8afe0fbf e84f 4d0f 88c3 9a6266695f60

うさダル

文庫本を主に読んでます

文庫本を主に読んでます。数百円で長持ちするお菓子(文庫本)を買って食べてる(読んでる)イメージだなと思う。

11

コメントした本

本屋さんのダイアナ

本が大好きな女の子のお話。本がきっかけで親友が出来、お互いの生活環境に憧れるがちょっとした小さな事で喧嘩し、言葉を交わさなくなる…お互いの目線や気持ちで話が進み、お互いの人生を歩むが本の事になるとお互いに親友の事がチラついたり、最後は…小学校3年生〜22歳までのお話。もっと親友同士の会話を入れてほしかったなぁと思う。

10か月前

A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f1edf0c94 ce41 4261 9b5f 77c1a6a89266Icon user placeholder4fb649ba d255 4601 85ab e9c83a1673b9023f810b 8a17 4ff8 a98c 5535a201dd730402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 50
八月の六日間

登山する女性の話。普段は雑誌の編集長。 登っている道中の心情や、過去に起きた出来事を振り返ったり、山での人との出会いも書かれたりと細かな描写が書かれてたので、本を読んでるだけなのに登山してる様に感じた。好きな場面は山登る前日の準備してる時に文庫本を選ぶ所と、山荘に着いてから寝るまでの様子。文庫本を選ぶ場面はこれから非日常に向かう為の準備の締めくくりといった所が。山荘はまさに非日常、そのものだから。

約1年前

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8Icon user placeholder79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564E7b02377 24b8 4102 a5af b06d832915473e143f09 7536 47f0 8b04 25a6028bae80014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Cc28579c a65a 4355 afe5 7b7b0cde6c40 10
海賊とよばれた男(上)

以前に本屋大賞を受賞し、気になってる所に映画化だったので購入した。終戦〜終戦2年後と生まれてから終戦まで書かれてるのが上巻。当時の日本の事が全体を通して書かれているので、勉強になった。そして、面白い。

1年前

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eIcon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74Icon user placeholder47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cfIcon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2 94
使命と魂のリミット

最初はただ、ただ読み進めるだけだったけど少しずつ続きが気になり、ラスト100ページは一気に読む形になりました。いつの間にか登場人物にも少し感情移入してた。説得する場面や過去の事を話すシーンはちょっと気持ちが動きました。

1年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991577a074d e252 483c 812d de74f7fd36ea03fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99d3ef14ed5 dd11 45f7 af57 ef99fce7d7c9705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c513221468 0bd1 463a 8b9d de9ef5877c44D1cc561c 9991 40ab 9111 d3f37ffb0af1 17
ストーリー・セラー

Side:AとSaide:Bの2の話。Side:Aは読んでいて気持ち良くはなかったです。「これでもか‼︎」と言うくらいのコテンパンに登場人物を陥れていて素晴らしかった。Side:Bは少しミステリ要素が入ってた。Side:Bを読み終わった後に編集者と同じ気持ちになった。2つの話は良い意味でどちらも面白かったです。

約2年前

62384c23 a997 4f0b a264 f0d5a6bb690aEa343304 7b84 4168 bfe8 6d421fa8953dD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Cee99564 e18d 435c 8d17 754753fa7db25efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 82
恋都の狐さん (講談社文庫)

狐さんの言葉が屁理屈で良い。なるほどと思えるから。最後、え?それで終わりな終わり方だったので、次巻どうなるのか…?期待はせずとも気になる

2年前

7656e65c a88a 42cf 870e af2a604a25ab4ff59924 88e9 4f0f ae95 dfcca52706f38aa1f8b4 6f8a 4816 a1c3 db0ba417cb55Dbe73847 dd1c 4ee9 ba57 eef4d7331228
みかづき

最初から最後まで入り込んで読んだ作品。作品のテーマが今までに読んだ事の無い「教育」。主人公は塾教師。昭和36年から話は始まり、主人公、主人公の子、主人公の孫と親子3代に渡り、今の時代まで描かれています。教育の関わり、教育の形が時代ごとに変わっているのが印象的でした。家族団欒の場面も好きな所です。 内容が濃い、読み応えのある1冊です

10か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d580d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd2922b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e72786ae24 8d18 45a5 91e6 aff2848d569e56a03690 63b8 4975 853f fac13092849b 82
神様の裏の顔

まさかイッキ読みするとは思わなかった…それだけ面白かったんだと思う。続きが気になってページめくってて、気付けば最終ページ…まだ読みたかった為に最後の解説まで読む。途中、笑う所もあった。盗聴を登頂と間違えてる辺りが笑えた。アンジャッシュのコントを思い出した。

約1年前

0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf773c24176 cc32 4ee8 93c5 e4706a8d99997e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5dBb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a584703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e313a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1 15
ドミノ

東京駅を舞台に二十数人と1匹の話。一人一人、全く関係ないが何処かで繋がって、一つの話になり、読み終わった後にドミノのタイトルに納得。読みながら話の作りが三谷幸喜の映画「THE有頂天ホテル」に似てるなと感じた。

1年前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fC48925bc cb69 4703 a73a 28f9683cd938Icon user placeholderIcon user placeholder59b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba85Icon user placeholder 35
物語のおわり

読み終わった後の嫌な気持ちが全くなく、いつものドロドロした感じもなく、新しい雰囲気の話で私は好きです。全体的に優しい内容でした。読んで損はないと思う。ありです

1年前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c58a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f478682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41cF608cdee 3e28 4744 945d 9f4a84ace941427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bF1c738f4 a243 4dce b45f 305f254b16f97dcebf05 0583 4dc2 a3b9 2970e561f66b 12
狐さんの恋結び

続き物ですが、登場人物も少なく読みやすい。あっさりとした感じ(ドロドロとしたものが無く)で良かった。新たなヒロインと今後どうなるか?ちょっと楽しみ。

約2年前

8aa1f8b4 6f8a 4816 a1c3 db0ba417cb5539a72946 663f 46a7 9f82 d3ca1ec2e87d