かれた本著。 美術館としての在り方を彼なりに批評している。 自身も建築家として美術館を設計する立場にもあるので、その眼にかなう美術館は単なる美術家でもなく、建築家でもない独自の見方があって、面白い。

約3年前

WIRED VOL.19 /特集 ことばの未来

『ことば』について色々と考えさせられる。

約3年前

799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94efYon normalF3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d861e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55258eb5af 6b78 4c74 b498 17e3cce6002e89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e41c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2 8
建築家が建てた妻と娘のしあわせな家

建築家、じゃない人達が住むことを受け身でなく、獲得していく姿勢がとても素敵だった。

約3年前

ALL L/Right

この表紙に惹かれた、何か物語を感じる。代官山speakforでの展覧会も良かった。

3年前

老人と海

アメリカの純文学。ハードボイルド・リアリズム。海での孤独な戦いと、終わらない自問自答。耐え忍んで成果を得ても、大きな力が無慈悲に襲いかかる、それでもまた戦いに老人は海に出る。

3年前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b430eded19b 48de 4a3a add7 5f504a5d708aDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262aFdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c322461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1B828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc1417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f 97
WIRED VOL.16

お金とは絶対的なものではない、対価なのである、というのは改めて納得した。

3年前

9fb324e9 5bcb 419c b42f a8047a4283831e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55Febe3a4b d7eb 47dc 94ac 6c8bfc2cd7e5
虐殺器官

リアルなSF。9.11以降だからこそ産まれ、評価される作品、面白いが、同時に恐怖を覚える。 価値観はどこに帰属するかでまったく異なるということ。それを認めない世界は混沌へと突き進む。 アニメ化が楽しみ。

3年前

Ed945d6f 410e 4b0f 9d11 a816c61f4f962943dbe3 7bdb 477a a2db 97f6cc05c67fFb033d84 0c95 4116 a3d6 fa24328187d4Icon user placeholder8315c981 4b09 428d ac31 28a36dec8861B62201f0 cd99 40db bc7b 745710475a4437cfbb8a 5f84 433b ac05 d34858202f78 131
火車

社会問題と事件の解明をさらりとまとめて書いているけど、そう感じさせないほど、物語が面白い。さすが宮部さん!

2年前

61b1bb23 2307 42d2 b663 40b7040a1035C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder38136d98 c94e 430d a53d f2f109280f1f7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c51826e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014 131
WIREDVOL.24

諸外国が一歩先を進んでいて興味深く、面白かった。

2年前

建築武者修行 ―放課後のベルリン

著者の建築家までの道程を各地への旅と建築とその建築家、出会った人々との刺激から学んでいく。旅したくなる。

約3年前

火花

小説というフィールドで漫才をしたということか。 なかなか面白かった、グッとくるとこあったし、最後はまあなんかアレだけど。

3年前

417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c68e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f12a43379 fcd8 4f0b 8c40 2013b181e6b2Icon user placeholderA61281f1 e5f0 43f7 848d a3fe630dd1b1B6ef174d e1fc 4385 a8ba 80177e821f23C120e3f0 b04f 45da b43d 3c92fa4c4ae4 453
GA JAPAN 136

GEHRY、魅力的な建築を生み出す、そのために出来ることー材料、工法、金、etcーを惜しまずにやり遂げる、そこに感銘をうけた。

約3年前

いま、幸福について語ろう 宮台真司「幸福学」対談集

ジャンルが違えば考えも違う、それぞれの幸せを見つければ良いけど、際限のない事物へそれを求めても幸せはやってこない。

3年前

Icon user placeholder4819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632dB0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c6323fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b
WIRED VOL.17

OMANYの重松さんの大学での研究は興味深い。究極の合理的食物、ソイレントも試してみたいなとは思った。

3年前

1972d697 9db8 4970 a13e 5abb2da94cb694610050 28a3 4194 bba5 b0de45b4447f1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55
ML30s vol.2 谷尻誠の家づくり

谷尻さんの建築とコンセプトがたくさん載ってる。パターンが見えない、その場所と施主により、固有の建築が生まれている。面白い。

3年前

月刊WORLD SOCCER KING 2015年 07 月号

グーナー垂涎の1冊!

3年前

長谷川豪 カンバセーションズ―ヨーロッパ建築家と考える現在と歴史

ローカルに活躍している建築家との対話集。70代、50代、30代の建築家の歴史に対するスタンスがそれぞれ異なり、かつ時代性があってとても面白い1冊。

約4年前

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0573c4fe8 d305 46c3 9884 0c2c8b54b73e7fbcb91b 1085 46f4 99b4 c5098ee7b27336fbaa35 0b5f 49b0 9f36 e6cf02108fb6