5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9

fenice

読書は脳への栄養♪ 小説を書いてみたので…

読書は脳への栄養♪ 小説を書いてみたのでよかったら読んで頂けたら幸いです。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054880646762

155

コメントした本

東京奇譚集

小さな奇跡のお話。 ちょっと不思議なお話が、洗練されたファンタジーになつている。 やっぱりどこか回りくどい感は否めないのはもはや好みの問題だろうか。 癖があるから癖になるのだとも思った。

約3年前

6d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e7433c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73753e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aA10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af30970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323b 43
夏の庭―The Friends

なぜ人は生き、そして死ぬのか。 大人であってもその質問に正確な答えを導き出すことができる人は少ない。 それでも人は生き、他人の死を経験し、日々そこから何かを学んでいく。 人間の成長において「死」が通過儀礼のように必要なものであるとするなら、切ないがやはり真摯に向き合っていかねばならないと思う。

約3年前

2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a9dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3edC46f6ec1 bfe8 4f7c 9808 a58fb15e4657Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b54ca7e9ed 06f5 4a7e 91d3 eb1c5667a0d2C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7 122
スプートニクの恋人

三人称で語られているかと思いきや一人称、がしかし、三人称の形式による物語形式が埋め込まれていたりと、視点のブレなど問題なくこなす力をひけらかされているよう。 文章も文体も妙に回りくどい気がして、いちいち気になってしまう。 そこが魅力であるのだろうし、力があるのはわかるが、作品の数々が多くの人に支持される理由が掴めない。 支持する多くの読者は本当に理解力の優れた教養の持ち主なんだなと感心する。 自分にはまだ難しいのだろうか。そろそろいけるかと思ったが、もう少し勉強が必要。もっといろんな作品に触れようと思った。

約3年前

A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749D390ebd1 4828 493b 88b7 254a21b7170a33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c23ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a02feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3 95
野ばら

夢か現実か、ふわふわと流れ行く世界観は良い意味での眠気をもたらす。 自分も夢を見ているのではないか、そういった感覚を常に与える作品。 夢の物語。

約3年前

忘れ傘

歳をとっても人を好きになる。 表題の「忘れ傘」は言い得て妙で、好きな人に騙されてもどこか怒りを通り越してすっきりした感覚すら覚える。 大人の恋愛もいいなと思う。控えめに、でも想う気持ちは若い人と同じように強い。

約3年前

古都

四季折々の京都の情景。 心情の移ろいは繊細な京都の街並みとリンクするようで、読んでいて京都という街がなんと情緒豊かなところかと改めて思う。 「古都」というタイトル。妙にいいなと感じてしまう。

約3年前

Cd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee2382D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 2595413885911b6144f5 51b5 4072 aba3 8badef78069eIcon user placeholder0b6509b4 d20b 443f 922f cad8fd8fcbc8843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f93911afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032 16
いなくなれ、群青

自分とはどうしても相容れない相手を、最初からどうしても矛盾した関係の相手を求めてしまったとき、落ち着きどころはあるのだろうか。 ヒントとなるのは、「理想主義」vs「悲観主義」。 「我慢」は「諦める」の対義語か類義語か。 相性が良い=結ばれ合う二人では決してない。 どこまでも一途な想いはときに切ない。

約3年前

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65662729519 b5da 457a 9e8d d63bb95f75c8376d857b 263a 4712 987d e1db28f8adba1964fa06 963e 4d5f 8e36 3f0895a7cd19A91d2261 6ada 4a6f b673 e87a07381556Icon user placeholder 108
思いわずらうことなく愉しく生きよ

三姉妹、それぞれの視点だけでひとつの作品が仕上がりそうなところを絶妙にまとめている。 姉妹の視点がぐるぐる変わりながら物語が進むことで、彼女たちの世界を飛び回っているような感覚になる。 三姉妹のそれぞれに共感するところ、相容れないものがしっかりあるのが人間らしくていい。 治子のような生き方はかっこいいと思う。

約3年前

8c51e532 c536 4c56 8ab2 094746a752a22feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797D822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f12Icon user placeholderD2f024c8 a737 47dd b069 d187df332fd7Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770 31
グラデーション

見に見えなくとも誰にも成長はあり、どんなに微かにでもグラデーションを重ねていく。 女性の描写が秀逸なのがこの作者の特徴。脇をかためる女性キャラクターにも魅力があり、いろんな角度から物語が想像できる。 「ん」で終わってしまったので、永井するみの「み」で探します。

約3年前

カラフル

世界はあまりにカラフルで彩られている。だからこそ人は迷い、自分の色を見失う。 俯瞰して眺めれば気がつくことも、刺激に溢れた世界では何が良くて何が悪いかわからなくなる。結局、良いも悪いも自分であり、ありのままを受け入れ向き合っていくでいいのだと思う。 多感な時期でなくても迷うことが多いのが人間。 世界は、良いことばかりではないが、決して悪いことばかりでもない。

約3年前

2d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a121432533 9b51 424a 8da3 02b49eff6cb83d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786dA12aa876 bede 4f3d a001 9acab97c717832bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78afDcd670a3 93e1 433c b80e 2fa0748fe72856758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c 304
別れのあと

できれば経験したくない別れ。 いい別れも悪い別れもある。 別れてひとつの物語が終わる。でもそこからまた新しい物語も始まる。 胸がつまる別れであるならば、糧となるように上手に思い出を結晶化させたい。

約3年前

時の罠

「時」というのは不可逆的であるからこそ、長く時間を経てしっかりとした重みを持つのだと思う。 流れる時間は、流れているときには強く意識することがない。振り返ったときではもう遅い。そうした当たり前のことは意外と気づきにくい。

約3年前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9D5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b646533d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869021525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9Icon user placeholderIcon user placeholder 16
楽園のカンヴァス

美術をモチーフにした壮大な極上のミステリーとも読めるが、 各々が抱くこの上ない一途な片想いの物語だと強く感じた。 一枚の絵に魅せられた人々が織り成す片想いの結晶、それはまるで見る時々によって姿を変える楽園のカンヴァスに描かれた絵画のよう。

約3年前

5f5c7f0d 3384 4172 9b8c 8383038a0d39C415a8f9 e461 40b8 80e0 f85c0cfd0715Abc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a5971c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2Bc1b478e a632 4221 b842 91a5cf5008a05155e0fb 314e 4b27 8b11 62e3c634ac0b 189
さがしもの

誰に対してもぴったりくる本はあると思う。それに出逢えるかどうか。それを意識的に探しているかどうか。 でも不思議とひょんなことからさがしものである本が現れることもある。 さがしものとはそういうものだと思う。 本に限らず誰しも心に秘めているもの。 見つからなくとも、大事に胸のうちに秘めて置きたいと思う。

約3年前

Cba34f17 f888 4aa5 8ad7 fe08ef318c5b6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eA4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c341531120cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e4088e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f 73
東京タワー

本気で好きになると、待っている時間ですら幸福に感じられる。 一緒に暮らすこと、一緒に生きることの意味。 そして、 「恋はするものでなく、おちるもの」 骨抜きにされるくらいの魅力を持つ異性と出逢えたことは奇蹟のなかの奇蹟。 そのかたちがどうあれ、求め合う心にだけ焦点を当てればそれは美しい。

約3年前

Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eD08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b06062093c 493e 48cb 9067 f51e9738f972B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2E32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe7Icon user placeholderD2f024c8 a737 47dd b069 d187df332fd7 46
宇宙のみなしご

思春期はとにかく承認欲求に苛まれる。当人の自覚などなくとも無意識に意識してしまう。 意味なんて何もなくても、何かをやり遂げることに自分たちだけの意味が生まれる。 大人になったって、もがいてあがいていいと思った。 誰しもみな宇宙のみなしごなのだから。 「何か」をしてみたくなる。 内なる声に耳を傾けてみよう。

約3年前

2f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90F743c5dd 4595 42d3 af07 3a805e34e1c42d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a137e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a45e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Icon user placeholder6336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb62300 29
余白の愛

感性が揺さぶられる一冊。 物語が始まると、終わりまで見事なまでに美しいと形容できる文章が続く。 静けさに沁み入るような、ファンタジーの世界を漂うような、とにかく一文一文が心に響きわたる。 ある意味、研ぎ澄まされた耳を持つ主人公と、稀有な感性が備えた指を持つ速記者が触れ合うのは、重厚だかどこまでも静謐な音楽のよう。 クラシック音楽でも聞いているのではないかという感覚。目で味わう神秘的なメロディの世界。

約3年前

2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c3eb567f1 9fa4 4bed 83a5 b8c0e6cd556e693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004Ee01c2f2 d31c 48d5 b6cb 3532c28619e8E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8Cee99564 e18d 435c 8d17 754753fa7db271b5c952 1be0 4f69 ad05 129c1f71b1d5 13
南の島のティオ

ある島で起こる小さな小さな奇跡のお話。 心が温まるお話が多くてほっこりとさせられる。 ここでしか味わうことができない体験。そんなふうに毎日が好奇心に満ちた生活は心が豊かで楽しいと思う。

約3年前

94e67008 1e6b 4971 8bfa fe092db3c9f284bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7A7982261 328a 4c8e a244 4f58e3aaebde
瑠璃でもなく、玻璃でもなく

恋愛は不安との闘い、結婚は不満との闘い。 言い得て妙だと思う。 恋愛、結婚、仕事、不倫、どれにも満足を与える力はあれど、手にすれば無い物ねだりをしてしまう。 人間とはどこまでも勝手な生き物なのかも。 恋愛模様は本当にどれもが物語として成り立つ。

約3年前

86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241C532b37d 9276 4196 9b17 da8b018e16eb2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d
トオチカ

恋愛の醍醐味は一筋縄ではいかないこと。 鋭い人、鈍い人、あざとい人、草食な人、いろいろいていい。 相性なんて本当に紙一重なんだと思う。 登場人物らの掛け合いは面白くてどこまでも続きがあったらいいなと。 鎌倉にも行ってみたくなる。

約3年前

Efb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc656c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b