4315fd4c 5d1b 49a2 bdf0 c040f6f13d3e

まり

ミステリー、自己啓発よく読みます

ミステリー、自己啓発よく読みます。ファンタジーも少々。

14

コメントした本

増山超能力師事務所

導入編という感じがありありのキャラクター紹介編。 ただ、今のところそこまで魅力を感じませんでした。現実離れしすぎてるのでファンタジーに感じるのかも。

2年前

62c515cd 20e7 42ea bbf2 7caa5fc137541bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f82431525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad49e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b75945300d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6 10
小暮写眞館(下)

上巻より下巻の方が引き込まれます。風子の事を家族で改めて向き合うところがじーんときました。 最近の宮部みゆきさんの作風の謎が巻末のインタビューで解けました。しんどいかもしれませんが、ガチガチのミステリも読みたいですね。

2年前

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7B8dc54fb 1533 4bbf 89c7 aa00a4e3db579b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f744e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d41 16
共喰い

私にはあんまり合いませんでした。芥川賞は相性よくないのでしょうか。

約3年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2418b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589dIcon user placeholderBcc272ab 2228 4771 8cfc 667dbcb18ed3
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

人生に悩んで自己啓発本や、セミナーを受けた内容の集大成が書いてありました。この本は読んだだけでは理解できないし、真に理解するのは難しいです。でもこの内容が頭ではなく心で理解できた時頭にスッと入ってきます。

約3年前

7e76449d 1a03 42b4 8d96 822fdd1eb12e1783b7a5 d3c2 4efa 8e3c a29ed9323e0fF780ff7c 419a 41c0 a24e 49a7fdd34596B88c7126 e57a 43c4 ac31 295853958ea347c0b6c1 0757 474c ae64 33c6e14dded3Icon user placeholder52cf9eda ffcd 4a67 b5ca 30db065a161d 734
希望荘

前作の衝撃の結末のその後の杉村三郎をえがいた4本の短編集。砂男が一番面白かったと思います。 今までは、私立探偵杉村三郎が誕生するまでの序章だったのであれば、今後の作品が非常に楽しみです。 安定の面白さでした。

3年前

B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8E340cffe e23d 4aac 974c ed834c86211b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad433d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3Icon user placeholder4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f 33
ナオミとカナコ

ドラマが面白かったので購入。ドラマよりも展開はあっさりしていましたが、やはり面白かったです。原作とドラマもほぼ結末が一緒でした。 後で原作を読んでみてもドラマはかなり秀逸な出来だったのだなぁと思いました。

3年前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d3839daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eIcon user placeholderF2ab4abc e2a3 46a2 b580 5fa93ba24c01C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910d7a3d40 9d2f 4a8b acd9 4ed531fb446b41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d9 24
主よ、永遠の休息を

わたし好みの本でした。最後がやるせないけど、こういう結末だからこそ良かったのかも。悲しくて切ないお話です。

2年前

B17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6771389a0 f77a 453f 9e27 51b32b3feebc51aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb14a17af4b 57ff 4d7e 881e 048a0be2670d75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6885ea5ef a5ff 45bb b425 bb2b724eafae0eca4700 76f5 4ac0 b593 a86b34ba069e 8
小暮写眞館(上)

宮部みゆきさんの最近多い作風。写真にまつわるストーリーを解明して行くお話。正直引き込まれる感じはないです。下巻の方が良いですね。

2年前

2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b033c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037Caaa5622 9306 4d5c b511 abed3d2d5d07946cd7c5 f34d 4a86 9591 8e086714c66b989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7 22
陸王

下町ロケットに通じる面白さでした。さすが池井戸さん。最後の方、逆境にもめげずにみんなで団結するシーンは目頭が熱くなりました。最近読んだ本の中でもピカイチです。

約3年前

A1c4633d dde7 4a20 bf08 e9432f017cc46de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca442476b848e8a f76b 4f55 9e49 7b6d1172af9dE7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddA20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8Icon user placeholder 78
危険なビーナス

ちょっぴりミステリーの要素もありましたが最近の東野さんはどちらかというと設定やキャラと人間関係に重きを置いている感じ。安定でおもしろいんだけどなんか物足りない感じがします。 犯人は意外でしたけどね。

約3年前

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988aB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f14e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb89922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e9 14
カエルの楽園

今の日本をカエルの王国に置き換えて風刺している物語。わかりやすく単純に置き換えているだけに余計怖くなってしまう内容。 内容に全て同意するわけじゃ無いけどあらかた内容は正しい。自分で政治や物事を考えない日本人ってある意味怖いです。 読んでいるとモヤモヤします。短く、サクッと読める分量です。

3年前

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141C6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc8C369da62 a91c 48f0 81e9 d38ee893f278Icon user placeholderA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2C45761d2 bc40 4df5 a14e 72329eb98b9f0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150a 68