Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学3年 宮部みゆきさんが好きです。

大学3年 宮部みゆきさんが好きです。

50

コメントした本

落下する夕方

どこか不安定な登場人物たちを一歩離れた場所から俯瞰して、付かず離れず見守っている、そんなストーリーでした。15ヵ月かけて失恋する主人公は、華子という魅惑的な女性と時を過ごすのですが、誰からも執着される華子が、私には誰よりも孤独に思えます。彼女が唯一心を許したのは、決して許されない相手だったのでしょう。彼女が逃げていたのは、生きることからだったのでしょうか。 結局みんな、一人では生きていけない。相互に依存しあって、執着を愛だと錯覚する。気付かないふりをしながら、緩やかに堕ちていく。

22日前

C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57Icon user placeholder0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c1855726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77241ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f 53
新世界より(中)

とにかく設定がお見事です。未来の人間社会だけでなく、付属設定のように考えていた八丁標の外の生態系に、そんな秘密があるなんて。バケネズミの動向からも目が離せません。 魅力的な登場人物、世界観、そして章末ごとに仄めかされる伏線、そのどれもがこの先どう予想を越えていくか、想像するだけでわくわくします!

29日前

Icon user placeholder4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Icon user placeholderFc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada267D6fe5dc5 0d13 4f56 bf1c dc37433798402e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4Icon user placeholder 34
マチネの終わりに

恋に生きることとは、歳を重ねるごとに至難の業になるのでしょう。過去は今の自分を形成して、全てを投げ出すには、あまりにも多くのものを背負いすぎてしまっている。でも、それが悪いことでは決してない。幸せのかたちは、ひとつではない。一番欲しかったものを諦めることで、多くの安寧とした幸福を得ることが出来ることもきっとある。 作中には「過去は変えられる」という表現が多用されているが、これは心象的な面を指している。変わらない事実と移ろいゆく心情と、どんな形になっても変わらない"愛"。というよりも、"愛"はどんなに形を変えても、自分を形成する過去のどこかで、静かに日の目を見るのを待っているのかもしれない。 大人の恋愛本と謳われた、納得の1冊でした。

約1か月前

157f510e 39dc 4bf9 a2a8 c6580febfa43F4887ac7 757f 4a17 b005 ef2d9ddeb085Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e5d143a93 54d7 40d1 b75f 7543ef55d3b76cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderB3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e 159
忘れられた巨人

この本のタイトルが、こんな真相を秘めていたなんて。一貫して記憶という不確かなものを導線に、現代社会に通じる問題を絡めてあって、それでも、暗雲立ち込めるストーリーのなか夫婦の揺るぎない愛が優しく光を照らしてくれているような…哀愁漂う一冊でした。 読んでみて、結末も読者一人ひとりの記憶や価値観に委ねられているのだろうなと思います。 個人的にはアクセルのベアトリスへの「お姫様」呼びがとても好きでした!

約1か月前

F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4Icon user placeholder3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4951c17be fdcf 4ec3 88a5 a0df705497cbE4f426d0 0c67 4435 9be4 8e81e62a070d 61
さよならドビュッシー

なんて哀しい旋律なのだろう。 熱く滾るような躍動感溢れるストーリーで、登場人物たちがもつ音楽に対する想いが緻密に描かれていた。そのなかで一貫して流れる物悲しいノクターン。真相がとても切なくて、驚きよりも深い悲しみ、絶望よりも微かな希望をもって明かされたように感じる。 悪足掻き、してみたくなる1冊です。

2か月前

Ed14dde5 d1a0 43db 8ec5 887c62744ccdIcon user placeholder38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2193b3fe51 e0b2 4579 b7bd eadf99287c79Fabd1fa8 7167 4e96 9258 45a647ff2664Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778A837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d 44
教団X

文学と化学の魅力を1冊に詰め込んだ作品。宗教的な概念に関心が薄くても、宇宙原理について無知であっても、ただただわくわくすることが出来ると思う。知識があるとなおよし!読了後、世界を見る自分が肉体からずれて感じるかもしれない、もしかしたらこの本自体が一種の洗脳なのかもしれない、そんな力を感じた。

3か月前

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af8490cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c180539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeF31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2bIcon user placeholder2240a631 4be3 495d 919e d197f4bc26b59e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453 43
豆の上で眠る

湊かなえさんらしい、物語の謎が解明されても本当の意味で解決することはない結末。 人生は往々にしてそんなものだろうと吐き捨てるもよし、作者の最後の投げかけに対して自分なりの答えを模索するのもまた一興なお話でした。 個人的に苦手な湊さんの本を、思わず手に取ってしまうほど魅力的な帯の謳い文句に脱帽です!

5か月前

7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4d22f9e151 9e48 475e 9cdf bf208c4feb8aPicture840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0501e898f 77e5 420e b4d4 90b1735ab32bF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda827328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f0 40
マスカレード・ホテル

一気読み必須の徹夜本です。 立場が変わるだけで善と悪は姿を変えて、善だと信じていたものが偽りであることもある。この本ではホテルが舞台でしたが、今の世間を投影しているようでした。 誰もが仮面を被り生きている。その仮面の下が何者であるかは分からない、わかる必要も無い、それがホテルマンの正義であるなら、警察はその仮面を破ることが正義である。主人公たちのそれぞれの矜持がぶつかり合って、終盤に近づくにつれて相容れない両者が無意識に寄り添うような行動を取る。それは果たして仮面だったのでしょうか。 月並みですが、主人公たちの今後をもっと知りたいと思うほど、物語にのめり込んでしまう1冊でした!

8か月前

E667813d e410 4ab0 ae64 2eb8a6cb28bf8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder660e5ad5 0062 4ed7 8533 71d6eebd2f8d 97
葉桜の季節に君を想うということ

知らず知らずのうちに持っている固定概念を見事に打ち砕かれました! 人の一生は短いといいますが、思ったよりもずっと長い。悠然と佇む桜の木に喩えられたラストシーンがとても心に響きます。数十年後にもう一度読み返して、葉桜を仰ぎたいと思う1冊でした。

8か月前

C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485Icon user placeholder559f5daf dea3 4082 bea9 64a5e555effaA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edIcon user placeholder 141
新世界より(下)

強烈な余韻に、読後しばらくの間打ちのめされてしまいました!こんなに力のある物語に出会ったのは久しぶりです。 設定の細部にまで凝らされた真相に、息付く暇もなく驚かされるばかりで、結果主人公と一緒に何が正しかったのかを熟考させられました。 人の本質を、"化け鼠"を通して読者に訴えた貴志さんの、強いメッセージを感じる一冊です。

28日前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dIcon user placeholderIcon user placeholderFc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada267D6fe5dc5 0d13 4f56 bf1c dc37433798402e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4Icon user placeholder 34
新世界より(上)

世界観に酔いしれる、という感覚を久しぶりに体感しました。ファンタジーとして架空の日本を舞台に描かれており、そこでは歴史の醜悪さは周到に隠蔽され、その影響で幼子のように純粋無垢に育った主人公たちの何気ない一言に、核兵器諸々含め現代社会への痛烈なアイロニーを感じました。 堅苦しい理屈を必要としない子どもの感性が、時に物事の真理を言い当てるのだと思います。

29日前

C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2Icon user placeholderE51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87aIcon user placeholder4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Icon user placeholder3e6a4b83 9131 4cab 8a02 51de34052e11 56
旅のラゴス

このお話は、全くの異世界なんかじゃなく、どこかで私たちの世界に繋がっているんだろう。滅びてしまった科学技術の発達した世界はきっと、地球の未来の可能性を示唆しているのだろうなと感じた。 さて、完璧なSFではあるのにどこか現実主義な登場人物たちと、ほどよく人間くさいラゴスの織り成す旅に、なんだか私までスカシウマに乗って世界を巡ってきたように感じる。重厚な世界観に囚われるこの感覚には、一種の麻薬作用があるのかもしれない。 「旅の目的はなんであってもよかったのかもしれない。たとえ死であってもだ。 人生と同じようにね。」

約1か月前

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dIcon user placeholder0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eA17e4d54 a885 4074 9743 0c029bbc6aa0Ebd97693 1454 4fac a861 2107800b754a 170
対岸の彼女

歳を重ねるごとに人と関わることを億劫に思う気持ち、とても良くわかります。過去に傷ついた経験が大なり小なりそれぞれあって、足枷になって、臆病になってしまう。そして、そんな世間の理想像とかけ離れた自分の姿に嫌悪感を抱いて、自分の殻に閉じこもってしまう。悪循環。そこから抜け出すためには、対岸の向こう側にいるような正反対のだれかに出会い、向き合い、繋がることが必要なのでは。 いや、例え意味の無いことだったとしても。 「また出会うために、前に進もう」

2か月前

43fd2084 1ad4 48cd b623 9b1eddd04475Picture4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0Icon user placeholder9f7a896d 3e0d 45f4 b79b 49d552e27487Ae0ec3fc f571 40c3 a54d 39a766cadca881b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57 13
地下鉄に乗って

地下鉄に乗って、あてどもなくどこかへ行きたくなる話。郷愁の念や寂寥感で満ち溢れた、木枯らし吹く秋のようにもの寂しい世界を、まるで真次と一緒に歩いてきたように感じた。そしてその隣に、アムールが肩を組んで笑いかけてくる様子が目に浮かぶ。 人も時代も時が経つにつれて変わっていくものだけれど、決して変わることのない真実もあって、それは見つかりにくい場所に隠れていて、時に泣きたくなるほど切ないものだと感じた。

3か月前

Faa14d78 c18c 4197 bea5 86ea82f89162D8114127 1e5c 4c7e 91bd b3259836a4d6D9a39f79 d755 4528 a394 95e0cc22f7fb13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c726c25d97 1156 42f8 955b 3db2d3d623d6Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449B58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c3 15
マスカレード・イブ

やっぱり主人公2人がとてもいい味を出している作品で、相変わらず引き込まれました。 同シリーズのホテルではあかされなかった過去や出会いが描かれていて、より彼らの矜持や信念が色を持って表現されたように感じた。 今作では暴かれなかった仮面が随所に散りばめられていたが、次作でこのシリーズの要ともいえるマスカレードがどのように活かされてくるかが楽しみです。

3か月前

E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0E667813d e410 4ab0 ae64 2eb8a6cb28bf8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193Icon user placeholder4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529fIcon user placeholderF94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6 49
君の膵臓をたべたい

涙が溢れてくる。 時間は良くも悪くも平等に与えられて、思いがけない形で奪われていくんだなと感じました。 今を生きるってよく言いますが、それがほんとはどういう意味なのか、答えはなくて、誰にも分からない事なんじゃないか。 分からないけれど、過去の自分が選択して掴み取った今を、ただ自分なりに精一杯過ごしたいと思いました。

5か月前

10564b91 97c1 4100 8782 a3cc949b205a7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dE279d0ac acf1 4dbb b00d 64551f25784f0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c189c4fc193 670c 4780 94b1 83749ea9a24bDf3c68ab ec42 4c65 a3bd 50aed3c0d2bb241aede7 214f 4fd7 92fd 82afbc39c276 436
盲目的な恋と友情

この本の主人公とその友人に、同じ女だからこそ共感できる部分も、嫌悪してしまう面もあります。でもそれは、本人からしたらさして気にもとめない些細なことで、他人からするととても重大なことであったりもする。「友情」を描いた2部からは、一気に物語の色がかわりました!女って怖い!!

8か月前

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed0dd6c185 29d8 459c adec a76609cf19cbAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82fF38b0ab2 225b 497b 929b b01c0ba4658cA66b276b 0489 43a4 8383 a1bafbb458619911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200 46
博士の愛した数式

すべてを語らない文章と、ただ真実として存在する数学とか絶妙に合わさっていると思う。数学って美しいね。

約1年前

Icon user placeholderA5b04a21 ff5a 40fe 85e7 ee3128b45cb016f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c38b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113B8d2ac5b f6d7 409b 8856 c378db65df2dA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32 175