Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf9

いつもたびのなか

日英問わずの、雑食読み

日英問わずの、雑食読み。外資系金融のマーケティングで働いています。

60

コメントした本

私の恋人

あまりに面白くて、二日ほどで一気に読んでしまった。なんというのか、これは大河ロマンどころか、人類史ロマン。文庫版には、いまなら高橋一生のコメント帯付き。これがまた、いい。いま、イチオシの作品です。(2018-02-14)

4日前

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f0a46feb1 dc45 414b bd4e d1ef529a6124F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c206206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb92f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc 20
誰も語りたがらないウンチとオシッコの話

簡易トイレ付き介護マットレス(だが売れない!)を自費で開発したアリスベッドの金井社長(はっとするほどの美貌と美脚の持ち主!)の開発秘話から、介護オムツの是非、在宅看取りと病院看取りなど、あらゆる方向から排泄について真っ正面から取り組んだルポルタージュ。 「排泄をどこでしたいか」という問いは、「どこで死にたいか」という問いに重なる。 内容はシビアだが、金井社長のチャーミングでパワフルな人柄に惹かれ、著者が本題へとぐいぐい引き込まれてゆく感じが面白い。 軽妙な筆致も深刻なテーマをやわらかくしていて読みやすい。 良ルポルタージュです。 (代官山蔦屋書店にて紹介)

約3年前

The Buried Giant

Just arrived. これから読むのが、楽しみ。

約3年前

The Big Fat Surprise: Library Edition

気になる本。BBC Radio4で「2014年の料理本、この一冊」で紹介されていた一冊。

約3年前

行きつけの店

単行本の装丁が好きで、古本屋で探して買い直した本。いい造りです。

約3年前

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de55965ac89 7374 4416 a719 27e42627144bBcbf0500 d345 4158 9ea5 b8bf4256dbdd
調香師日記

音楽を奏でるように、香りを重ねる。伝説の調香師による日々の香りの記憶。

約3年前

生きるためのサッカー: ブラジル、札幌、神戸 転がるボールを追いかけて

やっぱり、サッカーが好きだ!

約3年前

物を売るバカ売れない時代の新しい商品の売り方

マーケティングにおけるストーリーブランディングの手法を懇切丁寧に解説。 タイトルの印象とは真逆に、至極真面目なマーケティング実用書。 マーケティングを行なう時につい、データなどで判断しがちだけれど、 やはり最終的には、そこに携わる「人」が要であることを思い出させてくれます。 就職活動、転職活動をしている人にもお勧め。

約3年前

847622f4 5ee6 4011 9cb0 6c7f4f4626cb8be57f53 7f28 4cf3 8896 f9f6bd38d44fE0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe91510dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b93177bd6fd7 2c4d 4f38 8cc2 8a1ad90699ebC051fd34 32d8 414d a50e d054a1702a72
サリンジャーと過ごした日々

「サリンジャーは残酷だ。残酷で、ユーモアがあって、正確だ」 いまは作家となった著者が綴るNYの出版エージェント新米アシスタント時代の奮闘記。 主人公がサリンジャーを読んだことがない、というのが面白い。 読者と作品の幸福な出会い。 読んだら、きっと前よりサリンジャーが好きになる。

約3年前

C45c5aa1 18f1 465a a26e 21879eebd50a89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
並木印象

さくら、けやき、さるすべり、はなみずき。柔らかな記憶の光景。

約3年前

The Lowland

ジュンパ・ラヒリ『低地』。舞台のカルカッタ、ロード アイランドの情景描写が際立って美しい。

約3年前

Italianamerican: The Scorsese Family Cookbook

スコセッシ家の食卓。著者はスコセッシ監督の母、キャサリン・スコセッシ。

約3年前