D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b

S

大学1回生

大学1回生

90

コメントした本

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

ここにはこの世での理想の形、自然状態に近い形が表現されている。それに近づければいいのだが、それをする事は容易ではない。またこの本では普段自分が思っていた事が、心理学の概念で説明されていて、実際にこういうのがあるんだと気付けた事が大きい。

6か月前

093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c1483bd9da74 28ba 4f18 bde1 89dbb10efa899e7ba08a ee8a 4e6f bcd6 e40d13c2bf61D927cd2a fad5 4d2e 906e 75557a5bd3bf65c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa36b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccA543fcc0 9e84 4579 9659 f2f9463d09b5 81
乳と卵

オチというオチがなかったけど、呼んでよかったとは思う。

6か月前

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd295faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder24bb80c1 cb4a 4306 8a20 87e39ffc9cb7151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b6 10
四月になれば彼女は

普段感じてる言葉にしようともできない薄い空気感がここでは表現されていた。本の中で繰り広げられる会話がいちいち素敵で、私もこんな会話をしたいと思った。時系列が動き、伏線が張り巡らされていた。

10か月前

C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415297d5d6e ac85 4426 8940 b307e022ec654c01a98a 719b 427c af99 0160dd998c68183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28f1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beB0d8ecb9 0977 4366 8b2c 6e900f1b4802 128
べつの言葉で

この作者は、イタリア語に僕らがわからないほど深く執着していた。僕もネイティブの人が英語を話してるのをきくと、聞き入ってしまうし、美しいとも思うし、ずっと聞いてられる気がする。その気持ちがより強いのがこの作者だ。

10か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a57c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8eC15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c29b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 15
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

この本は今までの全てを、覆された気になった。この本を読んでから結構経つが今でもこの本に書いてあったことを思い出す。

11か月前

B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56Icon user placeholder093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c1483bd9da74 28ba 4f18 bde1 89dbb10efa89Cd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e8189e7ba08a ee8a 4e6f bcd6 e40d13c2bf610a3c772d a74a 4757 a7a8 b823b814d560 462
大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない

大人数の講義、学費の高さ、科目の多さ。私が感じていた日本の大学の不満がよく書かれていた。どれだけ日本の大学が意味のないものかを知れた。海外の大学にとても魅力を感じた。高校生のうちに読むべき。

11か月前

俺に似たひと

私の父と同じくらいの年齢の人がこの本を書いていた。一人称で語られる介護生活は、なんかとてもリアルで、著者の表現によってその空気感と場面が想像できる。私の祖父も入院中で、私がなんとなく感じていたような事を著者は言語化していて、食い入るように読んだ。自分にもいつか訪れるかもしれない介護生活を垣間見た感じだ。自分と照らし合わせながら読める本だった。

11か月前

すべて真夜中の恋人たち

夜の美しさや、感情などいちいち表現がわかりやすく感じられた。普段思ってても言葉にできないものがここでは言語化されていて、自分と重なる部分が多くてとても読みやすかった。心踊るストーリーでした。

11か月前

70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76E33033b8 a96e 40e4 8beb 8087eaaed0a46c1f5afe e15e 4103 b5e0 35c53a93d71807895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d33616ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4daFc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad953 168
深層心理学

自分の行動は全て心理学で説明できるのだと思った。

6か月前

君たちはどう生きるか

物事の本質を見抜く事の大事さをこの本から学びました。考え方というのを初めて教えてもらった気がした。ニュートンが身近に感じた。

9か月前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe0ed6d838 684e 40f9 9c36 3971007a88787c1c84bd 9249 4700 b114 46131ca608cb65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc63583b124 ed8d 41b8 8ce0 fcf29ada35ec4aa9b480 8c0a 4c2e 8b16 c200e0f8f3dc6e17d28a 64b9 4f0c 9e8c e8aed479e8c4 123
わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?

無から人から人へとひろがりをみせて世界一周を成し遂げていた。それが細かく書かれていた。広告の仕組みもよくわかったし、企画が進む過程もよくわかった。やっぱりどんどんアウトプットしていかないといけないと感じた。一度ブログで成功していたのはデカイ。

10か月前

愛する言葉

お互いに正直にものをいう自然体でいる事が大事。俺なんかが思うことバンバン言ったら、誰にも受け入れられなそう。

10か月前

101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a21Bd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af071e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9575956a23 3f86 4cb4 85f9 3c2b7c3e59ea11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f6bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b 10
リバーズ・エッジ

時々、ぐさっと刺さるような考えさせる言葉があった。思春期のどこに向かっていいのかわからない、アイデンティティを探してる物語だった。今までにない漫画のように感じた。またいつか読み返したい。

11か月前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0Feac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549441eeb00 70ed 4f8a 952a ea945c6d742aFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485789cbacf 1869 44af b7d7 a7c6cf9821bb4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b24996c388 fe3b 4f19 b483 97302e1c058d 19
蹴りたい背中

素人でよく専門的なことはわからないが、さすが芥川賞作品と言えるくらいの表現力の豊かさを感じた。一人称から語られる、群れる人たちへの拒絶などがよく共感できた。普通の青春小説ではなく、リアルで生々しいものだった。

11か月前

D927cd2a fad5 4d2e 906e 75557a5bd3bfA12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c383616540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder8c6c3606 bd58 44fe b6f6 3b56d7da9a2d 91
あたまわるいけど学校がすき―こどもの詩

小学生ならではの目線で、子供の頭の柔らかさに驚いた。そしてそれが詩になってるのがより強いパワーを持たせていた。詩の力を感じた。この本を読んで気づいたのは、いつのまにか私も子供の目線ではなく子供を見下ろす目線になってしまっているということ。世の中を見る目が少し変わった気がします。

11か月前

6b34f651 da9b 466f b85d edb25eb3c69bIcon user placeholderIcon user placeholder285d61d6 b4e4 46ea 8b3d 21ad309a4490C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213C185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb1E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 19
跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

この本を読んで、自閉症の人がどのような事を思って生きているのかを少しは理解することができたと思う。外国人とか老人とか、人をレッテルで見るのではなく、本質を見ていきたいと思った。理解者が増えれば自閉症の人は救われると思う。

12か月前

21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffDd6a8db1 dd9f 4577 9b87 c4296ef110b2Bd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af00c230d90 3dac 4460 9a57 a2ee71f762eb3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a81683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde49F96964de 99c8 43b1 82a0 19448e127ada 17