D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職 本屋楽しい

島根県/双子/福祉職 本屋楽しい。読むのも表紙を眺めるのもワクワクする。

92

コメントした本

岡崎に捧ぐ 1

子どもの頃の思い出が蘇ってくる本。小さな頃は毎日のようにワクワクできていた。なんでそんなにワクワク出来たのか。この本を読んで、ワクワクできるような物や環境が身の回りにしっかりと揃っていたからなんだなと、気づく事が出来た。 家族に感謝しないとなとか、友達、兄弟とあの頃みたいにふざけてみたいなとか、いろんな気持ちが沸き上がってくる。 僕らの時代のスタンダードを是非違う世代の人たちにも知ってもらいたい。

1日前

60aa14bb 485e 4555 afcd 43c4f7960339F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd534361f8 d576 4120 830c 1556b826df0b57db150b 5331 49f0 9e29 a289103d8dd3E37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef8e6b7e98 daf6 4915 8d03 6c67521cb56834d30eff 38a9 46ad bf35 3ab7420b1840 14
出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

こんな世界の広げ方があるなんて知らなかった。チャレンジには不安やリスクはつきものだけど、行動したからこそ得られるものもある。 人との出会いの中で、自分のやりたいことを見つけ(気付いて)て行く過程にはワクワクがある。 自分にとってなにが楽しい事なのか、人とのかかわりを持ちたいというドキドキする気持ちが大切なのかもしれない。

18日前

5bf92d08 30e1 4483 a7d1 328af11784c3Default profile normal78567457 39fb 407c a866 23a016ddc212A8188f4b 7bb3 4e50 aa64 1c0fa835cfae5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dcA83fb2de a6ab 4fc5 97bc 9a56d5d846a146fda87a 1e56 411d a2bb 986896f178ac 48
ハリネズミの願い

誰かに会いたいんだけど、会いたくない。誰かと一緒にいたいんだけど、1人でいたい。 子供の頃は家族と暮らしていて、寂しいという感情をよく掴みきれていなかったように思う。 大人になり、1人で暮らしているとやっぱり寂しさを感じる時はあるし、誰かと一緒にいたいと思う。 でも、全てが自分の思うように楽しくなるわけでもない…と思ってしまうこともある。 行動する事は大切で、行動するのにもきっかけが必要。きっかけは周りの人たちの親切で与えられるものでもある。 そんな嬉しい経験を積み重ねていけば、ハリネズミの願いもきっと叶うのではないか。 ハリネズミ、応援しているよ。

約1か月前

5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e91018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587a0f7d0c82 0e78 4136 b9a0 a4f20331186bDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab31979651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c8 37
革命のファンファーレ 現代のお金と広告

お金とは信用を数値化したもの。なるほどな。基本的にはそうなんだろうなと学ばせてもらった。 そう考えると、今度は信用ってなんだろうなと考えていかなくてはならない。場面によって、行動の仕方によって信用を得られるかどうかも変わってくる。ただ優しくする時に得られる信用、厳しくする事で得られる信用。場面や関わる相手によっても変わってくるのではないか。 自分の能力を発揮する(信用してもらう)には、考え準備する時間と行動する力が必要となる。 なぜ考え準備する時間が必要なのか。それは信用を得るため。なぜ信用が必要なのか。それはお金を得るため。なぜお金が…と考えて行くと、自分の生きる意味を知るきっかけにもなるのではないか。

約1か月前

Bca73b96 b848 41eb b3df 7d9c3fdb5804D46c570e fe0b 44bd a78f 46d48244fe5b94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d7876cbd4e2b f46e 4237 bdc4 7b6df627f0f676a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3eeE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46 39
脳には妙なクセがある

知らないことを知ると自分の世界を広げてくれるきっかけを貰えたようで嬉しい。センスキャムの話は初めて知りました。 物事を考えたり、判断する時に意識しておかなければならないのは、身体や環境の状態によっても考え方が変わってきてしまうということ。人って、脳ってそんなことになってるのかと、普段生活してるだけではなかなか得られない知識を教えてもらいました。

3か月前

250a1e0b fbb0 454b bb62 9c1a2556b64fIcon user placeholderIcon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d309422499 92f3 4dec 9709 1588566c96833e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b05b76f0f 8b0c 4d32 9574 36be340def81 10
からかい上手の高木さん 1

からかい上手の高木さんのスピンオフ。自然とやっていたけど、からかうのって技術がいるんだな。相手の言動から相手が何を考えているのかを考え、先回りして自分がどのような言動をとれば相手をからかう事ができるのかを考える。からかうとはどういう行為なのかこの本から教えてもらいました。からかうには相手の事をよく知っていなければならないし、信頼関係が築かれてなければただの嫌がらせになってしまう。周りの人が幸せになるからかい方が出来るって素敵だなと思った。 ユーモアってとても大切なものなんだな。

3か月前

安達祐実パーソナルマガジン home

10時間にも及ぶインタビューがまるまる記事になっています。記事からインタビュー時の雰囲気も伝わってくるような、臨場感も感じられました。1人の人にしっかりとスポットが当てられているのも読んでいて心地よかったです。テレビを見ているだけじゃ分からない人柄や安達祐実さんならではの苦労話を知る事ができ、人の歴史を知る事は本当に面白いし、勉強になるなと思いました。自分と向き合っている人から学べる事はたくさんあります。 写真もたくさん載っています。なんだか良いなと思い、ずっと見ていたくなる写真が多くありました。

4か月前

妻に捧げた1778話

お話をつくることで作者自身が癒され、そんな作者を受け入れることで、妻も癒されたのではないか。夫婦って何だろうなと最後の最後で考えさせられた。夫婦がみな同じ想いや考え方を抱くわけではない。それぞれに夫婦の形がきっとあるんだと思う。 夫婦になりたいと思った。自分達なりの夫婦をやってみたいと思った。

4か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b8D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f 37
漫画 君たちはどう生きるか

生き方は人それぞれ。いろんな生き方をしている人がいるから、それぞれ違う経験談を聴くことができる。たくさんの本や映画が産まれることもある。 その中で何を選び、何を感じ、行動して行くのか。 自分の中の確かなものをしっかりと意識し、生きて行く事が大切なのだと学んだ。 その経験を伝える事で、また他の誰かを救えるのかもしれない。

4か月前

D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb23965810dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812cc6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc94ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c76a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3ee0629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422Icon user placeholder 110
プチ哲学

中学生の頃に一度学校の図書室で読んだ本。シンプルな内容ではあるけど、いつの間にか自分の事に置き換えて考えている。たくさんの気づきが視野を広くし、人生を豊かにするのだなと感じた。 今読んでも面白い。たくさんの人との関わりを経た今だからこそ、感じられることもある。 あとがきにもあるが、ちょっとだけ深く考える事で前向きな気持ちになれたりもする。これを著者は伝えてくれようとしたのではないか。その気持ちがありがたいし、嬉しく思う。 イラストもシンプルで可愛く、プレゼントにもオススメです。

4か月前

89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885aFeac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cCee99564 e18d 435c 8d17 754753fa7db20bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd175619d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf 18
触れることの科学: なぜ感じるのか どう感じるのか

人の身体はどこが敏感なのか。身体のつくりを知っておく事は生きて行く上で必要な事だと思う。

18日前

28b199cc 0020 4e9f af1f 797ca1398467889294de 5d3d 444f a915 802c336b64f4Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8F4306fb9 e679 4f88 ab8c 222f577cc6b098bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a89141af13 216c 4081 b9ee 9aa71fc09bed 31
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

働く事がいかに大事か、なぜ働く必要があるのか筆者の体験をもとに分かりやすく説明されていました。自分は男性ですが、老若男女問わず一度は読んで見たら良い本だと思いました。 自分で稼がないということは、自身の選択肢を狭めてしまう事にも繋がりかねないんですね。女性と対等に付き合って行く為に、男性の立場から何が出来るのか、考えるきっかけにして行きたいです。

18日前

0dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812ccD3579b84 acbe 4694 8ebe fdace3aba40c47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cfIcon user placeholderD9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e914ac310d5 6dc3 4b30 9a47 9afdf3f59e54 28
木皿食堂2 6粒と半分のお米

すごく嬉しかった。60代のご夫婦作家さんが、若い人のことも思って作品をつくってくれていることが伝わる内容。今が苦しくても、大人になれば気持ちを楽に持てるようになる時が来る。 大人になった今、この本が読めたことが嬉しい。 「日常」と「死」について、それはどのようなことなのか、もっと知りたいと思った。

約1か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Icon user placeholderA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f
本日は、お日柄もよく

人は人からしてもらえたことを、また別の人に返すことができるようになる。恩返しも大切であるが、自分たちより下の世代へこれまでに受けた恩を送ることも大切なのではないか。 人が持つ言葉の力や強さ、時には儚さを感じられる作品。相手を慮り行動していくことで人は成長して行くのだと思う。

2か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5Aeed2958 1787 4ea1 af34 d3d9f5deea4fIcon user placeholderA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4c 177
コンビニ人間

分からないことの方が多いのに、分かったような気になって自分の基準で物事を判断する。自分の基準が周りの基準だと思えることで安心する。 文字にしてみると何だか生き辛い世の中だなーとも思うし、相手の考えを推し量るのは日常茶飯事だけど、これをやめたら、それはそれで生き辛い。 自分に合ったバランスを考え、自分の人生に向き合っていかなくちゃならない。 どういう時に自分が生きやすいと感じられるか知っておくことも大切なんだな。

3か月前

4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b8009Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a89d7182e f94a 4ce0 ad98 71b8d2b567d4Icon user placeholder52cf3300 0137 4bc1 9eaf b81a72337a31 364
なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか

思ったように言葉が出ない時、不安な時にどうすれば良いのか具体的に書かれている為、実行しやすいと感じた。大事なのは自分の体を話せるように準備しておくこと。意識と気持ちも高めておく事が大切なんだなと思った。どれだけ効果があるか分からないが、喋られるようになる方法を知っておくことが、自分にとってのお守りになるのかもしれない。

3か月前

6502914a 62b7 4fcf b2d0 51bd350ec756Icon user placeholderIcon user placeholder0b423a7c ed5e 4855 992d 435506d27cfaC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46
伊藤くんA to E

伊藤くんを通して自分の内面と向き合う物語。相対する人がいる事で、自分の弱い部分を知る事ができる。周りの人達とのかかわりの中で新しい自分を見つける事も実はできる。ただ、人とどう向き合うかはその人次第。自分の弱い部分を知った時に、何を考え、どのように行動するのか。自分と他の人では考え方が違うから、思い通りに行かないことなんて、よくある事だと思う。でも、気持ちがのっている物事ほど成功させたい。当然だと思う。その為には、苦しくても自分と向き合わなきゃいけない。 恋は人を成長させるんだな。

4か月前

11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aIcon user placeholderA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ceLbb1pwey normalD9405a75 a2fe 452a 9aed eadb1a2530cb08beb273 1a55 4594 9448 231cb75409c4 32
表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

自分自身と社会に向き合う旅。そういう旅があっても良いのかもしれない。 国内でも国外でもいい。どこかに旅に出かけたくなった。それと同時に自分の家族にもそっと寄り添いたい。そんな気持ちにさせてもらった。 本文の序盤、(ruta2.5)「家庭教師」の最後の2行の会話がとても大事なことのように思えた。 これからの人生、どれだけ感謝の心を持つことができるのだろうか。それも、自分への挑戦のように思う。

4か月前

266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b82263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9Icon user placeholderB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 50
草食系男子の恋愛学

題名に「草食系」とありますが、草食系男子に限らず、全ての男性が読んでおくべき本だと思います。好きな人ができた時にどのように考え、行動すれば良いのか。分かったような気になって終わりの本ではなく、きちんとしたヒントを提示してくれていると個人的には思います。とても分かりやすく読者の気持ちに寄り添い説明されていて、励まされている気持ちになります。 特に出会いから結婚に至るまでの女性を取り巻く環境やそれに付随して生まれる気持ちの変化等については、男が1人で考えていても行き着かないような内容が書かれているので、とても参考になりました。たくさんの人の意見を聴いた上で、自分の体験も交えながら説明してくれている著者の気持ちがジワジワと伝わってくる。読んでいて気持ちの良い本です。 恋に悩む20歳の頃に初めてこの本を読みました。結婚を悩む28歳の自分ですが、いま読んでもとても参考になります。自分にとってこの本が女性に対してだけではなく、人間関係を築いて行く上での土台になっているのだと改めて思いました。

4か月前

ミッドナイト・バス

たまにしか乗らないけどバスが好きだ。目的地にいる友達に会えるのは楽しいし、バスの隣に座る人と思いがけず話をする事もある。帰りのバスは寂しくもあるが、旅で出会った人や感じた感情を思い返す大切な時間にもなる。 この物語でも色んな想いを抱えた人が、回り道をしながらも、それぞれ自分の感情と向き合って生きている。周りの人や自分自身を認めるための物語のように感じた。 もう少し家族と向き合う機会を持たなきゃなと反省。何事もすぐには結果はでない。後悔しないように、お互いに間違いながらも暖めあって行ける関係が築けたらと思う。

5か月前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cEb0856a4 a9fa 40fb 91a3 05560aa48ea173bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2F1a7bbb7 57aa 410b 8a60 2005c4834348