3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50

diablona235

本読み初心者 http://cargo…

本読み初心者 http://cargocollective.com/fumiko_azekawa

78

コメントした本

さくら

本が読みたいと本屋に行って買った本 家族内に悲劇と喜劇は起きる。いつも家族と共に過ごしてきた『さくら』は居るだけで問題を解決してくれて居たんだと思う。それは言葉での意思疎通が出来ない動物のコミュニケーションだからだろうか。 動物はすごいチカラを持っている

3か月前

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Icon user placeholder5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3Icon user placeholderIcon user placeholder1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585 47
舞台

太宰治の『人間失格』の現代版、いや、感化された現代人が主役の話。読んでてイライラする部分があったのは自分もそういう人間だから、か。 人は人をジャッジする。良いとか悪いとかじゃなくてそういうものを持ってるのが人間か。 西加奈子さんの本はいつも心がえぐられます。

5か月前

De620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a67de685c b4f4 4ab1 9eb5 eec1c8f30807D7f4a023 7ae7 4f7b 96ba 7696b7d11ecfD2ee1ae0 1dde 4ab4 b54c 6b06d343118b076813b7 f3fe 4605 b771 d8f38b5e2567D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef3137fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4fe 55
i

読んでいて身につまされてきた。幸せと感謝は努力して思うことではない、そんなのそうであるけど 何故かハッとしたり。 『誰かのとこを思って苦しいのなら、どれだけ自分が非力でも苦しむべき』 見て見ぬ振りとは確実に違うこの考えは忘れてはいけないかなと思う

6か月前

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb766d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e74Fc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad95343a35d5b 6983 40d3 85c3 a2f7f2a635561e251ad4 6e1a 4aaf be54 1a999663ecf7860a662b 8206 4677 94ea 201fc489fad781bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f 210
町でいちばんの美女

図書館で借りて読んでいた為、全部を読了出来ていないけれど、短編集のこの作品は日々の出来事の物語なので短編であるのだけど地続きの長編的でもあった 気に入ったのはタイトルにある『町でいちばんの美女』と『精肉工場のキッドスターダスト』この、並びも良かったかもしれない ブコウスキーの本に出て来る女性はお世辞にも清楚な美女、モテモテの美人とは言えないどしょうもない人ばかりが出て来るのだけど、放っておけない様な魅力を宿してる人が多く、彼が彼女たちに惹かれる理由もそこにあるのかもしれない その中でも『町でいちばんの美女』のキャスはダントツだった 実際、書かれている文章でもそれがわかる

10か月前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c50afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb7606173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82fIcon user placeholderE7caae55 b5d6 4e40 bb75 659cb05bff23D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785bIcon user placeholder 25
通勤電車でよむ詩集

まさしく通勤途中に読んでいました。 人混みの中で周りをシャットアウト出来る本で、 しかもこんなに色々な詩を見れて楽しかった。 お気に入りの詩も見つけられました。、

11か月前

Icon user placeholderF157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798bFf847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3B19d9309 55d7 44a5 952c f7071f8684a493dec1e9 00e7 4b8b b7d2 15855ecd99deD2122103 4cd3 440e 9d82 6c06062d2d33 24
車谷長吉の人生相談 人生の救い

相談した人はきっとスッキリしないだろうと思う回答を毎回答えてくれる車谷長吉さん。 心が晴れる感じではなく曇っていくような答え。 でも、人生そうなのかなと思える言葉が所々に散りばめられてて、その場で気持ちが晴れ上がるより少し良いんじゃないかなとも思う

約1年前

2bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d164bc0491 715f 4e43 8787 0100a61a2928Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de559b69345 fd38 4c60 9112 b8f1b167579e
夫のちんぽが入らない

これを読む前に【セックスレスが過去最高】の見出しとパーセンテージをネット記事で見て『そうなんだ〜』と軽い印象だったのだけど ある夫婦の一例をこうもみるとセックスレスを軽く見てはいけない、セックスレスと一言で片付けてはいけない 親との関係、旦那との関係、社会との関係 全て上手くいくことなんて出来ない する必要もない 著者にこの本を書いた事を良かったねと言ってあげたい 吐き出す場所が出来て良かった タイトルのコミカルさと冒頭の旦那さんとの出会いから楽しいだけの内容で進むと思っていたが 現実の話しが次々に出てくるリアル話であった ご夫婦お二人共、とても真摯に生きてる方だ

1年前

66eb491d 010c 4c24 85c4 ef8eb2d41b3e6a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd834Icon user placeholderIcon user placeholder605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aC4e83bbe 7969 467b b17d 871ecfe6aaf8F89ea323 c218 4bef a33c a5cd1edcb341 140
ぼくの道具

本格的な雪山登山は今の所しようとか思ってないけど、書いてる山登りの時に必要な道具は避難用具として使えるのがあったし、そう言う使い方があるか!となるほどと思えるのもあった フィルムを使う自分としても赤外線を通さない あの袋は欲しいな〜 以前海外旅行の帰国時にとある中東の国で 説明したのにわかってくれず赤外線に通された事が。。

1年前

Icon user placeholder978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2E679023c 7217 427c 9891 dfc620830ec4Icon user placeholderD0358647 0566 4eeb 8441 93a547a16571E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fPicture 14
悪童日記

衝撃だった、一作目の悪童日記スラスラ読める

1年前

E7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa30621687 8c28 4cf5 9b0e 80b0cfcc817253f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e02bc427b e16a 4e9f 9d83 03afe23c1733Bf1e1472 c4ff 4b24 a9d2 585f29fe1dc2 78
夢十夜;草枕

短編と詩的な文章。って言うものあるからなのか、しんみりした結末はなく中身の濃い話が10篇。 わたしは読んでる間全て青色がかっている映像が流れる妄想でした。 スパッと終わってしまう話しは少し儚い感じが漂っていました。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder18408e5b f9e2 46e7 99b2 c9365be137736c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c97f2b2e65 8fbb 4f3a ac4a d3b03f83111d49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724 25
村上昭夫詩集

難しい内容の詩ではなく、真っ直ぐで綺麗な詩でした。 この本を再販で…という名目で学校の装丁課題で使用してそれだけ自分にとって影響を与える本となりました。 特にお気に入りの詩は『五億年』と『宇宙を隠す野良犬』 この詩集の中に出てくる時間隔が人間の生きられる時間を遥かに超えいるものが多く、彼の生きたいと願う気持ちが現れています。

6か月前

路地の子

SNS上に書いてあったけど、『血と骨』の路地バージョン。 同和問題の歴史をしっかり知っていないのでそこら辺の印象は読了後自分の中に残らず、龍造の考え方や生き方が印象に残った。 破天荒であるけどお金を散財するような人でもない。商才があるってこう言うことなんだろうか。 世の中にはこう言う人もいる、にとどまる。

6か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be09f4c76b cfa0 4cc9 b578 151284c8a5da983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4Icon user placeholderEb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a 9
ことば汁

前回読んだ小池昌代さんの内容とは打って変わって 少し怖さ(恐怖とは違う)と激しさ、そして空を見つめる様な悲しさに似た気持ちを感じられる短編集でした。 ホッコリするような内容では無いけど何かココロに引っかかる事を刻んでくれる本でした。

10か月前

わたしたちはまだ、その場所を知らない

小池昌代さんの詩を一編よんだ後に見た小説 エッセイ的な本や詩の解説などの文章を見ると手書きの直線の様なまっすぐな文と鉛の様に重くズシンとくる言葉を紡いでいる人で、この人は文章を書く人ではなく言葉を書く人なんだとその時感じました。 そんな方が書いた中学校が舞台のこの小説は、文章ではあるけど詩で構成されている文。というのが印象で、身体の外部的な動きは少なく内部的つまり出てくる人々の精神的な部分が色濃く描かれていて場面を想像する時の描写がスローな映像、もしくは写真の様な感覚でした。 描かれている人のまっすぐな気持ちが独特の言葉の表現で表されていて重くのしかかる部分もありますが身軽な感じもあり、それが雪の様な小説でした。 そう、何故か透明ではなく少し濁った白い雪の様な。

11か月前

かなわない

子供のいない自分に子育ての体験がないので実際の苦痛はわからないんだろうけど、 読んでるだけでキツイなと思う。 そして何より20代の若い時代にはとてもキツイと思う 赤裸々に書く事によって少しは浄化されて居れば良いなと思う。 彼女が変わってるなんて思えない、むしろ共感出来る部分が実は沢山ある日常だった

1年前

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4Decf1b91 4361 43f0 b176 6b9eeb6410b15faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd81004 62
最後の冒険家

海に漂着した時のもう終わると思った諦めた感情は、本当に死を覚悟した絶望の先の気持ちだっと思う。 アマチュア冒険家の神田さん、自分の付近にいる人だったら最後の太平洋横断の時、なんと声をかけただろうかと考えてしまった。

1年前

5da99c02 fdfe 4bcc b4d9 4fad765a56c079944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e23548D9a82045 dfe9 4fc1 8423 7e2a73a0e84025c347bd 78c2 4182 91d5 959df070dcaa51874f89 4f9e 4dfc ac8b 5afe88c14f826db05130 c821 4387 a037 bd04ec6611131c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0 8
第三の嘘

第三作目で完結なのだけど、物語を作った素晴らしさも去ることながら、彼女の中で一生許されない出来事が確実にあるんだと言う事が見えて来る。 でなければ、こんな文章を書く事は出来ない。

1年前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d3583202bc427b e16a 4e9f 9d83 03afe23c1733Bf1e1472 c4ff 4b24 a9d2 585f29fe1dc2Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc24daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0Icon user placeholder 24
凍

やっぱり、沢木耕太郎さんの本は読みやすい。 主人公の山野井泰史さんの人生はご本人の登山スタイルと同じく、人がなかなかいないルートを辿っている。 ドラマティックに進む展開に興奮して、読み終わった後、山野井泰史さんの本も読んでみた。

1年前

F50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fb151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2413bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de7dca8778 fd1f 42fd bd49 78019c1b52799bcf41a6 b65d 46c4 9ccc ea8bf6e8f9721c362a96 99cd 434d 894a e63c4d45776e79944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e23548 15