5864e789 fbd8 427b 9106 ef65cd3f6e99

ChaaaBooo@Jun Itagak

東北在住/知的なデブ(を目指している!)…

東北在住/知的なデブ(を目指している!) 常時空腹(知識的にも物理的にも…)

9

コメントした本

史上最強の内閣

個性豊かで,奇想天外だけど優秀…実際こんな人達が国を動かしたらと思わずにはいられない! 内容は明るくユーモアな部分が多く,政治について書くのだから重いのだろうと勝手に思っていた私には読みやすかった. 政治について触れられている部分は,民主主義,戦争について,外交などなど様々な事に触れられており読んでいて成る程と感じた. 最後のTV記者の方が,太郎についてどう書いたかそれが気になる…

約3年前

キャプテンサンダーボルト

書店の謳い文句に「ただ面白い小説があるだけだ」(誤差があるかもしれない)と書かれてあった. その謳い文句通り冒険アクション映画を見ているような,ワクワクと爽快感があった. 本当に,ただ面白い そんな小説だった.

3年前

B0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aa4aabb353 5f86 4bb5 88be 5e2efec8cf7bIcon user placeholderIcon user placeholderDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa921eac0daf a88a 4be4 ba7f 8a0ece441492535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb 35
男性論 ECCE HOMO

テルマエロマエで有名なヤマザキマリさんの本。 イタリア、ローマの歴史、文化、偉人、そしてご自身の経験から、日本人に足りないところ、男性の魅力について書かれています。 所々グサリとくる指摘がありますが、喜劇のように書かれているため、ニヤニヤしながら楽しく読めました。 ワキワキ、メキメキ、頑張るぞ!

3年前

11dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157Icon user placeholder34c30840 0c17 4abc a97a f2967cdae94d3bd4dc17 a6bd 42de bb75 113d09c1afadFf4eceb9 01df 4c81 bbd4 16e6846b1b72C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e7575801eab ed09 42c7 bb87 14aaac2af77d 23
アグリ

山形の芋煮と農業高校を題材にした青春小説。 山形県民あるあるが多くてニヤニヤしながら読みました。 絶対に芋煮が食べたくなるので注意ですwww

3年前

新釈 走れメロス 他四篇

有名な古典が森見登美彦流にアレンジされた短編集。 愉快なものから切ないものまで、奇抜な登場人物が織り成す物語は読んでいて楽しかった。 タイトルになっている「走れメロス」は爆笑必至の喜劇にアレンジされつつも、友情について深く考えされた。

3年前

86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841Icon user placeholder677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6E918e2ac 2786 4d01 a6f9 351e96a7380d60359939 f57c 4b75 9990 65a6120263fbAkiaivjyeuyp25rambwa4595c374 e72e 4c18 9b24 8f5314a5ee12 38
火車

人生初の宮部みゆきさんの作品. 自分も犯人や被害者のような境遇にあうかもしれない… そんな恐怖とやるせなさを強く感じる. とりあえずラストは心臓の鼓動が鳴りっぱなし.賛否ありそうだけど,私はこのラストで良かった.

3年前

66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dIcon user placeholderE7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89Icon user placeholder80111638 be34 4d57 94d5 59f57824a6c3021c92f0 5cbe 4251 9ed7 e6ea9a2028c0 112
キレる女懲りない男―男と女の脳科学

男性と女性の行動について、脳科学の目線で書かれている本。 男女のそれぞれ理解できないことに対して、成る程!って感じること間違いなし! 老若男女問わず、読んで頂きたい! お勧めではなく、読んで!マジで! と感じるでしょう^ ^

3年前

Icon user placeholderA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb068bac1b8c 8465 4db1 b90f fd7bb37bcff95fa91bb1 108f 46fa aa1d a6aae660f9a1Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bFd2558dd 88ed 43b9 b090 af929d82bd26
旅のラゴス

旅するもののヴァイブルと言っても、過言ではないと思う。 色々なものについて問われているようで…深く考えさせられます。 ファンタジー小説としても、面白いのでそちらが好きな方にもおすすめです。

3年前

6c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7bB7c65fe1 dd79 4b57 9845 c1061518f519060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d0859cbeb2b a74b 49f6 ac0d bb8d8e0ffc26E60d665d 8e63 47e5 bc6f 9b04dae698caA497086c 1bd2 4c8f 9e96 e729c6074ba4826d512d aff0 4fae a2e0 24f5884bbd83 232
夜のピクニック

あの時代には戻れないんだなという切ない想いと、それでも未来は明るいと感じさせくれる清々しい作品。 学生時代に読んでおきたかったと後悔した(T ^ T)

3年前

352d27b6 0f0e 4c0c 99d1 f39573040311Icon user placeholderEa9d5273 f6f5 4f0e b666 e2dcf9d1dcbe6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06518b1300 aa7a 47da 9d4a ad3f15ac67ddB202f626 0795 4027 99ca 47cba86060954dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c3 350