Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
0731509b 1626 4bd2 a788 59dbc54a3cba

オオスキ トモコ

イラストレーター

イラストレーター。イラストルポと「食」まわりの仕事を得意としています。「フィッテ」(学研パブリッシング)「危ない食品ホントのところ」イラスト連載中。東京大学駒場寮の写真集をBCCKSで販売中。連絡先→ tomoppee@gmail.com ブログ→ http://petitmatch.exblog.jp/

50

コメントした本

61k63dgys3l

イラストレーターでエッセイストの内澤旬子さんが、東京から香川県の小豆島に移住する話。かなり細かく書いてあるので、島に引っ越すまでの話が半分以上。島暮らしの話は後半から。 田舎暮らしを転々とする「漂流する女子」の存在は初めて知ったので興味ぶかかった。小豆島は一回だけ行ったことがあるのだが、台風にもろに当たり、ほぼなにもできなかったので、また行きたいなぁ。 しかし私は田舎暮らしは絶対ムリだと思いました。車運転できないし。釣りとかも興味ないしな〜 私は東京のベランダでひっそりとシソやハーブを栽培して生きてゆきます… 泥団子農法をこの本で初めて知った。自然農法の一つなんですな。なんの解説もなくアッサリ書いてあったのでいまググりました。

約2か月前

Picture3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
51yklr9zavl

熊本地震をきっかけに読んだ。ボランティアについては全く知識がなかったので勉強になった。

8か月前

51w7u1f k1l

おもろかった いわゆる黒柚木作品と食べ物小説が合体して、より掘り下げられている気がする。栄利子みたいなやつに私も嫌がらせ受けたことが何度もあるので、真織の芋けんぴには正直スカッとした笑

12か月前

Afd0a422 fc24 41e9 a898 ade70f044fd452337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d37fcf704 8c07 467f bcfa a16fba82e5ae7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c799abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd6037096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a 40
41yzppwcm8l

困難とか悩みの心理描写はいいんだけど、話の展開が唐突というか、いきなり新人モデルから、中堅モデルの中だるみ、みたいに話しが飛んで、あれ、いつからこんなに急に仕事するように?と少し混乱する。各章にポエムがあったり、なんか昔のケータイ小説ぽい。少し懐かしい感じというか… 小島慶子の「わたしの神様」の渦巻くドロドロのあとに読んだせいか、なんか全てが薄まって感じた。押切もえって基本いい人なんだろうな…と思った。

約1年前

51bivvb3 hl

面白かった。私は転勤族育ちということもあり、既に9回引っ越しを経験しており、今年おそらく10回めになるが、これは日本人の平均引っ越し回数の倍以上らしい… 情報交換において「人と会う」ことの効率の良さって、ほんとあるよね

1年前

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a83596b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b56ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abfBede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61Maman putain6 normal
51ourmgbytl

おもろかった くわしい感想はノートにかきました https://note.mu/tomoko_oosuki/n/na490b46de96b

1年前

663e695b cb18 483e ac8c 8830391acb582f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af6
41wylnpnesl

この終わり方すごいな

1年前

599f01bc 4d1e 4e3b aaed d42cc3c54220468f1447 ffe7 4380 9787 de713fd9b8e5174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f74fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde98b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada87125F4887ac7 757f 4a17 b005 ef2d9ddeb08569d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182b 25
419tvl7nfnl

ものすごい不快感と恐怖を感じたが、こーいう人いるんだ、気をつけよう…という点で非常に勉強になった。

約2年前

51h8rg19l4l

面白かった。ひとり出版社って、思ってたよりたくさんあるのだなと思った。特に島田潤一郎さんの夏葉社の話に興味を持ちググってみて衝撃を受けた。島田潤一郎さんの本も読んでみようと思った。

約2年前

87fd6900 ee05 4d42 83b7 146c5554a720E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f449ffb32c1 66ed 447f 8396 850561f24677Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40F4c04302 3ecf 42e6 a34f 0f294f9f0518572644c3 d8d0 41a2 bcd5 d564c99b219a2604cd38 f97a 4172 8665 c8806205ac13 15
51a9pkmdhal

芥川賞、2作とも面白かった。

約2年前

59b69345 fd38 4c60 9112 b8f1b167579e6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c09422499 92f3 4dec 9709 1588566c9683Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb73c1db1b 408b 461e a9d3 e0ef5d40f3a6Bc574069 608e 4cdb b6ab fc52b52c95dbB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 9
61hjlkbge7l

これすごいよ 愛し愛されるとは… とか考えてしまった

8か月前

Fd4c7ef6 0173 41ae 93f2 3e70ca5ed415E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8Icon user placeholder1d15b30f 1eee 4d48 8c27 400ef2442bca9bd15813 468b 41ad b659 f62be59521137e4ae736 1380 4344 a221 66a0318f87e2 25
41jc%2bwlkmnl

村上春樹くらいの人でもこーいう目にあうんだなあ…と思い、絶望とともに、かなり参考になった。

約1年前

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe05bedf201 55fb 47e0 93dd ec6d122fa06789e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe43825c10f7b f123 457f 9aee a8caa05542d98f81a913 bd5a 406d 9e24 50bd171b204c 43
518bxeq nwl

爽快感がない林真理子って感じだなー しかし、面白いです。 被害者ぶりっ子で自意識過剰な女性がこれだけ出てくると、本当すごい。

約1年前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a28a6fa1f fabd 45f4 847f 6d05c9f02af72521cf1f fcc1 4c98 b312 7e77157cee3978c1f2ef abd0 4abd 9b8e 043849368650
61ds 90rlal

本屋さんの話かと思ったら違った…「赤毛のアン」をもう一度読んでみたいと思った。小学生のとき以来読んでないが

1年前

F066bc6d 6529 4a17 a125 c0007edde0ce7ccfbf73 3075 42a1 ac99 54ddf1f2c1f3C9bb437b d9e8 48f6 8ade b4e97d008f7652337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fDf88329d b440 48ee bab5 f06b12c792f2A3a23960 6296 4af7 afa0 aad4f4ec66adBd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af0 41
51skq5ed8fl

中途半端な幕切れですが、やむをえない理由があったのですね なにより一番驚いたのは、パタリロがまだ連載が続いてるということです。

1年前

45807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1052bc5a9 fbd2 4874 9dd1 7f33228c5858F67a58ad d731 4233 a620 485ea92874bc581aa174 8276 4f0a a2ae 001b98052e852c5dd3c5 106f 4b48 b59a 191e30b882877cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
51jdunuykll

駒場寮の歴史を、残された資料と、松本さんの思い出を通して描くノンフィクション!私は写真でお手伝いしております。ここからcakesでの先行連載が全部読めます。 https://cakes.mu/series/3557

約2年前

51d6ybbbyvl

やっと読んだ。建物がうまく残るといいが…脳科学者の中野信子先生も週末住人なんですな〜初めて知った。

約2年前

517fsnenunl

これ、いい本だった〜 いまの自分にグッときた本でした。著者の人が同じ熊本市出身というのも勇気づけられました。

約2年前

51yviuplcal

渋谷直角さん天才すぎ!現代の闇と歪みと人間くささが詰まった名作。相変わらずディテールの描写が秀逸‼︎

約2年前

693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004402ef02f 62ef 4324 af17 52f675c5368f4dbd1cd4 c787 4191 bbcd ec7b3bb6e8ad1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde550857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595cAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec15359182be3b afc8 4b74 8335 7d2cccdf86bd 19