A91cde78 7eb0 4b92 9753 32f604937345

Joe

Joe

Joe

29

コメントした本 ページ 2

みかづき

学習塾を物語の核として、理想と現実の間で葛藤する人達が描かれた小説。 登場人物のほとんどが、理想をもって、全力で生きている。 こんな風に、出し惜しみなく生ききることのできる人が、現実にはどれくらいいるのだろう。 そんな羨望を感じながら、夢中になって一気に読んだ。

2年前

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e933c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73710579d5c b625 4f9a a050 0f32739a50e7D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd293221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholderC83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da5 95
マルドゥック・スクランブル 文庫 全3巻 完結セット

続きが読みたくてワクワクする山場があり、おもしろい小説である。 中盤から、自己啓発本じみてくる。 勝つためには長期的に見て有利な位置に居続けることが重要である、ということに主人公が中盤のカジノでのブラックジャックの場面で気づき始め、終盤の決戦の場面でそれを実践する。 眼前の勝ちや負けに振り回されることなく、負けが続くときも、確率的に有利になると信じる行動を徹底して選択し続ける精神力を、 だがしかし主人公は持っている訳ではない。 主人公は、信じただけ。 信じた相手が、精神力とそれを支える知識と処理能力を持っていた。 将棋が強い人、企業経営ができる人ってきっと、耐えることと信じることができる人なんだろうと思った。

2年前

火花

文句無しに面白い本でした。 文章の上で繰り広げられる漫才そのものが面白くて何度も笑った。 ウーマンラッシュアワー村本大輔が、 最高月収340万だけど、10年やってきて、テレビに出だしたのがここ2年くらい。 その年月で割ったら月収8万程度。 もっと貰わないと割に合わない。 と自身のラジオ番組で語っていたが、まさにそれ。 夢を叶えるとは、そんなリスクを負ってまでやる価値があることなのだろうかという問いかけを感じた。

3年前

D5061594 40e8 4e46 859c 9c57e2e0b35e8523dc18 683d 4b81 9763 d4dee962c0d4884b1ebd e735 4bf4 92e0 55cb9c850d13Icon user placeholderIcon user placeholderAfd5b4aa d213 450a 9c55 d62aec357061E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd 480
ぼくらのふしだら(1)

よくできてる。 時を止める能力×主人公の人格 が完璧に噛み合っていて気持ちよく読める。

3年前

サラバ! 上

コインロッカーベイビーズに似た爽快な読後感でした。 物語を貫く大きなテーマは、 時間は化物 ということ。 自分はそれを、 影響力の大きさ、コントロールの効かなさ だと解釈した。 この本には共感できる点が非常に多く、 それはもっと幼いころにこれを読めていれば違った人生が送れたかもしれないと思わせる。 でも、自分のこれまでの時間と経験が共感を可能にしたのであり、 それなくして上の仮定は成り立たない。 そういう意味で、コントロールが効かず、かつ影響力の大きいのが、 時間という化物なのだと感じた。

3年前

Icon user placeholder3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcBe277678 29bc 4339 b384 e3078aea7925Icon user placeholder9ad0fddd fe30 4f7e 87ab d4d92d90b3a02a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b563ef63e a832 4a83 954f 5ff287f0c8f0 217
空飛ぶタイヤ(上)

中小企業の社長を主人公として、大企業の不正を暴く勧善懲悪のストーリー。 大企業とその社員が抱えるリスクと、それに伴う心労が他人事とは思えず、主人公側に感情移入しきれなかった。 しかし、中立の視点で読んだにも関わらず、終盤のカタルシスに心地よさを感じた。 大企業の失墜ではなく、野心家個人の失脚に慰められたのだと思う。 自分が平凡な大衆の一人だから、その現実を肯定されるような気がするのだろう。

2年前

3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c4192c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b1433d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902A01023b7 f778 4ab2 95aa 71e288307c45Ccdfc241 2557 4f44 861a 586c3e0d4ce8Bf4974c3 423b 4aa2 b293 5cc514f55426 62
壬生義士伝 上

タイトルからの想像に反して、新選組について書かれた小説ではない。 新選組の話がほとんどを占めているのに、読後感は吉田貫一郎個人にフォーカスしている不思議。 新選組を切り口にして、人間の本質を断面図にしてみせた小説だと思った。 地に足の着いている、歯車の噛み合った良書でした。

約3年前

4e99f068 ef0a 4b16 a58d 12701ddf81416be7f378 a7ec 4e71 be70 03424c7f6a5cIcon user placeholderIcon user placeholder41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d9Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 25
ニューカルマ

ネットワークビジネスと一般的な営業職との間にある差は、すごく小さいのではないかと考えさせられた。 清濁がごちゃごちゃになる読後感が心地よい本です。

3年前

65e6d28d eb72 4528 8374 ee308b2abc74983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f49c5e4fad 3236 4ac2 850f 0211209769649ffb32c1 66ed 447f 8396 850561f24677
葉桜の季節に君を想うということ

どんでん返し系エンタメ

3年前

6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d064a3d27f9 e21b 4dde 8312 996465320dbfE8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988aD9da2e68 8dc7 4e25 914d f7c27fb93e0eA4d3baf5 2021 4dee 9117 00ea6ca7b08bAfd5b4aa d213 450a 9c55 d62aec357061222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d3 228