F9f57831 4934 47f1 aab9 89502073ed8d

yukarix

Love animals,

Love animals, photography and travel. Located in Tokyo.

22

コメントした本

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

私たちは何をのぞみたいのか? この疑問に応えられない、あるいは対話を行わない限り、人間はその欲望にどこまでもひきずられるのだろうか?この本が実際に書かれているのは2011年。そしてトーマス セドラチェクが「善と悪の経済学」を出版したのも同じ年。その翌年がピケティのあの資本論。アカデミズムの場から始まった警告は偶然ではないのかもしれない。

2年前

Icon user placeholder5e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b7Icon user placeholderD712c206 78c0 44ff af6c 84b3d20b4d8fEe621c02 f1ea 4d7b b6fe 5995342c33846049f0b2 69fa 4275 a0ae 60d45f7ae0a8C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46 86
Come & Go

2016年9月10日から10月7日まで浜松市美術館で開催の若木信吾写真展。デビュー20周年を記念し100点あまりのポートレートを中心にした作品を見ることができる。 2015年から始めたという写真家のポートレートシリーズは興味深い。20年を通して彼の作品の不変的の部分を垣間見ることができる。作品集にはインタビューも掲載されている。

約3年前

魂の退社―会社を辞めるということ。

なりたい自分は、自分で作ればいいのだ。会社と個人の関係を稲垣さん自らの経験に照らし合せて書いてあるが、シンプルな視点ゆえに面白い。彼女の、自分の体験知だけをベースに書かれたエッセイは面白い。そして痛快だ。読後に爽やかな気分に。「私もできる」って。一番最後の言葉がいい。彼女のことが好きになった。

約3年前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6565e62987e c886 487d 91ca 2aca587e5c79F59ad2c2 2e65 4ea7 85a6 42fbee102bdc16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e9a43c211 c437 4d97 8c66 92556431534c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 27
羊と鋼の森

本屋大賞受賞作ということで早速読んでみました。静謐な世界観の中で、物語はゆっくりと過ぎていく。丁寧な言葉、描写、人物設計が素敵。この作者の本はこれが初めてでしたが、他の作品も読んでみたくなります。

3年前

6de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca44247Icon user placeholder58c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4ccIcon user placeholder66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c2c4afdab bda8 4b97 ab70 f11d171b64d1D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9 321
美術手帖 2016年5月号

もちろん、こちらも予習用にゲット。画年譜が使えそうです。 p102の若冲現代史は興味深い。

3年前

最後の忠臣蔵

週末にNHKで再放送らしきドラマを偶然に見て、原作があることに気づき購入。日本人の文化的コンテクストの一部は此処にあるのだろうか?最後の生き証人として討ち入りから17年あまりの時間。まさに、behind the scene。一気読み確約です!

3年前

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eDc01db02 2a02 4303 9158 b5cf10b4d0ea
サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠

先月の朝日新聞beで紹介されていた彼女の記事を読んで購入。文化人類学の視点で分析された企業の成功と失敗の事例。文化人類学という新しい視点が新鮮でした。この学問自体に最も興味を覚えました。

3年前

月の夜は暗く

オーストリアのミステリー作家、アンドレアス・グルーバー。これもまた秀逸なミステリー。前作同様、ユニークな捜査コンビ。そして恐ろしい童話を元にした連続殺人事件。花粉症で眠れない夜にぜひ!この作家さん、日本でももっと売れてくるのでは?!

3年前

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd020481018511618 542e 424f a9c0 020484758922
ガラパゴス 上

日本の労働市場の恐ろしい構図。ある殺人事件をきっかけに、その構図が暴かれていきます。

3年前

8a6e511f 9fd6 4d89 9d6a 5df5c6bff6b108634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cBe0069f7 ce86 43a9 a757 5ffc8d686da118511618 542e 424f a9c0 020484758922
夏を殺す少女

面白いサスペンス小説に欠かせない2つの要素。魅力的な主人公、そして「不穏な空気」。最初の10ページくらいから、これを満喫できます。そしてこの不穏さが、ノンストップリーディングへと。まだ寒い初春にお家で読書に持ってこいの作品。

3年前

テロ

法律とは?そして人の命の重さに違いがあるのか?究極の問いに、司法は?! シーラッハの作品は毎回、新たな試みがとられていますが、今回は戯曲のような構成に。その分、究極の問いが人の思考をより露わに。 巻末に、追記されている筆者にスピーチも素晴らしい。

約3年前

1d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aaF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11338e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
ジニのパズル

私はいつから目の前の不条理に目をつむるようになったんだろう?誰もがかつてはジニだったはず。これを青春小説として片付けてはいけないだろう。 落ちてくる空を受け止めながら、そして戦うのかもしれない。個人的に、2016年度の読書した作品内top10 入り確実です!

約3年前

3c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b858399430a7c5 610a 4570 8889 f296472a9b5fIcon user placeholder705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5274d0f00 f0bd 4f0e 9360 ebd4cdb8d7beBe3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de28174e86 c8e7 4733 a2dc a2e2ed635dec 12
ゴールドフィンチ 3

現代のディケンズとはよく言ったもの。全世界ですでに300万部!全て、本の帯に書いてあったこと。1巻からあっという間の一気読み。どなたか、次の巻の発売日教えてください!!全てが出揃ってから読むべきだったかも? オトナの夏休みの読書に。

約3年前

小松とうさちゃん

久しぶりに絲山さんの本を読む。個人的に大好きな作家の作品をゆっくりと自宅で読むのは最高の贅沢だ。おっさん&少し若い男性と妙齢の怪しい仕事をする女性の小さな物語。一緒に入っているもう一つの掌編「ネクトンについれ考えても意味がない」も面白い。

3年前

Icon user placeholderCd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b2585
芸術新潮 2016年 05 月号

NHK特集、そして芸術新潮で予習。GWは、カラッバッジョ&若冲で上野詣で!

3年前

忘れられた巨人

この壮大な物語を語れる言葉を私は持ち得ていない。作品のテーマは重層的で、この物語そのものをジャンル分けすることを拒んでいるように思える。そして、いくつかの会話に心を鷲掴みにされて涙する。理解し切れていにことも、感じただけのこともすべてを包み込んでくれる読後感。これから私は、この本を何度も広げるだろう。

3年前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6560970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a728e27e6 ab0c 4e98 bde1 a064ea5f8b929886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a96905c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder 74
家族と。友人と。みんなで集まる日のごはん

このレシピ本の中の「鶏のナンプラー風味焼き」を友人宅で頂き、大感動。この本を紹介頂きました。早速、購入。パーティ向けに最適なメニューがたくさん。コースでの紹介なので、メニュー作りに便利!オシャレな料理ばかりです。

3年前

ガラパゴス 下

ここで描かれていることは殺人事件を除いてはほぼノンフィクションなのではないだろうか?大きな社会問題を小説のカタチで描かれるこちでこの問題についての広範にわたるシンパシーを得ていると思う。

3年前

8a6e511f 9fd6 4d89 9d6a 5df5c6bff6b118511618 542e 424f a9c0 020484758922
せかいいちのねこ

ホンモノの猫になりたいぬいぐるみのニャンコ。そして彼のペットのアニマロの小さな冒険。猫好きの間(?)では有名なヒグチユウコさんの可愛らしい絵本。癒されたいときにぜひ!#タイトルに猫が入っている本コレクション#猫 #本

3年前

Icon user placeholder9d6eae37 7d51 46e5 ad0d 74b595ee4726A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd25687d04c445 4e45 42c5 aa43 4daa7e14e923Eaa215ca b956 44fa 9c29 519a1737eba69d1ce7e2 401b 46f6 9fff 16c7db8afbb4 24
芸術新潮 2016年 03 月号

このタイトルで初めて知った、やんちゃなカラバッジョ。改めて、勉強。3/1より国立西洋美術館での日本での15年ぶりの展覧会に 期待!!

3年前