F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録開始】

【2017.05.01~から記録開始】

60

コメントした本

惡の華(1)

田舎を三人で脱出するものの警察に捕まるというところまで昔読んでそのまま放置していのだけれど「伊集院光とらじおと」で映画化を知って最終巻まで読破。(むしろ今まで映画になってなかったんだ) 同じクラスの可愛い女の子のブルマを偶然盗んでしまったところを鼻つまみ者の仲村に見つかってしまい奴隷契約を迫られ、次第にそれに同調していくようになり…何もない田舎、つまらないクラスメイト、このまま朽ち果てていく未来が見えるような息の詰まる青春でもがき苦しむ青春。祭りの最中の焼身自殺未遂で一応のストーリーの決着は見るものの、その後、冗長なエピローグがずっと続くというのは人生そのものみたいで面白い。大して盛り上がらない、アクションも陰謀もない、あるのは、ただただ日常で、しこりになった過去に向き合い、誰かに恨まれ、誰かに好かれ手を取り合い、励ましあい、支え合い、これが、青春の頃、もっとも忌避した結末、もがき苦しんで必死に抜け出そうとした日常が、幸福なものとして慈しむようになり、かつての身を焦がすような苛立ちはどこかへ消え、淡々と日常を送る。 それにしても海で三人でくんずほぐれつの滑稽な取っ組み合いをして、それを結末とするのはとても良い結末であったし、あれほど心を揺さぶったボードレールの詩が、かつての輝きを失ってしまうというのもなんとも人生っぽい。 とにかく、思っていたよりも、すごい良い作品だったけれど、すごく読むのに体力の要る作品だった。

3日前

60e2b699 ee34 4463 b591 f03d5dfadb1bIcon user placeholder46d15f34 072b 455e 88f0 9c73a374d420Bf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00a
のぼる小寺さん(1)

久々の大当たり。小寺さんというヒロインがすごく可愛い。自分が好きなものがあって、好きなものに対して一生懸命で、その一生懸命さが周りを良い方向へ導いていく的なキャラクター造形。単純に好感が持てる。惚れた腫れたの恋愛模様を描くことなく、でもみんな小寺さんのことが大好きで、ここまで心の機微を描ききれる感性が素晴らしい。

約1か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderE5fd4d60 7944 41eb b722 41669c1368e709558301 05d3 4597 94b5 e4e21a676323
数学者の休憩時間

ツイッターのフォロワーさんがおすすめしていた本。 大ベストセラーになっていたのは知っていたけれど、なんとなく「国家の品格」って、そういう話?と思っていたので、食わず嫌いをしていたけれど、これはすごく面白い。 自分の子どもが産まれるまでの、夫として、妻とともにあたふたしながら、試行錯誤を重ねる話と、亡くなった父の足跡を辿る話に、軽めの話がサンドイッチされているといった構成。具にあたる部分には、軽めとは言えど、数学者としての苦悩や、教育に関する話など、ずっしりと詰まっている。 亡くなった父を巡る話。自分の父方の祖父が亡くなったのは小学生の時なのだけれど、あまり感情を表さない父が、夜、寝静まった後、声を押し殺して泣いていたのをふと思い出して、胸がぎゅってなった。 死と、そして、遺された者、そして、これから死にゆく者。なかなかの良書でした。

5か月前

孤独の価値

だいぶ前の作品だけれど、森博嗣が隠遁生活を送っているとは思わなかった。。。

6か月前

818d25d5 1b01 426e 8e61 12d45e70c328Icon user placeholderE678e548 e934 443f b1ad 9f6714f1a26c055a3fc7 061f 4681 bb33 e06213bc3d5aIcon user placeholderCd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6Aab6e69f 086a 4cc8 872f cf860c396870 44
ライト・ノベル

NHKへようこそ、から7年ぶりの新作。 舞城王太郎とか、佐藤友哉とか、そういうファウスト系が好きで、滝本竜彦とかももちろん読んでいた。小説版のNHKへようこそ、とか、ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂとかは、当時としてはベストに入る部類の小説だった。というか、思春期のころに小説を読み出すときに、入り口として彼から入った。 あれから、何年も経った、新作、ということで、読んだ。個人的には、すごく面白かったけれど、そういう「ゼロ年代」とか、「ファウスト系」とか「新青春エンタ」とか、そういうのが好きでも何でもなかったら、まったく面白くもなんともないと思う。 ストーリーは、家族関係に悩み不登校気味の高校生が部活を立ち上げて文化祭に向けて頑張るのだけれど、ロッカーが異世界に繋がっていて、という青春異世界モノだったのだけれど、ストーリーらしいストーリーが展開されず、「闇の世界」と言った精神世界が展開される。 ただ、この七年間、小説を創作することに、すごく苦しまれていたんだな、ということがすごく分かるし、ゼロ年代の旗手の一人として、走り続けてきた彼の想像を絶するような苦労が刻み込まれた小説だった。そして、この小説をもって、ゼロ年代が、ほんとうの意味で、終わったんだ、って思った。

9か月前

しょぼい起業で生きていく

えらいてんちょーのnoteで無料になっていたので、一気読みしてみた。なるほど、200ページ近い文章をネットで読むとこれくらいの手応えがあるのか、と、思った。 内容は、最初からあまり大きく賭けず、なるべくお金をかけず、融資を受けず、仕事も辞めずにやっていけば、運が良ければ人脈が育って、段々儲かるよ、ということだったと思う。 後半はphaさんと、借金玉さんの対談が掲載されているのですが、テーマに関連してるようでしていないような印象を受けました。 調べてみたところ、要町のバーエデンを作った方ということで、そのバーの名前はツイッターで聞いたことがあるので、ネットってのはすごい。 まあでもツイッターも長くやっているけれどフォロワー600くらいしか増えなかったので、自分にはキラキラ起業家は難しそうだなあ、、、

9か月前

Icon user placeholder5e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b79c5e4fad 3236 4ac2 850f 02112097696486bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d266ff98d0 31a0 41bb b04f 941e232adc1047cb5799 a38a 4856 87b2 82b461119acd47dc46b0 c76f 4dd4 8885 3159037df71b 41
地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門

地域再生に関する本。 国からの補助金や、旧来の組織や、地元に根付く慣習によって、地域再生が阻まれていく構造が小説仕立てで描かれている。 作者がぶち当たってきた問題が、小説という形をとることで、実例とともに、その解決策を紹介している。このことによって、結果だけではなくて、問題解決にいたるプロセスが、手に取るように追える。 あと、普通にお仕事小説として読んでも面白い。

9か月前

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7eCe2d667b 9eb1 4b40 b2b5 20dbb3d8eabe850c4c6a f7ec 4d11 a627 ef19ea8e8bfeF08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28
本当はちがうんだ日記

ほむほむのエッセイはこれで三冊目なのだけれど、さすがに三冊も読んでくると、前に読んだような話も出てくる。それでも、飽きずに面白く読めるのは、やっぱり言葉のセンスと、深い観察眼があるからだと思う

10か月前

Icon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Ec9f86ed ca23 4a7b a400 09fca7a63865Db8e8619 41d4 40de a264 8ceb34493614303f497b fafd 4834 9ea1 7d61f4e8b6bcAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Icon user placeholder 56
メモの魔力 The Magic of Memos

ダ・ヴィンチやエジソン、ヘミングウェイなど、メモ魔だった偉人というものは多い。 この本で書かれているメモ術は、ファクトに、自分なりに解釈した抽象と、そのアイディアを自分の事業に転用できるか、を付け足そうというもの。 ただ、メモってけっこう難しくて。何よりも、持ち歩くのがめんどくさい。自分はメモを持ち歩いていても、鞄が雨に濡れてびっちょびちょのごわごわになって、何冊もダメにしているし、濡れないように袋に包んでいれておくと、めんどくさくなって取り出さなくなる。じゃあ、家に置いておけばいいや、って思うと、なかなかメモを拓くタイミングが無く書類の地層に生き埋めにしてしまう。 じゃあ、スマホでメモを取ろうと思っても、なかなか閲覧性の高いメモアプリっていうのもない。Evernoteは、昔アカウントを取ってはいるけれど、階層がぐちゃぐちゃになってて、めちゃくちゃになっている。Googleカレンダーにメモをしたこともあったけど、目当てのメモを見つけるのがすごく難しい。Keepはメモをするのには良いけれど整理がつけにくくて放置。ScrapBoxもいまいち肌に合わない。 しかも、やっぱり手書きに勝るスピードに勝てるのは、キーボードくらいで、フリック入力で文字を打とうとすると、なかなか上手く打てない。そして、図を書く必要があったときには、手書き入力がなかなか上手くできない。そして何より、人前でスマホを持っていると、まるで話に興味がないように見えてしまう。 携帯性と入力のハードルが高くて、そもそもメモ術以前の問題だということが自分には分かった。。。笑 すっげー持ち運びやすくてすぐに手に取り出しやすくて見返しやすくて、かつ、粗雑にメモを書き殴れる程度に安価なメモ、発売されないかなあ。

10か月前

58f62130 ecaf 4bbc 8c81 94347ecf897382d753f6 5ade 49df a35b c5a87ab0c7d6Cfc25a64 595b 4142 adeb 36e6a0660850C1940fee 8b71 4cc3 97f5 6f692f25320cC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46Bcc61cef deb5 42bb ae60 0398b297f82204bbfbe4 0c50 45c0 8120 405284e403de 219
バカとつき合うな

ネットニュースを度々騒がせている2人の共著。 実際、読んでみると、それほどおかしなことは言っていないので、イメージは変わった。 「行動しろ」ってことが言いたいのかな。

10か月前

58f62130 ecaf 4bbc 8c81 94347ecf8973743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d5e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b77e81764b d660 40d8 820e f9f626ca5c103492b0da 5797 49c6 aa86 b29efe6f65b3Icon user placeholder640242fa 6286 418c b594 2a6eb21e57cf 42
しったかブリリア(1)

意識高い系でイキリまくってしまう男の子と、周りに同調してしまう癖がある女の子のドタバタな恋愛模様を描いた作品。のぼる小寺さんはどちらかというと、しずかーな世界観だっただけにこちらは全体的に華やかな感じで、作者さんが実験しているのかも、と思って面白い。 「自分より10cm以上小さいひと 男として見れんくない?」的な男に対して、時たまアタリの強い性格づけも豆時代の名残が見える。 2巻で打ち切り的に畳んでしまうのだけれども、このイキリに対する作者の結論はけっこう好き。イキリたおしてる男を嘲笑う的な作品なのだけれども、ポジティブで愛情がある結末になっている。。そういう男も可愛いよね、的な、人間って良いよね、的な。

約1か月前

一九八四年

どっぷりと物語の世界に浸かりたいと思って手にとった一冊。その期待にはしっかりと応えてくれるほど、堅牢な世界観設定と、まさにありそう(というか、部分的には達成されている、物語世界よりも洗練された形で)な出来事が織りなしながら、徹底的な逃げ場を潰されていくように、追い詰めていくドSなストーリーに掻き回された感じの読後感。 2分間憎悪はツイッターそのものだし、ニュースピークは昨今の誰にでも分かるように書かれた文章こそが専門的であるみたいな風潮に似ているし、歴史は常に改竄され、常識はかなりの速度で書き換えられつつある。他にも、二重思考、ダブルスピーク、テレスクリーンなど、既視感のあるものばかり出てくる。 この物語世界における希望は、人口のほとんどを占める最下層階級であるプロールたちに託されているわけだけれど、私たちが生きる世界のビッグブラザーの支配はエリート層だけに限ったことではないことだと思う。そういう点においては、1984年は楽観的だったと言わざるを得ない。 とは言え、小説全体の60%ぐらいまでは世界観の説明と後半部への長大な導入となっており、昔のSFによくある「世界観はすごいけれど、物語はありきたり」という状態で、とくにラブロマンスシーンは、読むのも退屈だった。もちろん、この60%があったからこそ、あとの40%が活きているというのもあるのだけれど。。。

5か月前

C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b765ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53bA2af5399 de22 493a 9689 89db428afad85718c3dd 08ae 43f6 b5d5 e0a22349b4759f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fb406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Bb9ff419 ca99 4e13 acce ffc12d47e08b 145
WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書

平成最後のGWは、これを読んでWordPressを弄って過ごしていました。 どちらかと言うと、htmlで組み上げたページをwordpressに落とし込んでいく系?の教科書でした。この本の通りに、サンプルページを作り込んでいく過程で、どのような構成で作られているのかが分かるところは、すごく良かった。 ただ、さすがにちょっと古いので、wordpressもバージョンが上がってしまったし、紹介されていたプラグインも丸々使えないものがあったりもした。 良い、GWが過ごせました。

6か月前

近代文化史入門 超英文学講義

Kindleにてセールになっていた本。 実用書というか、これくらいの内容の濃い文章は、やっぱり紙の本で読まないと、いまいち内容が頭に入ってこない。ところどころ面白いところはあったのだけれど、読んだ端から忘れていってしまう。不思議なものだ。 ちょっと出会い方が悪かったかも。

7か月前

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

後書きにも書いてあったけれども、まだ勝敗のついていない企業について書くのは難しいことだよなあ、と思うけれども、たくさんの有能な人たちが、どんどん集まったり、時には離れたりして、日に日に会社の規模が大きくなっていくのを追体験できてワクワクしてしまった。 シェアオフィスの一角と、深夜のファミレスで仕事をしていたのが、本書の終わりの方では、アメリカに支社を構えたりして、すごくワクワクできた。 あと、社外の人や、ライバル企業にも、取材をされていて、緻密に書かれているなあ、と思った。

9か月前

Icon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Icon user placeholderD7c3912b d799 457a 9b55 4fe2b6fc5d8045122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3C120e3f0 b04f 45da b43d 3c92fa4c4ae4 16
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

いわゆるハロー効果について書かれた本。 タイトルの通り、「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」ということについて、図解や詳細な説明が加えられている。書籍というよりも、ブログという構成になっているため、遅読な人でも1分で2ページは読み進められるので、電子書籍版の方が手が疲れないかな。 でも、確かに、こういうことって往々として世の中にはありふれているし、自分もやってしまいがちで、だからこそ、いわゆる「要領の良さ」っていうのは人生の質に直結してくるなあ、と思った。 なんというか、自分はマイナスの錯覚資産ばかり生み出していたなあ、と思って、反省した。もっと、プラスになる錯覚資産を生み出していかないと。

9か月前

Edc85d45 cdf6 4c69 b403 80bb269b0b65Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659Icon user placeholderCfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb979bd244 2fb4 49e2 a60d 5100edc9f157C1940fee 8b71 4cc3 97f5 6f692f25320c743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d 56
たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉

この前読んだ箕輪厚介さんがこの方の考えに共感して、懇願してこの人の本を出しただけでなく、彼が率いる幻冬舎に転職したという話を聞いて、どんな人なのか気になったので検索してみたら、Kindleで299円だったのでポチって読んでみた。 ものすごく熱いお方で、今でこそネットミームになった「圧倒的成長」や、「圧倒的努力」という言葉を多用されている。そうやって、角川時代に角川春樹についていき、1人で幻冬舎を立ち上げたので、実績に裏打ちされた言葉の重みがあった。そして、これだけ熱狂できる仕事に出会って、これだけ打ち込めたら楽しいだろう。 今でこそ「働き方改革」とか「ワーク・ライフ・バランス」とか「イクメンパパ」なんていう言葉が流行っていて、このような仕事に心血を注ぐ働き方は、平成の終わりとともに駆逐されそうだろうなあ。 日本赤軍や学生運動の話は、もはや自分にとっては、おとぎ話みたいにしか聞こえなかったけれど、重信房子のエピソードはロマンチックだった。 面白かったには面白かったし、参考にしたいと思ったし、励まされたような気にもなったけれど、ちょっと、鼻白んでしまうような章もあった。安倍首相スゴイとか、ゴルフとか、時計とか、高級料亭の話とか・・・

10か月前

Icon user placeholderB4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d889c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3Icon user placeholder4222be95 10ec 4dbe b725 1349d8aceb4b468671bf b341 405c b0c4 10d8468f5de5Dbbda5d6 8b9b 4f0b a41f 30a0557c1bac 9
死ぬこと以外かすり傷

2018年に読んだ最後の本。 この数年間でネットメディアの勢力図は大きく変わった。SEOで最適化されキーワードを散りばめただけの模倣記事が上位に食い込むことはなくなった。 そのかわり台頭してきたのは、「さよなら、おっさん」で話題になったNewspicksだ。あれはあれで、色々と言いたいことがある人は多いだろうが、2018年はまさしく、NPの飛躍の年だった。 そのNPのビジネス書は、いまや多くの書店で平積みされるようになった。前田裕二「人生の勝算」、堀江貴文「多動力」、佐藤航陽「お金2.0」、落合陽一「日本再興戦略」などなど。 彼らの本を仕掛けている編集者の箕輪厚介の自著。正直、帯に書いてある「革命的仕事術」というのはいまいちよく分からなかった。多分、「働き方改革とか言ってないで死ぬほど働け」ってことなんだろうけれど。 読後の感想は、彼が手がけた本の特典メイキングDVDって言う感じのテイスト。

10か月前

C3c4566b 6f1a 4850 9244 7c3ebe605e6382d753f6 5ade 49df a35b c5a87ab0c7d699a156a0 6b1d 43e9 8e74 abefd530645d1f771664 e68c 4349 b986 cadfe21c9c18Ab54d8fb 65f2 4053 bba9 8cc23db7f30eA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06Icon user placeholder 91
学びを結果に変えるアウトプット大全

書店でも平積みされているし、ネットのレビューでもすごく評判が良いけれど、自分にとってはいまいちな本だった。 「挨拶をする」というのも一つのアウトプットとして書かれていて、自分が知りたいアウトプットとは違った。 さらに「泣く」というのもアウトプットとしてページを割かれていて、著者の泣ける映画リストが掲載されていて、んんん???ってなった。 こう、もうちょっとメモ術とかノート術とか、アイディアの発想法的なものかと…

10か月前

934a3726 ac2c 451d a14c 41aae8055b16C45bdd27 852b 4e33 a304 99c40b21ead8B0444a8b 1a3b 49e3 bf9a 73c76655e3f7Icon user placeholderE53f1ca3 cba4 4811 8323 49b2a95eb956A9027523 1118 483c 9df2 b96860d6dcfeEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9 231
0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書

「AIに仕事が奪われる」とか「○○年後には現在存在していない仕事が大半になっている」みたいなことは、よく言われいて、そういう不安な気持ちに対して、どういう対策を取ったらいいか?みたいな本だった。その答えはSTEAM(科学、 技術、 工学、芸術、数学)の素養が必要になってくるだろう、というもので、プログラミングや英語などは、後から付いてくるから、とりあえず、それを勉強しておけ。みたいな話だった。 落合さんは自分よりかなり先を見通しているみたいで、いまいちピンとはこなかったのだけれど、なんとなく言いたいことは分からないでもない気がする。(でも、数学とか、科学みたいなのは、けっこう早い段階で脱落してしまっている自分・・・どうしたら学び直しができるのか・・・までは分からなかったので、結局「お手上げ?」ってことって思った)

10か月前

Icon user placeholderD5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c8361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6238078c4 4835 4fe4 a271 de34ce20d5995aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 37