63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61

さぼてん

たまに本を読みます

たまに本を読みます。 いろんなジャンルを紹介していきます。

28

コメントした本

カラフル

自分の殻に閉じこもっていても、何も発見はできないし、進歩しないんだと教えられた。 自分から動き、自分の意思を大切にし、自分の命を大切に生きる。 世界はカラフルな色で満ちているけれど、自分の色は世界で1つしかないとわかった。 読みやすい文体で表現もわかりやすい。 それでも、深い名言がたくさんあり、とても面白かった。

16日前

B4ef832c ca7e 49e4 a034 6cd9f58756a30cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e40816496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b74c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholder23e52c22 3fd7 419c 94c8 fc2dee5bcc8dIcon user placeholder 252
死にぞこないの青

集団で一人を追い込み、苦しませることがどれだけ罪悪なのかよくわかると思う。 誤解から嫌われてしまったマサオは、酷いいじめを耐えついに復讐を決める。 誰かが生贄の羊にならないように。

約1か月前

Db8e8619 41d4 40de a264 8ceb34493614D23cc226 ad70 4086 9b95 f5afe5d0b8e94e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4fIcon user placeholderF2f82b62 9e2f 49d0 a6c6 d5e70d3009b7Icon user placeholderCeeaa7ff 1f60 43c7 bb95 06bda11a98e7 23
少女

死に興味を持ち、自ら死の場面に赴こうとする二人の少女の話。 交互に視点が変わり、どういう状況なのかが整理しやすい構成だった。 少女なのに、怖い。 しかし、最後は温かかった。

約1か月前

18bf580c 93cf 4731 8241 d61005c8423a16496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b736149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b550fa3f9e 695d 42e8 8d6d ba924f96c0eaCa87addb 20f5 4d85 9707 4df409beb9a2Icon user placeholder 98
夏と花火と私の死体

ある兄妹に殺された少女の死体の目線で物語は進んでいく。 まるで生きているのではないかと思うくらい、描写が丁寧だった。 殺した少女を隠蔽しようとする兄妹、自分を隠蔽しようとする兄妹を何もできず見続けるしかない少女。 殺人事件の物語なのに、スラスラと読み進められる。面白い。

2か月前

C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810b536e84d6 c9f3 4e6e 832a a91ecbf069a23e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3Db8e8619 41d4 40de a264 8ceb3449361490cb2327 e96c 476f a4df 2e5a8794307a8f8ceaab 39ae 420d a59b f3baac91817fE5a2b14a 2711 4f8b 9972 f98939340686 73
人間失格

ある男の、生きることに悩み、喜び、苦しみ、楽しんだ、人間として失格な人生を赤裸々に記した手記。 その手記には、現代に生きる人たちにも通ずる人生観があったように思う。 人生とは何か、人間とは何か、色んなものを考えさせてくれた。

3か月前

E76338e6 b9d0 4540 8388 7804d99769b7Icon user placeholderC6527445 8329 4482 bddd b87a7e82c111Df2dfe88 41ad 4a78 a295 03449242d6fa69a4e54c d97e 4756 96e4 5bbd095d863bIcon user placeholder52bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324ae 110
君の膵臓をたべたい

話題になる前に読んでいた本だ。 もちろん、感動する。どこか人間の暖かさと優しさを教えられたような気になる。そして、後悔なんてしたくないと思ってしまう。 心を空っぽにしたい時に読むべき一作だといえる。

9か月前

15d87be5 7429 4862 b4af 898ad19af76dC1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810b73acae21 c065 4aa5 88ed 7a424412709f4264bb96 7df7 45c8 aa4f afd0e63b5fa9A19b720c 71ee 49cb bb04 ed01b457efc3B0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81dEc385d45 c2cb 46e3 8f59 0391e116e2b1 624
告白

教師である森口悠子の完璧な復讐に息を飲んだ。 時間を忘れて次へ次へとページをめくってしまう。 ラストスパートにかけてつじつまが合っていくのは爽快だった。 夢中になれた、面白い。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholder97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f3511f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c36149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf 152
つきのふね

登場人物たちの成長をとても感じられる物語だった。 人のために生きて、自分のために生きる。簡単のように思えることがどれだけ難しいことかを教えられた。どんなに小さいことでも、ほんの少しのことで人は一人じゃ歩けなくなるんだな、と思った。 大人でも充分に楽しめる内容だと思う。 特に最後は、感嘆してしまう。

27日前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5880d5e72 80e3 47f0 8394 0e9677a95e525107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38E829ad87 c222 48c5 aa75 39fb69803defDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e1be4bb52 e5d8 48cd a771 693e9ac02cfbIcon user placeholder 34
未来

未来へ向かうための一歩、その一歩を踏み出すには暗すぎる過去があった。 主人公だけではなく、登場してくる全員が、未来に踏み出せない過去と向き合っていて、未来に向かってどう生きればいいのかを苦しんでいた。 湊かなえはやはり、重くて苦しい作品が得意だと感じた。だがその重さがいい。読者も苦しくなるその重さが。

約1か月前

4d74a7f0 199c 4194 8bed c8ab2165c3e3Icon user placeholder7488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfbE4487a42 3382 4fef b9f4 5eeb5eb2d9c27f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b88f8ceaab 39ae 420d a59b f3baac91817f 73
小説 君の名は。

時空を超えて想いを伝え合い、支え合い繋がっていく高校生の男女の話。 本当によく考えられている物語だと思った。 たくさんの伏線が張られ、しっかりと全てを収めていた。 楽しいし、悲しい。とても感動した。

約1か月前

C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810bF76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f54Icon user placeholder55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724Icon user placeholderIcon user placeholderBecad6a0 eee6 4e32 aac9 e4866409e9b2 100
火花

どんなものかと読んでみた作品。 内容は難しくなく、お笑いのために日々葛藤し生きた男二人の日常を描いたものだった。 重要な登場人物である神谷は、お笑いとは何か、生き方とは何か、自分とは何か、たくさんのことを説いていたが、その言葉と行動たちがみな痺れた。 ラストにかけては涙が出てくるようだった。 これを又吉が書いたのか、彼は紛れもなく作家だった。

2か月前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholderBec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32a05d430ff 19f3 48d5 b48f 916aceaed080F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eC6527445 8329 4482 bddd b87a7e82c111D24ac79e 28c1 4912 b387 762c0b09ea76 438
世界の中心で、愛をさけぶ

こんなにも切なくなった本はほとんどない。 本当の純愛とはこういうことか、と思わせられるようだった。朔太郎(さくたろう)の思いと、アキの思いが痛いほど突き刺さる。 何度読んでも、面白い。良い作品だ。

9か月前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd6f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521eeC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991E007a519 8ae9 4dd6 ab3d d02ba3da56c742efc644 a74b 4417 9cb6 591a185787dcD8b47ba6 d1b2 46a1 9c4c 399a976e16953adcdca4 209b 4256 afec 2f1c2f7ddf1c 8
天帝妖狐

展開が全く読めない。常に次はどうなるのかという期待感がありどんどんページをめくれる。 視点が変わり人物の心境がしっかりと読み取れるのも爽快感があった。面白かった。

9か月前

F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e1368343e1b1d6 ce1f 4c86 8405 2f01917e44ff8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4fIcon user placeholderE5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c8F2f82b62 9e2f 49d0 a6c6 d5e70d3009b7 23
こゝろ

恋は罪悪である。 先生の暗く、嫉妬に怯えた壮絶な過去がスパッと入ってきた。 難しそうだと避けていたが、読んでみると、避けていたことを後悔。 現実的な人間の心情が描かれているようで、面白い。

約2年前

Df2dfe88 41ad 4a78 a295 03449242d6faIcon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdAf862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097b2f38f486 1ec2 4ed9 b664 2f4349d5f10fIcon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 45