Ba557f77 8e7c 4cc2 8225 be8b96a5f94b

fumi

大学4年生 小説/エッセイ/ たまーに倫…

大学4年生 小説/エッセイ/ たまーに倫理学

8

コメントした本

時をかけるゆとり

電車で読むとニヤニヤが止まらず辛い!ほんと面白い。 真似はできない。笑 小説もいいけど、エッセイだと文才の素晴らしさがよくわかる気がする。

約2年前

5d7f427e 0ade 4a12 b4d1 68e9fc8084e69ad0fddd fe30 4f7e 87ab d4d92d90b3a0Icon user placeholderIcon user placeholder0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Icon user placeholder605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817a 74
翻訳できない世界のことば

友達や家族と読むと、実生活で覚えて使ってみよう!となるので楽しいです。 日本語から選ばれてる言葉たちも興味深かった。 やっぱ言葉から認識できる世界は広がって行くのだなあと思うばかり。

約2年前

101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a21Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a76426966ff98d0 31a0 41bb b04f 941e232adc10F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4Icon user placeholderIcon user placeholder726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012 104
働く男

変人の頭の中を覗けて面白かった。

約2年前

Fd66c2b1 2c02 46f2 acf5 d96effd4729eFbe8c3d7 7a51 465c 9ef3 296d8e9f54efD24c4658 8632 42ef b096 4c3a98fd38f3Ed2c5066 c7c1 4cdf b83d d5067ee9a8d2Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f 89
しをんのしおり

数々の妄想にクスっとなる。読むだけで楽しい気分になれる。

約2年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cEdcd869d b717 48e7 88d8 8a04119e2b17A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fAe59d293 b9be 4dda 8237 87d5a9e2641934ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6091cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffb6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376 12
完全な人間を目指さなくてもよい理由-遺伝子操作とエンハンスメントの倫理-

例などもあって、エンハンスメントの問題点について理解しやすく書いてあった。 さすがサンデル先生。 コミュニタリアニズムの色も見られるけど、そこまで偏りはないんじゃなかろうか。

約2年前

07381173 98e8 4bdf 9975 1ae89a889dee040952a4 ee22 4a1c 9b66 f47234e30d5467f7a2b2 3359 43b5 b3df ff5061b04740
舟を編む

タイトルがなんかこう、素敵。 不器用な人間が辞書のために奔走する姿は応援せずにいられない。 辞書の一語一語にこんなに想いが込められているとは思いもしなかった。

約2年前

183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28fC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa8325d468 eec9 4f24 a18f 67f9e8f9c9e625061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b8364c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5865cffbd 731a 4678 951e b461b4405005E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864 287
その日のまえに

当たり前の日常が当たり前じゃないことを改めて感じさせてくれるお話。 涙ダーダー。

約2年前

47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Icon user placeholder2cde1c57 f197 43a7 b8f2 23a063d8c6cd009221a8 ad9d 4775 848b b40023d2c4910b2c8078 e178 4bc4 80a0 55f6c27bea14B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399E85eb4cd 5ad8 4f4d a0c4 74cad3314b73 56
そして生活はつづく

見習いたい。 流れていってしまう生活をどう楽しむかで人生の豊かさは変るんだろうなあ、と思った。 星野源がますます好きになる本。

約2年前

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb7635f779f5 3bad 4681 9bf0 d698641b78f4D24c4658 8632 42ef b096 4c3a98fd38f3Bac28f43 c94f 4c65 9dbb 70a50ffdad20Ef964df1 e8b3 4280 9c0d 88d5577e43ffF0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4 149