11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032

kuroboo

小説が好きです。

小説が好きです。

69

コメントした本

ドーン

面白いけど、少し頭でっかちで感情移入できなかった。ディブの話とか。

1年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd047f0b43 2e05 41f4 bab0 16ebd7e4af673971e1c5 62cf 49ca 966c 2f5f316eb16368fd0e0b 174f 4ea3 82e7 8968004e04644fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2 8
越境

人の行動や景色の移り変わりをこれでもかと細かく描写する事で、決して映像では実現出来ない位はっきりしたイメージを読者に植え付ける。運命や物語に関する謎かけも面白い。何度読んでも世界観にのめり込める一冊。

約2年前

7ff97b16 e7f3 485e 8179 530687ab9e06Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d973756
斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇

まじめに考えすぎると、こうなっちゃうよね

約2年前

Bbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047eD77c02dd 32db 4f9b 9551 437bd2d1e99e63f96a65 d98d 4348 9ef4 7ce2a382db2bAb073186 6d27 4f74 ac15 d12707379f50
華氏451度

記憶が意味を持たない情報垂れ流しの時代。スマホをはじめとするネット社会の行き先がこうならないといい。

約2年前

C9614ddb 5152 4cea 952d 99baf6e098f9Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e3825e242 399e 471e a274 40045529ccafIcon user placeholder5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf 54
キャッチ=22(下)

何回撃ち落とされても、死人も出さずめげずに飛び続けるオアのエピソードが光る。

2年前

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b18230394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e
雪国

肝心な事は表現しない。浮き彫りみたいな小説。とりとめないけど、表現が綺麗ではっとさせられる。著者は「底」が好きなんだな。

2年前

91050f17 c612 4bcc 8c1a 15dd4589a5fc0b6509b4 d20b 443f 922f cad8fd8fcbc8C722804d 59f6 4ff7 bab0 1f332dba7df0A59da6bc ce6e 47bc a9ba 16e69c5d9b4a5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 42
人工知能 人類最悪にして最後の発明

ちょっと偏ってる気がするけど、人間がネズミの希望通りに振舞わないように、AIも人間が望むようには振舞わないという主張には、なるほどと思った

2年前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bD9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1C6867b95 f8f6 4fa8 b33e 7430e414e5fdCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af38f09626d b87f 4391 b987 daee56b364dbFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de551b2df70 66d8 48b6 8793 2f0fb887568e 11
孤高の人〈下〉

最後の数十ページの臨場感は壮絶

2年前

1b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdadIcon user placeholder843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f9393631ba1d 0a17 4328 8eca d634219e94d9Ede4c6e6 5b4f 4dda 9f82 fab88f10fa91C6634ac5 d3d4 4d69 97c8 74f9ad4fd7bcAb0da7c3 eb9d 4fe0 a36a d9ca4ac46e36 9
街場の戦争論

非常時に日本は、本当にグダグダな状況になってそれも隠蔽されるんだろうなと思うと辛い。

2年前

D4c107e0 ade8 4600 873d e9eb0e6c89df334befca 0edc 473e b3a6 7071d0b88f2589d760ae 84b4 405a 9ed8 930ade8e313696b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b5173308de 63b0 4acc b635 f7ccc62ee28bE8cb140d 161d 4fde b00f 73b42452522b
神々の山嶺〈下〉

高所での頭のやられ具合を擬似体験出来る

2年前

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c787880b7a 897b 4f56 8fd1 56261784aefe89091bc0 f74a 4635 9ef8 52c8446ba0133a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f438cdfc673 4314 48c6 86b0 639188029cbf08f8f0f8 4c30 4a64 83c7 a8616f8a685875dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1 10
オラクル・ナイト

小説内小説内小説の構想はいいが、それを題材に何が言いたいのかよくわからなかった。

約2年前

7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f01852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7Ec071fbc 2c2f 4f05 8681 4f8f96e6ce3fBc3177ae 6e5a 40be ae9c 70387b537d39
ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ

比喩がうまい。飛行機の地図の昼夜表示の移り変わりを人生における興味のうつろいに例えるところとか。

約2年前

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b72f605aa 3795 433e b9f7 23c398e6dd7bE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
八甲田山死の彷徨

白い地獄、という表現が凄い。行軍の成功失敗は結局運によるものが支配的だけど、下調べをした上で最大限の準備とはしないといけない。

約2年前

7412c23f 480a 4bb7 afe4 757244eca214A46142dc caea 4959 a9f4 4fe1a878a9fb7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c72b38ce49 817b 4cff 8351 d7ae923b1dbdIcon user placeholder5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f939 11
あしたから出版社

のめり込むわけじゃなくて、無理して背伸びして本読む所とか、共感できる部分が多くて読み終わった後もっと本が好きになる。

2年前

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aeaBd14ecbc 6f9f 4465 92fc b113188ab9eb470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f2475a89c 9503 4b08 b347 6ab2bb887440E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915 25
キャッチ=22(上)

キャッチ22とか、融通のきかないやりとりとか階級社会とか、まるで機械。ルールとか階級とか行き過ぎると〔命令に一語一句違わず従うとか〕、処理が渋滞して何もできなくなる。

2年前

Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823Maman putain6 normal15b486b5 2608 4074 8119 9310ded321e50394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e
タタール人の砂漠

何も起きない所で何かを待ち続けて、その印が見えてもどうせ間違いだと周りには平然を装いながら、心の底では気になって騒ぎたくて仕方がない感じ。後何も起きずのっぺり日々を過ごし、気づいたら15年も経ってた感じ。凄くよくわかる。

2年前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4E307a527 ba80 42e7 8878 4ae4bfbe0d36A5ffb3e5 7fb4 47ae 9652 3c1ce62ab7e7C16679e1 fa0e 4ef1 baa5 fe09a9a088862acd6458 af28 4955 b111 e3ab182719c7 8
垂直の記憶

落石に当たったり雪崩に巻き込まれたり、足が折れたりしても割とあっさり生還するように描かれてるんだけど、最後のギャチュンカンは描かれ方が悲惨で息がつまる。

2年前

A7e3d7c5 a589 4b16 a52f bbf82753fa56C995f439 f3ea 4e99 9af9 17434f202d6a
孤高の人〈上〉

入念に準備をして淡々と登ることの凄さ

2年前

47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f0431b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdadIcon user placeholder843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f9390e65e266 88ba 4549 b18e cd6dcb8936863631ba1d 0a17 4328 8eca d634219e94d9Ede4c6e6 5b4f 4dda 9f82 fab88f10fa91 11
命売ります

命に執着していく過程が面白い

2年前

C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a4c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977a939e80ba 55fb 4a24 8b41 c3bc402eefbd4595c374 e72e 4c18 9b24 8f5314a5ee12D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f05faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55 84