5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

342

コメントした本

明治天皇の一日 皇室システムの伝統と現在

昔読んだ将軍の1日に似ているような?

11日前

宇宙はどこまで行けるか-ロケットエンジンの実力と未来

こういうジャンルの本は読みたくなるけど難しいです。

11日前

道元入門-生の充実を求めるために

坐禅をして悟るのは無理ですが、また永平寺に行きたくなりました。

19日前

日本の外交―明治維新から現代まで (中公新書 (113))

対人関係に置き換えて考えてみるかな?

26日前

Eaf4a5f0 bc3b 4b28 b90f a039ca5c7ba832629258 6613 43d6 b282 e0f7c6da4cf3B375be79 7c55 461e 84e4 9501d6b7d83e
土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて

「土川」なので必読の書かと思い購入しました。

約2か月前

会津落城―戊辰戦争最大の悲劇

うまくいかない時は全てがうまくいかない。時代の波に飲み込まれたという印象です。

約2か月前

にぎやかな天地〈上〉

久しぶりに宮本輝作品を読みました。

約2か月前

チンネの裁き

いくら山の中でも、これだけ死亡事故が続くと怪しまれますよ。多分。

約2か月前

日本史の論点-邪馬台国から象徴天皇制まで

小泉元首相ももう歴史の中の人物です。意外と近現代の論点が多い1冊でした。

2か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c53ff08bd c140 4e40 b93b b38b4b8ffbccDc7bdb30 9008 43ac a4d3 c9ba45f83e8cFcd3efbb 1349 4bc1 9088 b0124fef91aeF64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0 13
ブラック オア ホワイト

浅田次郎さんのお得意の作風ですが、間違いなく面白いです。

11日前

小説 マルコ・ポーロ―中国冒険譚

フビライの部下としてのマルコ・ポーロを主人公にした歴史短編小説。目線が新鮮で面白かったです。

18日前

芙蓉の人

明治に富士山頂で冬季観測を夫婦で行う。凄まじいの一言です。

26日前

9804c1a4 facd 49c3 bec8 a91a668fb8b05b019685 dee7 48bf bd55 0ba2ce75bbf9
戦前日本のポピュリズム - 日米戦争への道

戦前日本のポピュリズムが戦争への道を後押しする原因になったのは間違いないのかな?

約1か月前

明治天皇の生涯〈下〉

有りそうであまりない明治天皇主役の明治時代の小説、面白く読ませて頂きました。

約1か月前

戦乱と民衆

テーマはもちろんパネラーが良かったです。

約2か月前

衣笠祥雄 最後のシーズン

年配のプロ野球好きには間違いない1冊です。

2か月前

徳川慶喜家の食卓

武士は食べ物についてとやかく言わない。私も気をつけます。

2か月前