1803bf04 76ee 4ebd a6de 63fdf372d058

のうさぎ

大学生。

大学生。

17

コメントした本

ゴールデンスランバー

大きな抗えない力で潰されてしまう時、小さな意思が集まっても、臨むゴールをつかめない。 そんな中で見つけた抜け道に必死に喰らいつく様が無様に、格好良かった。 小さな意思を受け止めて、生へのエネルギーに変わっていくことに感動したし、最後は涙が出そうになった。

約2年前

E34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac4294c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea906d026c70 e564 4a03 aef8 2ca376b424f1Icon user placeholder994e4877 2baa 4443 953d 8efec2a34d2c8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184Icon user placeholder 148
走れメロス

ドロドロした感情を細かに砕いて表された文章にこちらまで気持ちを引っ張られてしまう。人間の機微な感情の移り変わりを詳細に感じられた。 走れメロスでは、こんなに短いのかと感じたが、簡潔にまとめられていて格好よさを感じた。もう少し長くてもさくさく読み進められてしまうと思う。

約2年前

71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddf4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Icon user placeholderDf016139 7043 4074 9caf d5b04be6000782ef0326 3e2a 4d09 944e bc1287cfbd37Icon user placeholder87650366 ab3c 4993 8bda 9126ce3c7122 21
重力ピエロ

この膨大な情報量を持ち合わせて読み進め、忘れた頃に1つずつ謎が解けていく。 まどろっこしい文章すべてに意味があった。 レイプや殺人などの過激なキーに隠された、絆が、とても綺麗だった。

約2年前

74cfb30d 3d02 4081 9d5a f54423d25087Icon user placeholder205e8b2a e745 499a a2f2 20348b09587b49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf92c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholder 193
県庁おもてなし課

場面の緊張感や感情などがダイレクトに伝わってくる作品でした。 1人の作家と出会ったことで、主人公が大きく成長していく様には、鳥肌がたった。その2人の距離感の変容につい口元が緩んでしまいます。 物語も間延びすることなく、最後の終わり方も綺麗でした。すごく素敵な作品でした。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholder10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43fC41b5097 e3e6 4d70 a188 8e9ecfa365c8D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e97c566c23 5b02 4388 889a 6c8929198ce0B3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf 23
児童養護施設の心理臨床: 「虐待」のその後を生きる

児童養護施設の明確なゴールが見えない対応があった。 施設職員の人間らしさも見え、施設の大変さがよく伝わってきた。

約2年前

か「」く「」し「」ご「」と「

人の本質の一部を視れるのだとしても、それをどう処理するかは、またそれぞれで異なるから人の気持ちの本当はわからなくて、面白い、

2年前

Ff6412c3 1eed 48fa 9def f8fa740df82b1c6a9829 eab6 492a a13f 5a76ff40b3cc6a86b711 4b3c 4707 8116 7399d96bfcfe1a5f70ea 6ea5 4012 8409 9b9289c2fc60Icon user placeholder9dbeec54 eefc 4120 a908 9f9abedbf3ce092b73fb 37a4 4534 b8b9 99c2c055f94e 184
君の膵臓をたべたい

泣きました。 そんな結末があったのか、と本当にどきっとする。 生死を見つめて、生の素晴らしさ、死の存在を改めて認識できる。

約3年前

3d889e46 86fd 4cc0 8acb 2f52d620b0d4857291f7 8f52 4552 9340 f5b22e39ef6aAac5e51c 6388 4a55 86c3 e88cf565b4dbIcon user placeholderIcon user placeholder6a86b711 4b3c 4707 8116 7399d96bfcfeIcon user placeholder 733
虫眼とアニ眼

まず、宮崎駿さんの理想の保育園像がカラーで解説。すごく素敵、こんなところに住みたい。 さらに、子どもの無限大の可能性が語られる。 あとは世の中に対する批判がメインかな… 保育をするにあたってこの考え方は持つべきだなぁと思うものがたくさんあった(°_°)

約3年前

71f22d9c d011 4388 a625 6db6f03053775f34e3ea f884 4c5f 9be1 f0336fdf7bdaA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9Icon user placeholder6a84459c daa6 43c5 bcf7 2afbce90b5a5E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400Icon user placeholder 20
そして誰もいなくなった

隙間時間に読み進めていた一冊。 …もう一度一気に読みたい! コロコロと視点が変わっていくので、丁寧に読まないと置いていかれます。 これがミステリーか…!1人1人消え、そして誰もいなくなった

約2年前

5f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793f0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43fBd96e0f1 5f33 4333 a174 066b283ea99d406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e978e9a484f 7cf0 4495 abb4 e2a1b9b4490b0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162e930a554a 2042 4df5 aa48 a83aea322d67 141
陽気なギャングが地球を回す

作中、文字を読んでいるだけなのについ緊張しては、手に汗握り、早く、早くとつい読み進めてしまう場面が多々あった。 自然に出てくる伏線が回収されるたび、にやけてしまう。 キャラクターの個性がよく滲み出ていて、好きにならざるをえなかった。

約2年前

4582b428 68ee 4f2f 9084 89cc500ba80a2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f6d026c70 e564 4a03 aef8 2ca376b424f11c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dC36498cb 5c3d 4242 b1e5 082f49588388C2576e0a 6dbd 4e3a 9c19 a6d33fa33a038d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919 138
パーティ

テーマが壮大で、現実から少し離れた内容だと感じた。 展開が早く読み物としてすごく読みやすくて、若者にウケる理由がなわかった気がする。 バラバラな心が1つの目標に向かって繋がっていく。様々な葛藤があって、苦労があって、つい物語に入ってしまう。 描写がもっと濃いといいのになぁとは思いました。

約2年前

81741301 02c2 4a88 9f34 46df78a0c672754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b08E1220e13 57b2 460d 90f6 c611ee319cf6Icon user placeholderC0e90025 dda0 455b a621 8b871c1c191646b4b489 5874 484e bb1f 342c3935cc98
ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント

大変読みやすい本。 ジブリ作品を見たことがある方なら、その記憶とリンクしながら、「そういった角度から捉えられるのか」と感嘆してしまう。 そしてもう一度ジブリアニメを見たくなります。 それに深さをプラスする一冊です。 どなたでも読みやすい本のため、広く浅くな作品です。哲学入門書ですね。 私的には1つのテーマをもっと深くまで掘り下げて綴っていただけたらいいのなぁと思いました。

約2年前

D67a3007 07c1 4d46 b268 0d3c3deb068eIcon user placeholderIcon user placeholderCf090353 291e 403a b3a4 33d5e9a7c2b1939862dd 11ed 4ebc a638 2fff5226ba3287d1bcf9 eefe 4283 9a1e 90ec83d66ee1F67b0337 3c76 482d 8900 cd853b96052c 18
タダイマトビラ

一言で狂ってる ここまで気持ちが悪くなる小説があるのか、こんなにも感情が負の方へ揺さぶられることがあるのかと、あまりの綺麗さに驚いた。と同時にやはり気持ちが悪くなる。 普通が普通じゃなく描かれて私の脳も侵される。世界をこんな視点で見ることもできることに気づかされた。 人間の理想に囚われた苦悩 私はただ一粒の生命体に過ぎないと気づく解放

2年前

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cce80480504 cf6a 4d47 a27b 215bd082ac135e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d389eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc053214C26c862a cd52 4929 b1eb cb305f921c838a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96f0d1bf5d5 a33b 4950 ae04 258a2d4bd5e1 28
貧困児童―子どもの貧困からの脱出

終わりに近づくにつれて今後の在り方に触れており、面白かった。体験を交えた話で、とてもわかりやすい。私の知らない、貧困を知ることができた。

2年前

保育園義務教育化

様々な角度で保育園の義務化のメリットが解説されている。 本当に多面的で、その一つ一つをより深く知り、自分は保育園義務化についてどう思うのかしっかりと向き合うべきだと感じた。

約3年前

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6Icon user placeholder5b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa35cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f2e479b06 18f7 476c 9786 0c83b8d1c4772521cf1f fcc1 4c98 b312 7e77157cee39 16