2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくならば

読んだなら、書こう、なるべくならば

43

コメントした本

ハイキュー!! 31

熱戦は続く。前巻の田中と言い、今巻の北、西谷と木下と言い、中年男たる僕の目の下を何度涙で赤く染めるのか。刻まれる言葉、行動。それらは今日今からの僕の活力となる。 読んでほしい。まだ若いと呼ばれる人達に子達にぜひ読んでほしい。そして、願わくば手元に残し、すぐ読み返せる場所に置いておいてほしい。必要とかではないかもしれない、けど、この漫画にはとてもとても大切なことがたくさんたくさん描かれている。

7日前

Icon user placeholder4e509a26 9d20 4906 8bd3 d1be27424af4
光

暴き出す、隠す、光。そして、島と海。女と男。 映画化された記事と音楽 ジェフ・ミルズ⁉︎の文字に俄然、興味が沸き、買い求め、読み始めたのだった。 だからか、かの四つ打ちの重低音が規則的に鳴り続けるかの如くページを進め、進む。好きではないが嫌いにもなれない登場人物達。やがて、彼らの到達する地点は想像に易いと言えば易い。 とは言え、何かスゴイものを読んだ。そんな気にもなった。 原作を読むと映画はいいや、となりがちなのだが、これは映画も観てみたい。

約2か月前

B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec553806746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa607bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eE8c8db05 e1e5 4fc0 a998 90340f167cb080111638 be34 4d57 94d5 59f57824a6c3Cfed8d5e a2cb 4fd7 8b2d deccb701329999abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd603 28
忘れられた巨人

記憶と忘却。記憶も忘却も私、貴方、彼、彼女による日常の営みであり、その記憶、各々の主観により様々に変容するそれら記憶は「事実」を「史実」に変える。 アーサー王という実在、不在が未だ解き明かされてはいない伝説の人物が亡くなってしばしの物語。 この物語、歴史の主観は誰のものなのか。語り部は?アクセル、ベアトリス、ガウェイン、ウィスタン、エドウィン、常に三人称の登場人物。最後の最後、唐突に現れる一人称。その存在。その役割。 示唆的な登場人物達と彼らの会話、行動は一読だけでは読み取れない意味が散りばめられている。いつかの再読必須。読み終えた誰かと語り合いたくなる一冊。

6か月前

Icon user placeholderF88eefad 0ce8 432b a8ab f28f102a9a5cEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f2f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d45Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104acPicture7d0aadd2 a95e 4663 a46e 3453c4b3402a 21
からくりサーカス 1

さあ、始まる。長い、長い冒険譚。遂に文庫化。 幾度も心を震わせ、そして奮わされてきたあの記憶。鳴海、勝、しろがね、そして数多くの光も影も濃く際立つ登場人物と人形たち。 歳を重ね、白髪も増えた。だけど、僕はきっと涙だって流し、そして、たくさん笑うことだろう。 既に次巻が待ち遠しい。

11か月前

トーベ・ヤンソン・コレクション 2 誠実な詐欺師

もう早、春に近しい今であるが、冬に読む本として毎年とは言わずとも繰り返しこの本を冬に僕は読む。 トーベ・ヤンソンは「ムーミン谷」シリーズで広く知られた作家だが、過去、放映されたアニメと巷にあふれるグッズによりどこか誤解されていることが多い気が僕にはする。彼女は画家であると同時に小説家である。 「ムーミン谷」シリーズはもちろん素晴らしい。が、このトーベ・ヤンソンコレクションシリーズを僕は推したい。 そしてその中でも特にこの『誠実な詐欺師』は怖ろしくも秀逸な一作だ。 カトリとアンナ、マッツと名もなき犬、彼らが過ごした一冬の共同生活。その中で起こる各々の変化は劇的であり、何とも心を乱される。が、同時に、それらは冬の深い雪に音を吸われたかのように、静かであり、乱された心を冷やし均す。 また、いつかの冬、この本を僕は読むだろう。

約1年前

ジョージア・オキーフとふたつの家 ゴーストランチとアビキュー

ジョージア・オキーフとふたつの家。ゴーストランチの家とアビキューの家。それらは心身共に疲弊し、ついには病んでしまった彼女が移り住んだニューメキシコのたおやかな山々と砂漠、苛烈に変化する季節に囲まれた原地独特の壁と扉、そして、美しくも堅固な梁に支えられた屋根によって象られる。何とも素朴でありながら目を惹く外観。それは、そこに住まい作品を生み出す彼女。ジョージア・オキーフそのものに近しい。彼女は家の壁に大きく開かれた窓から、はしごをかけた天井から山々を、川を、空を、砂漠を、道を眺め、見出し、描き続ける。 オキーフとその作品について詳しく述べられるほど彼女のことを知ってはいないが、彼女の描く色数の絞られた抽象的な風景画、特に扉のシリーズにはとても惹かれていた。 本書にはそれら作品群の原風景となる写真と作品が並び掲載されており、思わず長く見入ってしまう。 端正に整えられた室内写真も数多く収録されており、建築写真好き、アーティストの部屋、現場好き?にも一見の価値あり。

約1年前

なつみはなんにでもなれる

年末を終え、年始を迎え、足元があやふやなほろ酔い加減で立ち寄った書店で目に留まり、手に取ったこの本。 …完敗です。なつみちゃん。 あさり、にはもうおじさん完敗どころか、乾杯である。

1年前

63c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb971acd02 98d2 46cf a93e 2e11117ac857737210f9 0f43 426e 9497 82fb63ee23565baa8896 7f5c 441d bfc6 8317265863d9E96f249f 3f90 43f3 afd5 f5e689a6136495ba87f2 a891 4a31 988d a61f5c9f9ef13880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8 27
首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎は、誰かと話したく、語りたくなる小説を書く。 解説にもあるが、つながり、と、断絶にいつもながらほんろうされる。途切れるからこそ、つながりに目が向けられ、そして、そのつながりに、断絶によって生まれる謎めいた事ごとに様々な推測がよび起こさせられる。 首折り男と呼ばれる大藪と彼と容姿はそっくりなれど、性格はまるで違う小笠原。そして、時空のねじれの話。ああ、話したい。こうじゃないのかな?そうじゃないのかな?

1年前

Icon user placeholder501e898f 77e5 420e b4d4 90b1735ab32b9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38Icon user placeholder2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cE279d0ac acf1 4dbb b00d 64551f25784f 57
日本人の身体

日本人の、と前置きはあるが、決して讃歌でなく、懐古論でもなく。著者の「現代人は自分の身体を気にしすぎるのではないか」という疑問から発せられる様々な提議と、かつてこうあった、そしてそうあれるはず、にまつわる様々なヒントが散りばめられている。 昨今の若さ至上主義?を打ち出す各メディアに疑問符しか浮かばない40代に突入した自分にとって「花」という考え、見方はとても響いた。

1年前

螺旋

トマス・マウド「世界の約半分の人の読書習慣を変えてしまった」正体不明の作家とその作家を探す旅に出る編集者ダビッド。 ゆったりと、しかし力強く流れて行く物語、魅力的な登場人物達と共に解った謎の作家の正体とラスト。久方ぶりに楽しくも素晴らしい読書をしたと言える一冊だった。

1年前

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

いつまでも、読んでいたかった。しかし、そうもいかない。季節は巡り、いきものたち、ひとも移ろい、変わってゆく。みにくいやうつくしいといった形容から離れ、ただそこここにいる、いないものとしてある生き物たちの物語。 たくちゃんのにっこりした顔(それは僕の想像するそれではあるのだが)が余韻として僕の頭の中に未だずっとある。はっぱと育美の愛には不覚にも涙した。

18日前

Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c3665eda2 3d97 4fb7 958e c54d92fc4a00Bf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794 18
薬屋のタバサ

並ぶのはなじみのある言葉なのである。ただ、それらが文章として物語として、さざ波のようにこちらへ寄せてくる時、ひやりとした感触とともに、どこか見知らぬ場所へ飛ばされ、迷子になってしまったかのような不安、不穏におそわれる。ややも気色の悪い、今の今まで触れられたことのない箇所、自分でさえも気づいていなかったそこに手をそっと添えられたかのようななんとも言えない気色の悪さと驚きに、読み終えて後、私もまた「放心」させられていたのだった。

3か月前

0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd175611525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed49cb5d531 ec86 41de 8da4 8e41f4518809E6cc0404 6868 4c66 bd72 e2b13cbbbaf2Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794E83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba25 13
テリ・ワイフェンバック The May Sun

クレマチスの丘 IZU PHOTO MUSEUM における展示 '' the may sun '' の図録。 テリ・ワイフェンバック、初の個展。展示数は決して多くなかったが、何度も見返し後ろ髪を引かれるように、もう一度、もう一度と '' the may sun'' '' the politics of flowers '' 二つの展示室を行きつ戻りつした今日。 買って帰り、ホテルで眺め、また眺める今。手元に残せたこの一冊はもうすでに宝物である。

10か月前

離陸

離陸。彼、彼女達の突然の死と不在を掌にじっと握るうち、語り手たる佐藤弘、サトーサトー、イローはその比喩に到達する。 文庫帯文にある彼、佐藤本人の言葉にあるように '' 距離というものは、自分とどこかにいる人との位置関係にすぎないのではないか。相手がいなくなれば、二点のうちのひとつが消える。距離も消える。消滅する。'' サトーサトー、佐藤、イローにとって彼、彼女たちはいなくなったのではない。離陸したのだ。まだ距離は存在する。消滅などしていない。いつか近づける。そばに行ける。その願い、祈りは確かに胸を打つ。 のだが、のだけど。

11か月前

8c8005ce c3bc 4d7f 8b23 4ff3bc9a1e967e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45226df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7c06206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb9843acee9 79eb 40e9 816a 05eb45c4739c1736f417 e343 4c8a b171 c664e6727679 16
ギケイキ:千年の流転

駆ける、駆け、巡る。早業である。町田康の文体がその加速度、疾走感を更に増幅する。 いわゆる、つづく。To be continued…な、本書は 「やっと会える。やっと兄に会える。」 と兄、頼朝に思いを馳せ、追う義経の誰にも見えないスピードで駆けゆく姿でひとまずの終わりを迎える。 この後の義経と頼朝の関係を何とはなく知ってるとゆか、教わったり、読んだりした知識でしかないが、知ってる聞いてる自分からしたら何だか切ない。が、これから起こる事に期待はあるし、ワクワクもする。 さぁさ、『ギケイキ』これより ハジマリ、ハジマリィ だ。

約1年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dE13f62be 0764 474d 88d3 3e0aece8e7c7883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e0409379db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffb0dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae 16
不滅の書

文庫版にて「イモータル」に改題された本書。 immortal、すなわち不滅となり、受け継がれてゆく智慧とその媒体となる本にまつわる物語は時と場所と語り部を次々に変え、そして戻る。いや収束する。そこはかつてのインドであり、アレクサンドリアであり、パリ、東京である。 漠とした物語だと思う。どんな小説なの?と問われて、ストーリーを語ったところでこの物語の滋味は非常に伝わり難い。 だが、地に打ち伏した目を夜の闇と光る星に向け、「堂々としていろ」と背を叩かれる。すべての先達からその智慧を受け継ぐことを、何度でも顔を上げ、胸を張り、語り継ぐことを呼び起こされ、促される。それは確かだ。

約1年前

第三帝国

第三帝国、かつてのナチス率いるドイツがうごめいた時代のヨーロッパを舞台にしたボードゲームとそのゲームのチャンピオンたる語り部ウド。 彼のバカンスの始まりと共に物語は動き出す。バカンスのためドイツ人である彼が選んだのは、かつて両親と訪れたことのあるスペインの土地、ホテル。 本来、開放的に日々の垢、澱を落とすはずだったその土地で彼は、またゲームのボードを開き目の前に戦争を展開する。 陽光あふれるバカンスの地において生っ白いウドの肌は異質を徴し、そして、ウドの対戦、また対話相手として登場する不穏な男〈火傷〉彼の肌もまた、その引きつりとかさぶたによって異質を際立たせている。 これは一体、何が起こりつつあるのだ?語り部ウドの心情同様にぼうばくとした不安を抱えながらも行き着く場所が予め分かっているかのような確信もまた握りつつ、読み進む。 読み終えて、しばらくこの物語の霧に未だ包まれたかのようでいる。妙な、ただただ妙な…今はまだそうとしか言えない。

1年前

62a61c21 60ab 40d0 9127 a1f3555474a1Maman putain6 normal
ヤマネコ・ドーム

混血戦災孤児、GIベイビー、括られ方は様々なれど戦争と占領により生まれた子供たちの半世紀。終着点は東日本大震災。 晴れた夏の日に落下する彼。溜め込んだ濁りを定期的に爆発させる彼。そして呪いのように浮かぶオレンジという色。 ここかしこに放射能という不可視の恐怖を思わせ、示唆する場面、キーワードが描かれる。 「なぜ?どうして?」ずっと問われ、問い続けてきた声に答えは無いままに終わる。 いや、終わってはいない。その問いは私たちが応え、また私たちが問い続けなければならない。

1年前

Xのアーチ

アチラと思えばコチラに。闇へ、光へ。黒へ、白へ。見失いそうになりながら、ようやくつかんだと思えば、もだえる、暴れる、震える、いななく。もう、ダメか。諦めそうになりながらたどり着いた火山の噴火口。そっとこぼれ、舞い、昇る名。 時間も、読む体力も確かに削られる。が、等しく、いや、分厚く塗り直される。それは否応なく。 スティーヴ・エリクソン。その幻視力、圧倒的。

1年前

ウエストウイング

椿ビルディング。 もう、ずい分と古いビルらしい。暗く、湿った空気をまとい、取り壊しの噂さえある。 その建物の西棟、ウエストウィングに通い、働き、学び、する人達。ネゴロ、ヒロシ、フカボリ。 彼ら三人の語りを軸に物語は進む。三人三様に向き合う不安や課題は、身につまされるものがあり、想像される背景は常に灰色に暗く潰れている。 ただ、なんであろう。しんどくない。むしろ、最近の雨、続く天気に少し沈んだ気持ちから何とはなくすくわれたかのようでもある。不思議な小説だ。

1年前

2f2616b0 e8b8 4016 b299 a4c5aaaee63a1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520