670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858

ぴあーす

2017年以降に読んだ本をストック! そ…

2017年以降に読んだ本をストック! それ以前のものも、気が向いたときにちょこちょことストックしていきます。

35

コメントした本

埠頭三角暗闇市場

SFに素直に入っていくだけの想像力がなくて挫折。面白そうなんだけど、読むのに体力使う。村上龍の本を読むのに近い感覚。

2か月前

5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人 ドイツに27年住んでわかった 定時に帰る仕事術

日本にも、会社にも、部にも、強制力は必要だ。トップダウンの強制力さえ発揮されれば、存外この組織は簡単に変わっていく気がするのは、自分も同意。それにしても自分の周りには、マネジメントができない管理職が多すぎるなと、無責任ながらも感じる。

2か月前

主婦病

絵子の家庭の話は色々と重すぎる。草汰は、主婦の閉塞感の象徴的な存在として機能している。でも一番心に響くのは、やっぱり「子供」がテーマとなり、子供が翻弄される『まだ宵の口』。「主婦」は、物静かに平坦な日々を生きながらも、内に強い芯を秘めているなー。侮れないなー、と思いを新たにさせられます。

2か月前

大人を磨くホテル術

ホテルに泊まった時のあのワクワク感を改めて感じ、一方でホテルを堪能しきっていないのだとポジティブな後悔に襲われる一冊。するする読めるが、残るものはしっかりある。「ホスピタリティ」という前向きな仕事の代名詞に触れられるホテルに泊まるのが、より一層楽しみになる本。いいホテルのサービスを使いこなせるような人間になりたい。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder06173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82f58487e20 209f 4522 bfd6 8ec9e2bc5507
新版 うつ病をなおす

うつ病の体系本。分かりやすいんだけど、どうしても新書は患者実例が薄くなって、病に対する深い部分での納得や理解がしづらくなる。うつ病患者の心情(特に初期)を深掘りした小説があれば教えてください!

4か月前

5b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa3920e4bda bbbf 4954 bccc b3d1529f62ea4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8D81b3ea6 da9a 46a7 a154 b3cccb67b4caB32c5f49 cbe0 40c0 b191 a7bcb64a3eae
教団X

世界に蠢く巨体権力の陰謀と宗教の結び付きを、新興宗教という異分子を通して浮き彫りにしようとした作品。それだけでなく、世にあるすべての穢れ、金、富、性、殺、といったものを詰め込んでいる。無理矢理詰め込んだのではなく、たぶんその凝縮体が宗教(人の精神的な拠り所)なんだろう。一市民としての心の向きがそこにないので、個人的な共感は最後までしづらかったけど。

5か月前

7d346ad4 273e 4e50 adaf f8e49e0d3b348ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c022a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4bFc63e30e b964 48e5 9f16 c61baab2fdacCf90a0ec 603a 44f6 af36 1550ee661b57Icon user placeholderF753ec1a 26bb 4036 a6ff 8b0a370c0cf2 114
殺戮にいたる病

入念に練られた叙述トリック。最後まで読んで、仕掛けを明かされた後に各所を読み返して唸る秀逸さ。これに尽きます。異常犯罪に時代の流行り廃りはないのだという、ある種の共通心理も垣間見える手口や犯人心理にもぞくりとする。

5か月前

0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a75ef2886 d3bc 4d56 93be c5436a914af4Icon user placeholderDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b039daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b9274855bb3e682 875e 4c67 a289 e0d19611d60a 65
ホテルローヤル

釧路湿原のラブホテルという舞台装置の、非日常性、閉鎖性、もの寂しさが、日常の抑うつ感が映える空間として、とても効果的。「星を見ていた」は、地方で暮らす者の悲哀、ささやかな享楽、一本道のような人生が示されているようで、印象的。

5か月前

Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e0021d4fd24 5544 4d9e 8717 5b812d38b618705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Dcfa85d7 63bc 49c4 9922 b2430a161c3419177ecf 19bc 4185 86cd 540af8ce8cfcIcon user placeholderIcon user placeholder 59
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

デパートの子供の売り場に、歴代のベストセラー絵本(はらぺこ青虫とか)とともに置いてあるのが新鮮。

5か月前

C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c09635003 e16f 4f47 99df 5ff0dc06352286f24592 7582 47c2 a40d 4e168633c3918de8bf8e 435d 45c1 9e9c a2a62585b705Db6aea15 fb3c 40f3 a43f 953741d438637e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a51Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40 10
毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代 今を読み解くキーワード集

暇なときにパラパラめくる類の本。やたらと一つの「創作ワード」でくくろうとしているのが、個人的には全体を安っぽい消費財的なコラムに見せている気がした。

5か月前

心が折れる職場

①業務上のコミュニケーションが十分でなければ、業務外のものはほぼ成立しない ②自然発生的な飲み会、それがなければ仕事以外の話や雑談ができる雰囲気づくりが大切 ③「叱る」と「認める」のどちらか一方のストロークしか発しない人の言葉は、心を素通りしていく ④仕事以外の趣味を持っている人は、承認欲求が満たされるという意味で強い

2か月前

Cb03afce 248d 465e 9655 aa926485f445F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Icon user placeholder58487e20 209f 4522 bfd6 8ec9e2bc5507
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

この方の本は、とにかく心に訴えかける信念を感じる。スクープや、自分の観察力を鼻にかける想いなど微塵も感じられない。ただただ、正義を貫く報道姿勢に感服させられる。こういう人が、突き詰めて突き詰めて真実をあぶり出すのだと納得させられる、執念のノンフィクション。最近の飯塚事件再審請求棄却を、複雑な思いでとらえました。

2か月前

75f82f86 0cea 4278 84ba 66969f01020eB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849004106a0 963a 4737 b4c8 ad87b7eb5f5f34e5be88 bfe9 4156 9130 0b9be3bf65aeE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf 32
殺人者はいかに誕生したか: 「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く

犯行に至るまでの心理形成に十分に触れずに量刑の妥当性を判断、判決するというのは、片手落ちどころか両手落ちに近い。弁護人すらそこに寄り添えない状況はなかなか救いがない。。 それにしても幼少期からの虐待の影響って半端ないな。。読んでて胸が締め付けられる、というか読むに耐えない。畠山鈴香被告の章が、一番複雑な想いを抱いた。

4か月前

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86C41119d5 641a 4faa 92e7 bf677218f36e95dbcbf4 f246 4160 9854 34b26b5603c984703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e319a148751 a588 4d32 9907 849680e6ec0e
ジャンプ

普通の人が、日常の出来事の延長線上で、ふっと消える。同著者の『身の上話』にも共通する展開。その「非日常」や「異空間」的な読中感にゾクリとする。リンゴやアブジンスキーといった象徴も登場するが、結局のところは身近な人間関係に起因する展開も良い。日常と非日常の境は脆くあっけないのに、そこで選ぶ道一つで、人の人生は大きく変わるのだ、と痛感させられる。

4か月前

9f15f256 6e0f 41a3 a651 bbcdbb195531656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a
身の上話

面白い!宝クジ当選に身も心も滅ぼされた人間の「どこにも心の落ち着き、終着点がない感じ」が見事に展開の中で示されている。宝クジ当選の異常性が、身の回りで起きる出来事の異質さで際立たされている。宝クジ当選は人生崩壊への序章なんじゃないかと思わされるほど。

5か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31107bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e09a422f2 9923 4b4c b36a 2c8b7a1e0881Icon user placeholderEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c235b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438 10
おじいちゃん、死んじゃったって。

身近な人の死って、そんなに神聖で深遠なものじゃない。欲望や人の本性が知れる、生々しい場なんだ。ということに気づかされる。

5か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69653faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e285c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0
それは経費で落とそう

テーマ自体はサラリーマンの日常と隣り合わせだが、一歩外れると途端に犯罪や家庭崩壊につながるようなことを、意識なくやってるかもしれないということに、ひやりとする一冊。語り口自体は軽いので読みやすい。

5か月前

舞台

明らかに過剰な葉太の自意識は、ある種のあるある感は得られるし、真っ向からは否定できない。父親への倒錯した愛情や幽霊的な現象にまみれる後半よりも、前半の自意識過剰男一代放浪記の方が素直に面白い。

5か月前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5E16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4D38c464d 4611 4a24 8823 8fea5cea382dEd6cbd54 f4b0 4bcc a6e9 354962baeb62 16
ボラード病

同調圧力の怖さというのが表立って見えてくるが、そこに奥行きを与えているのが恭子の母親。しばらく読んでても、彼女が恭子の敵が味方か分かりづらい。その感じが、この世界の「正常なもの」がかくも捻じ曲げられる展開に一役買っている。

5か月前

Icon user placeholder8e33a1cb 24f2 4105 af2b abb96e675033705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014
2040年全ビジネスモデル消滅

マクドナルドとディズニーのビジネスモデルを、これまで半世紀の日本の成長と人々の嗜好に重ね合わせて分析。そこから専門領域の不動産へビジネスモデルをリンクさせ、最終的には次なる四半世紀の日本の未来を語る、、という壮大な展開。 豊洲市場などのホットな話題に何でも乗っかって無理やり関連づけるところはうーんって感じだけど、全般には面白かった! ビジネスモデルというと堅苦しいけど、要は日本人の価値観の変遷の話。

約1年前

A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57Fec20a20 b4e7 4b2a a72e 227bcda13a01