A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大好き

ファンタジーとハッピーエンドが大好き。雑食読みです。since 2016.3.5

509

コメントした本

花仙国伝 後宮の睡蓮と月の剣

今後が気になる、いい終わり方でした。 那珂ちゃんの今後は個人的に気になります。

7日前

魔導の黎明

著者が巻末に書いたように、登場人物は欠点だらけで、欠点というか致命的な何かを背負っていたりするけれど、そういうものを一切持たない人間がいるだろうか? タイプの違う登場人物たちのそれぞれの悩みに共鳴し、疑問を呈し、呆れながら「私にもこういうところあるな」と思わされる。そこがこの物語の魅力なんだろう。 レオンが禁術の只中で感じた世界が、この物語の全てであるように感じた。

9日前

火の鳥6 望郷編

テーマが宇宙だから地球という故郷が主題だけど、これをもっと狭く、日本だったり、実家のある地方だったり…と自分の身近な対象に考えを馳せることができるわけです。途方もなく大きな大きな例え話が、急に現実味を帯びてきて、命だけではない別の命題が見えてくるのが、この望郷編。

23日前

はたらく細胞(1)

血液って面白いなぁーと漠然と思い始める第1話。読み進めると、カラダってよくできてるなぁ!!になってくる。 インフルエンザBとAで強さが違うのが、わかりやすいし面白いし。スギ花粉も。

23日前

03487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209f3bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef964Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e99807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef446da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed66603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Icon user placeholder 31
喜連川の風 明星ノ巻(一)

いつのまにか主人公の子ども清助が大きくなって。主人公も後添えをもらっていたし。あれから少し時間が経ってからの喜連川です。 江戸屋敷が火事になったりしますが一番は清助の成長が喜ばしいお話でした。

27日前

身体能力を高める「和の所作」

「体」についてたくさんのアプローチがされている現代、つまりそれは、「体を使う」ことが下手くそだということの裏返しのように感じる。 室町時代から現代に続く体系化された所作からも、沢山のことが学べる。 薄めの本だが、中身は濃い。

約1か月前

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be7393fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b
見習い鑑定士の決意と旅立ち京都寺町三条のホームズ(10)

ついに葵ちゃんがハタチ。 いやぁ…ホームズよ…その旅行をプレゼントしたか…って感じでした。まさかそれかー! 今までの展開は裏切らない展開でした。 間に挟まれるのは、ちょこっとした謎。あと香織ちゃんの恋の顛末。 やっぱりチョロっと出てくる円生。に、ホームズが余裕しゃくしゃく…!大変化!

約1か月前

天使たちの課外活動6-テオの秘密のレストラン

お待ちしていました続編!!! 数…はあんまりない茅田氏のシリーズで唯一読み続けている金銀黒の天使たちのシリーズ。 今回の主役はテオ。片田舎の料理人。と見せかけて、実際はその奥方アンヌが主人公。全編通じて彼女の器の大きさが描かれる。 茅田氏の描く女性たちは強くしなやかでちょっと頑固が多い。アンヌもその一人だし、飛び抜けて有能。ほとんど出て来ないのに、惚れ込みたくなる。今回のお話も、アンヌを好きになっちゃうお話だった。

約1か月前

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 嘆きの人形

まだ一心さんが生きておられる頃の短編。 八雲、晴香、後藤、一心の四人旅、山梨編。もちろん幽霊事件3本着き。 個人的読みどころは、晴香ちゃんがビジネスホテルで出くわした幽霊事件です。いい加減にくっついちゃえよーーとヤキモキしている人たち(私含む)は、ちょっと嬉しい出来事が。

約2か月前

7bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c01525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad48e9380e8 3af9 4eaf 9330 169cd7673a2f
綺羅の皇女(1)

作者さんのお名前、昔どこかで…と思ったらホワイトハート出身でしたか。 最初はちょっとトロっこい姫のお話だなーと思ったら、思いのほか行動的で。異国から自力(?)で帰ってくるとは思いませんでした。 次回婚約破棄されそうな異国の王様がどう出るだろうか… 冷たすぎるパパママの、特にママが冷たい理由がえぐい。そのまでするかー… 今後対立を深めるのか。パパはどう出るのか。

約2か月前

過ぎ去りし王国の城

最後の方の50ページくらいを読みながら「これ、あとちょっとで全部片付くの?下巻あったっけ?!」と思う密度で、一気に進んでいきました。 最後に描かれるほんの少しの変化は、あまり描かれなかったラストシーンの城田にもほんの少しの変化をもたらしたんだろうか。

9日前

Icon user placeholder3907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cA3ee524c 8c2a 43ec ac8e 647418b20896Lbb1pwey normal9807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd8 21
夢の叶え方を知っていますか?

夢とは?という定義から入る。「夢」の意味が広すぎるのだ。まず、何についてどう書くか、を明確にしてから、話が進んで行く。 「夢」を叶える途上の友人、「夢」を叶えて、さらにその先を目指している友人を思うと、「ああ、そうだよな。そういうことだよな」と得心する。 「夢」の意味は広すぎる。漠々として掴むどころがなく、そもそもどうやって捕まえるのか(捕まえるものではないけれど)難しい。 ただ、「夢」のその先を目指している人たちは格好いいと感じる。 そんなことをツラツラ考えながら読んだ。

13日前

Cd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6Icon user placeholderFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c002E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad0afc5c62 11c6 40c9 9ca9 cbcb848a43c07542ec7a 68f4 49d5 bd73 929a21e4d51d32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66 9
火の鳥5 復活・羽衣編

命とは?ロボットと人間の違いとは?人はどこまでが人なのか?に力強く切り込んだ復活編。 ロボット3原則の持つジレンマも、ロビタという存在を使って投げかけてくる。彼の存在は、同じ手塚作品の心を持つロボット、アトムの存在とリンクし、思考の輪を広げさせられる。 最後に登場する猿田を見て、全ては未来編と同じ世界で起きていることだと知らされる。猿田は鳳凰編の我王の子孫。巡り巡る世界の深みは、これらの問いが私たちの生きる世界にも投げかけられている問いなのだと気付かされる。 深い深いこの物語が次はどこで繋がるのか、ということも楽しみ。

23日前

デカルコマニア

読み飛ばしがちな章の名前をちゃんと頭に入れて読まないと、ときどき年代が飛ぶので要注意。 家系図が欲しくなるけど、絶対載せちゃいけない本って、たぶん初めて読んだと思う。 この人…既出?っていう既視感(既読感)を感じつつ読み進めていると、「ああ、あのときの!」ってなる。 ちょっと不思議なタイムトラベルだった。

25日前

Cbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf107bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e115fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
文豪Aの時代錯誤な推理

最後に一気に…というか一堂に揃うというか…は斬新!と思いました。ちゃんと読んでいないとカオスですが。 作者の芥川愛が微妙に折れ曲がった感じに昇華しきれていませんよーというようなあとがきに好感。

27日前

Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8
時をかける眼鏡 兄弟と運命の杯

マーキスに帰ってきたアスマとクリストファー。 久しぶりに出てきた王様と弟宰相のコンビが、前よりぐっと仲良しになったような感じがする。 案外柔軟な考えの持ち主の王様と、思いのほか保守的な(だからこその常識人。)な弟宰相は、時々ぶつかりもするけど、前のように危うさを感じないからかも。 いつか弟宰相がお兄ちゃんに甘えられる日が来るといいなぁ。

約1か月前

うちの執事が言うことには (2)

今回は鳳と衣更月出会いが書かれていて、個人的に鳳さんのウルトラスーパー超人執事ぶりに惚れた本になった。

約1か月前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac39a72946 663f 46a7 9f82 d3ca1ec2e87dDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319
心霊探偵八雲10 魂の道標

待ちに待った続編。ラストに向けて動き出した感じが。 今回の晴香ちゃんの頑張りは素晴らしかった。八雲もちょっと大人になったし。いい加減二人そろそろ一歩進んでもいいと思うんです。 あと、七瀬。七瀬も一人で不幸を背負いこんでるようになってきちゃって、周りはなんとなく幸せになりつつあるし、七瀬にも悪くはないエンドが来るといいのですが。 やっと出たー!と思ってからまたしばらく出ていないので、のんびり続きを待っています。

約2か月前

Icon user placeholderFa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb7020796fe 6c70 4fe3 8ec9 f191ec71fd6d0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7C450c646 9a6a 4fb4 91f8 934be24a34d554401799 1f11 4d4d a3be 6f3e5a1a1d021525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 8
華仙公主夜話 その麗人、後宮の闇を討つ

癖のあるキャラクターばかり。謎が多いキャラクターばかりで、少しずつ明かされていくけれど核心には至らない…という匙加減が絶妙。

約2か月前

宮廷神官物語 三

3冊目に入って、天青はたぶん何か大事なことを 学んだんだと思う。自分よりも貧しい人たちがいること、国の仕組み、なにより自分が守られ愛されていることを実感したりして。 鶏冠は少しずつ丸くなっていると思う。天青というやんちゃ坊主がかどわかされたり、かどわかされた先で案外元気にやってたりして、全然気が休まらないんだろうけど、天青と関わることで随分角が取れたんだと思う。過去が少しずつ見えてきて、今後が気になる。 曹鉄は今回表紙!曹鉄の過去も少し垣間見えたりして、実はけっこういい身分出身でしたね。そういえば最初全然鶏冠に心を許さなかったのに、気づいたらピンチのときに援護して助けるようになるんだから、曹鉄も変わったんだなーと思う。 いくつかの宮廷の闇が見えてきた。次回もどうなることやら。

約2か月前