Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
7fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd065902

kantaroh

ブルーにこんがらがって

ブルーにこんがらがって

49

コメントした本

審判

不条理にこんがらがって

20日前

ヒトはなぜペットを食べないか

Q.なんでも食べる雑食の人間が、どうしてペットは食べないのだろうか? A.そもそもペットと家畜は違うからです。いやいや奥さん、違うんだなこれが。 刺激的なタイトルと文化人類学的な視点からある種のタブーを解き明かす一冊。

2か月前

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deDbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321
ダンゴムシに心はあるのか

タイトルがいい。 内容もいい。 スピリチュアルな感じじゃなくて、心をしっかりと定義して、実験で心に迫っているのもいい。 理系じゃないけど、おもしろかった。

3か月前

Acdcaad8 b0a4 449b 881e 05ead5e4cec067eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8aFf847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a6c25fb48 5985 4e7a b42a 610a3bab1fb3F1a7bbb7 57aa 410b 8a60 2005c4834348Bd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af09e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6dd 22
エクリチュールの零度

バルトさん、もう少しお手柔らかにお願いします。

5か月前

海の沈黙 星への歩み

声高に何かを叫ぶことよりも沈黙はずっと雄弁なのかも... 抵抗文学とか関係なく、1つの物語としていい作品だと思う。

5か月前

ふしぎな図書館

食事のメニューが村上春樹っぽい。 とりあえず、砂糖がいっぱいまぶされたドーナツが食べたい。

8か月前

978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cdB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e635965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b7a870942 a833 46d3 992a b47a2de2945fC410431f b0e7 40be b367 cad2cd2ea374
乱読のセレンディピティ

思いがけないことを発見するにはカチコチ頭じゃあダメ、絶対。

12か月前

旅路の果て (白水Uブックス (62))

「ある意味で、ぼく、ジェイコブ・ホーナーだ」 洒落た冒頭から、哲学的な会話が飛び交う三角関係の話に発展するとは。

約1年前

わすれなぐさ

文体が好み。太宰の「女生徒」が好きな人にはおすすめ。

約1年前

8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa46c5972c ad46 40fe 91ec d3e6398dc76e
オイディプス王 (岩波文庫)

運命の悪戯は残酷で、人々を魅了する。 ギリシャ人はすごいなぁ

1年前

Ad6ad3bc eb90 4eed 93a4 c45ef6fbe213A3d36cec b86d 463d bf25 c4861f2b4921906e5296 5179 4ddd aba7 2d1452f63cdf
城

主人公"K"の行動が全て徒労に終わり、600ページを越えながらも何も発展しない物語を読み終えた読者は、共に永遠に"城"へは辿り着けない。 読後に味わう感覚がある種の不条理なのかも。

28日前

Decb3530 dca2 4b25 8442 42032994de3c3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf39eaf497 9d67 44fe aa5c 53fae6e25338Ab073186 6d27 4f74 ac15 d12707379f503a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
シーシュポスの神話

不条理は、生を照らし出す概念なのかも。やっぱ、カミュはええな。

3か月前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5C6056539 970b 4a83 b6b7 0c4a615f038e69d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182b0d56cc55 ec13 4639 aa54 4f154fe0e5eb64d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce34b01ad38 63a6 41b5 bf13 9f73e04537aaB67c5f53 9238 443f 9a8b ff15a4504ddc 8
五千回の生死

絶妙なタイミングでそれぞれの物語が終わりを迎えることで、なんとも言えない奥行きのある短編集に仕上がっていると思う。 なかでもトマトの話が印象的。

4か月前

9437c007 975d 417c abab 9115cb6284147f4fb7d3 69a7 4db5 9cc8 d8e4d76f5b0a31ffefd4 50ba 46dd bfe7 15ae73f5bc3a82d317db 536e 490a 9a61 5a2a13affd1c
日常(1)<日常>

今更ながら、日常。 おもしろい。

5か月前

534a5f14 8b2e 4dcb a72e 9ca54b95ecc647354dbe d638 421c b60b ccc0b9017ea0B7f47ac7 02dd 48b9 b84e 9a5d4d09ac45
映画と本の意外な関係!

何気ない映画のワンシーンに写る本が、その映画の本質を伝えていることがあるらしい。 映画を見る楽しみが一つ増える本。

6か月前

C8ab4ca0 717e 41de af3d e958590083732a0f3152 dbab 4ff7 91d9 3bc89c9017d0E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b104ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f778d11b03 4372 4070 b3a0 f36ef6ff662b 21
ペドロ・パラモ

あれ、いつから死んでたの?あなたは死んでるの、生きてるの?過去の断片が重なり合う中で、死者の物語が始まる。

11か月前

Maman putain6 normal4149cefe 9836 4763 8db8 744096c01942Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d9737567cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
赤と黒

レナール夫人より断然マチルド派

約1年前

835fa5fe 09fa 49fb 8cab f52ee684e1e5C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e49dc594a2 5123 4faf 973a e2c3338e17cf565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2
夏への扉

猫好きは最後には報われる。夏へと通じる扉を探すピートと中年男性の物語。

約1年前

2e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a45804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9abB2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7Cfa6cdb2 66fa 4beb b02d 6667e25c0f86Cb2d1c51 6421 457f 85e6 4fd1b3bf88b4F0b408f0 d16a 41b6 b8ce 72248095783aE47ba910 26e7 49de b875 f6e3646efb05 69
愛の妖精

最近で1番のヒット。 異邦人が好きな人は比較すると面白いと思う。

1年前

シルトの岸辺

読後に余韻ではなく、何かが起こる予感を残す不思議な小説。

1年前