40e5e368 ed94 4997 ba25 b905ae7c90ed

y_noz

27

コメントした本

十角館の殺人 <新装改訂版>

読んでる最中かるーくネタバレされたの、いやいやまさかなガハハハという感じでした

1年前

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dccEa5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1e271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a71566b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aCfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61Icon user placeholderE7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa 130
信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~(1)

コミカライズのようだけど、嗜虐描写が凄い。歴史漫画流行ってて作品毎に人物造形バラバラで楽しい

1年前

Icon user placeholder1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df015e526f83 00b4 4f3a babe 15fa0fe8a4696fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec28Picture78567457 39fb 407c a866 23a016ddc212 8
弱いつながり 検索ワードを探す旅

入門書。安いし読みやすい。観光客という主体に関しては、こちらの方を参照必須。既存の価値観に捉われない疎外から回復された人間像、ここまでは交通に着目した柄谷行人と同様。しかし、それを旅人と呼び、場にも根ざして生きるというのが柄谷行人から先へと進もうとする東浩紀の決定的な思想。 ともに外国を旅する家族が、その示唆を与えたのは明白だろう。

1年前

1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664014253d4 6080 4951 9119 24735184a696D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0Icon user placeholderIcon user placeholder4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b251d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc16827 13
惰性67パーセント 3

一押しのちょっとえっちな漫画

1年前

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

僕は画家ですから顔がなくても肖像画くらい書けますよ! 記憶に障害がある人(達)の回想録。 カフカ以降読んでなかったので久しぶりの村上春樹だったが、巻き込まれ型の主人公像が少し変わり、主体性みたいな何かが描かれていた。あと一人称の私、これは翻訳がしやすそう。僕はモテないと言いながらモテまくるのは相変わらず。

1年前

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bF88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3Icon user placeholder39066682 b36d 4b57 b86d dfb07ffc2ec1Icon user placeholder677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd619044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a 112
ゲンロン0 観光客の哲学

現代社会の整理、否定神学的マルチチュード、すなわちチープで一過性の動員。これを刷新するための郵便的マルチチュードという概念の立ち上げ、その主体たる観光客を支える倫理としての家族、不気味なもの、そしてドストエフスキー。 革新的な思想というには早計ではあるが、真面目な政治の外部にテロリズムがあり、それは不真面目なものであるから政治では対応出来ない。 政治は真面目と不真面目を分割するが、文学はその分割を必要としない。 それが終章への韻律と、行間に感情を埋め込む筆跡、そして象徴的な締めくくりを迎え、理路整然とした整理から零れ落ちる感情へと人を移行させる。

1年前

B4ccfc2f 6ef8 4ddd b7b1 022f704e7441D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de5607e1db b8f8 4ab1 972b 23a1b09ea0f5Da0fc94d cab2 456e 95d5 cf0e660535d874912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Icon user placeholder 24
古市くん、社会学を学び直しなさい!!

従来、学者という職業は馬鹿とバレてしまったら終わりなので仰々しくトートロジーを並べたり、自分の意見を述べずに相手を鼻で笑ったりするものだが、この学際的なテーマを古市憲寿のキャラクターが可能にした一冊。ザックリと低価格で12人の社会学者の主張が読める、コンビニ本。

1年前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fFec20a20 b4e7 4b2a a72e 227bcda13a013fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bE1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8 13
芥川賞の偏差値

ちょいちょい石原千秋が出てきておもろい

1年前

ゴールデンカムイ 10

アイヌ文化と歴史物と、オリジナルの要素の絶妙なバランス。これがあるからギャグもちゃんと面白い

1年前

19ef990e 8142 47e3 b2af cba2920c8c2aB9dfb243 6d9b 4040 b316 a4949b6c4fef04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca
しんせかい

最終頁で文学然とした作品に塗り替える力技。語りの距離、焦点化はお見事だが、意図せずやってるようにも感じる、それならなおさら凄いが。

1年前

Icon user placeholderE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eIcon user placeholder0ad8fb81 059a 40f6 8443 8239cc1cdd66C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74E0ad993d 295b 4d2b b936 cc56c26edbe2 22
勉強の哲学 来たるべきバカのために

僕もともとノレない人なんで、分かる分かるーといった感じで詰まらんかったです。コードを共有できない環境に身を置き、共有しようとする為にはメタ的な視点が必須なので、そのような物理的な環境に身を置けば、最も単純かつ原始的な実践方法を取れるかと

1年前

9edb0d17 e28f 4a2c a2c6 de6a205dc8c9Cd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e8189ef2222d 5692 4729 b00d 1c6de97ab302Icon user placeholderIcon user placeholderBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdB3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e 64
恋と罰 下

ダメだった!なんでダメなのか言えないあたりが凄い。表現は面白い。最後の展開が、スピード感を失わぬよう丁寧に描写はされてはいふけど、えーって感じ。なんだろなあ

1年前

すこしふしぎな小松さん

東浩紀出てきた笑った

1年前

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

顔のない男の肖像画なんて書けないっすよ

1年前

Dfbcf90a 5413 416e b42c 21320b662da6427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bF88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d339066682 b36d 4b57 b86d dfb07ffc2ec1Icon user placeholderAa8adbfc 9571 4e08 9230 812bd0b246fb19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a 141
ヤンキーショタとオタクおねえさん(1)

一周回って良い。女性のオタクは本当に控えめに女オタクをデフォルメするよね、腐女子転生もそうだけど 男オタクはオタクである事を伏してたりするから、その辺おもろい。初期のげんしけんは除く

1年前

文章読本X

読本類型としてはあまり、エッセイとして読めば良書。こんな本書くだけあって文章の切り口が良い

1年前

東京喰種トーキョーグール:re 10

相変わらずキャラを覚えられない。君のいない世界のスピードに僕はついていけないよ

1年前

ニッポンの思想

プロローグの6ページ目に突如登場する「東浩紀もの」(厳密に言えば5ページ目のゼロアカが東浩紀を暗示しているが)から、 ニューアカ、蓮實と柄谷、福田/大塚/宮台、途中に村上隆や大塚英志を挟みながらその全てがゼロ年代一人勝ちの東浩紀に繋がるという佐々木敦の東浩紀好き好き本。「東浩紀もの」の言説を追うにはよいし、視点設定はとても面白いけど、日本の思想史なら仲正昌樹の方が良い。 終章、「東浩紀はメタのふりをしたネタのふりをしたベタ」という指摘、いい歳したオタクを拗らせたオッさんがマジになって社会を語るナイーヴな振る舞いは、『存在論的、郵便的』で指摘したパフォーマンスに自然と接続される。

1年前

B391f39b 6ee2 4d37 b63b dd7aa097547c80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f6937cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44B1e1383c 105e 4290 933a db9c358d12c3
文学部唯野教授

文芸理論入門編としても、大学機構コメディとしても柔らかで面白い

1年前

Cd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e818871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041eIcon user placeholder1a1c36e4 deeb 48ba bdb7 f9b670c2d04d705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec15355dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f 11