5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2

かやこ

3時間くらいでいいから猫になりたい雨女 …

3時間くらいでいいから猫になりたい雨女 邦楽・ライブ・漫画・読書が好きです

80

コメントした本

中原中也との愛―ゆきてかへらぬ

小林かいちが装丁に使われてるので手に取りました。 古今東西を問わず画家や音楽家、作家なんかにはこういうファム・ファタール的な人がいるの面白いよな~と思ったけど、誰にでもそういう人はいて作品として残るから特別なように感じてしまうだけなのかもしれない。 長谷川泰子さん本人に悪気はないんだろうけど女に嫌われる女って感じがする~~ 小林秀雄サイドの文書も読んでみたいけどあんまり残ってないっぽいんだよなー

27日前

江戸博物文庫 鳥の巻 ―――天地を舞う

極彩色で鮮やかな鳥たちですが、ここでも「味はよい」とか食える・食えないからの見地による説明がついてて感服しました

約1年前

もう時効だから、すべて話そうか: 重大事件ここだけの話

ニュースや新聞では取り上げられていない、凄惨な犯行状況ががっつり描写されててちょっと気が滅入りました

約1年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cFbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40
山の音

長編というより連作短編のような構成なのでわりと読みやすかった。四季折々の描写や能面の話、京都・剽亭の温泉卵などの描写が美しい。

約1年前

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fIcon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc29e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6dd
(009)夜

「夜の樹」 カポーティをそうたくさん読んでるわけではないけど、常に孤独な人間を描いてるように思える。 「曲った背中」 なんとなく安吾の白痴とかモーパッサンの脂肪の塊を思い出した。 「悲しいホルン吹きたち」 こんなじいさんでも何とか生きてるんだから俺だって何とかなるよね!という結論。社会に出てわりと信じられないような人に遭遇してポジティブになるのあるよね

1年前

蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ

後記「火の魚」の筋に覚えがあるけどディティールが異なる…と思ったら09年にNHKでドラマ化されたのを観ていた。原田義雄が小説家を演じていてすごく良かったです。 「蜜のあわれ」 老作家と金魚娘のやり取りが軽快。ふたりの関係を恋とするのは安直で何か違う気がする。 「われはうたえどもやぶれかぶれ」 老いについての描きかたが秀逸

約2年前

80b16a28 f36e 4370 bc4e 028dd93089dfF5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e8002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b71Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd701fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a2521cf1f fcc1 4c98 b312 7e77157cee39Fef936ab 37c5 4e3c a48c 94dc19912d9b 13
さらば雑司ヶ谷

勢いがあって読み易いけど決して人には勧められない。 たしかに実写化するなら園子温だけど観たくはない。 オマージュ元一覧がすごい。ここIWGPだなレザボアドックスだな、って思ったネタ元がすべて列挙されてる。 なんやかんや面白かったです。

約2年前

53c115a0 3a83 4299 91d4 bd9e15151685790b3b74 52f5 44dd bc04 2399c9417ee1238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990C38a4c74 915f 4b53 9098 4c0f1d844ebbB34171db eeeb 44e7 b50d 391074db8f0089e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
書楼弔堂 炎昼

弔堂に訪れる客が誰なのか推察するのが楽しい。松岡田山は分かりやすいですね。 後半、赤穂浪士の切腹についての言及が子どもの頃にぼんやりと思ったもやもやとした疑問を晴らしてくれた感じですっきりした。

約2年前

0c563132 de53 41d1 9cfc c3d51d78b254036c90e7 3a9e 46e4 83af a2cdfb73eb511525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad44e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7C450c646 9a6a 4fb4 91f8 934be24a34d5Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8 9
さよなら小沢健二

面白そうだなと思いつつ読んだことが無いままに引退宣言をされてしまったのでとりあえず1冊読みました。andymori2ndまでしか聴いてなかったので3rdからも聴こうと思います

約2年前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373
死言状

山田風太郎のエッセイ集。報道や政治への憂い、喫煙マナーなど、たかだか25年では人の考えることってあまり変わらないんだなと思いました。あとがきの最後にある「人間は一生、同じ歌を歌うものらしい。」という一言に尽きる。

約2年前

木曜組曲:

2時間ほどで一気に読んでしまった。現実と非現実の匙加減が絶妙で、読後感が案外爽やか。面白かったです

28日前

Icon user placeholderF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32
江戸博物文庫 花草の巻 ―――四季を彩る

江戸の植物図絵を集めた文庫。本棚に並べておきたい。 解説の「全てを収録したいという、網羅への欲望による勇み足だ。」という一文が気に入っています。

約1年前

〆切本2

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

約1年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 10
(010)季

「白梅の女」 個人的なイメージだけど、昔の女流作家ってすごく賢くてプライドが高そうだなっていうのが文章から滲み出ている。それがいっそ清々しくて嫌いじゃない 「仙酔島」 儘ならないところはあっても、登場人物が皆やさしい世界。 「玉碗記」 結婚の感覚に現代とはだいぶ隔たりがあるけど、こういう噛みあわなさは普遍的にあるものだよなと思う。

1年前

(008)罪

「第三の鳩の物語」 鳩の三人称が彼女なのはなんか意味があるのかなーと思ったけど大地の神って圧倒的に女神が多いもんな、と納得 「小さな出来事」 道徳の教科書に載ってそう 「神父セルギイ」 1840年代の貞操観念は極端だけど180年足らずでは人間の考えることって大きく変わらないんだな。

約2年前

世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今

仕事で選書する上で参考になるかな~と思って読みました。8割方趣味だけど。 藤野可織が面白そうなのでちょっと読んでみようかなと思いました。あとウェルベック。

約2年前

946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbEc2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c96afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc3733978c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed33440575 23bc 4435 9aa8 827ed0224bf35d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae 8
I Love Youの訳し方

福永武彦が取り上げられてるのを書評で知って読みました。恋愛小説に限らず新旧織り混ぜて色んな小説やエッセイ、書簡などから引用されていて面白かったです。添えられたポエムは好みが分かれるかな~

約2年前

28bbb5b5 2592 4de8 9df1 5c97734c97f1B9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0f6d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bb2702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d541Ebc3f8cf a5b6 4817 a3a7 7af4483b2b3f5cb785f6 75ed 4034 9872 f56c62ef286808634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 126
(007)闇

「進歩の前哨基地」 「暗号手」 「聖ジュリアン伝」 闇と冠するだけあってどれも鬱々とした気分になる作品。梅雨にマッチし過ぎた。特にコンラッドは重いし大岡昇平はまだ理解の余地があったけど、ジュリアンはよく確認しろよな!と思いました

約2年前

ジョゼと虎と魚たち

「不機嫌というのは、男と女が共に棲んでいる場合、ひとつっきりしかない椅子なのよ」 女性の描く恋愛小説苦手なんだけど、たまに抉るようにすっと入ってくる一言があって面白いです。 誰かを許してやることも娯楽の一種だよな~到底許せる気のしないクズばっかりだけど。

約2年前

B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f43e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff0624f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Dd1c0d16 3fc2 426e b569 dc3d1a72249dIcon user placeholder9437c007 975d 417c abab 9115cb6284146af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd 24
幽霊たち

映画について言及してる辺りが特に面白かった。さらっと読める短さだけどまた時間をおいてから再読したい

約2年前

988dedd6 ac3d 4f89 b0a6 a6358c72cf2eC6ec28f0 bc08 49e3 a422 dd448311a9b5536e84d6 c9f3 4e6e 832a a91ecbf069a2975819f3 5e97 4d98 9f65 f3a84b4fe58129c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abcEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f 39