9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

3匹の猫のお母さん。

21

コメントした本

太陽のパスタ、豆のスープ

私毎日何やってるんだろう状態になった時、手に取る本です。 突然の婚約解消に落ち込む明日羽。叔母のロッカさんに言われるまま自分が欲する事のリストを作成し、それを実行にうつす。溺れかけた明日羽は水面に顔を出せるようにジタバタ、ジタバタ。そんな明日羽に、家族、ロッカさん、同僚、友達、ライバル達の叱咤激励。 そして、もがいた先に湧いた感情。「豆」探しへの前向きな気持ちと「もう一切れのパン」の存在に気付いた感謝の気持ち。 うつむかないでいよう。前を向いていよう。 励まされます。

23日前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aE6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8A9a2506b ab4a 4e8e 8877 8928df274ee86c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b66833c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholderIcon user placeholder 70
ビオレタ

突然の婚約破棄に打ち拉がれる妙。紆余曲折を経て立ち直るストーリーかと思いきや、妙は婚約破棄直後に出会った(拾われた?)クールビューティな菫のところで働きはじめ、菫の元旦那さんの千歳さんと恋仲になり、傷はたまに痛むけど復活は早かった。 深読みしすぎて卑屈になりがちな妙。違うんです。 「周りにどんだけ可愛がられてるのよ」と妙に突っ込みたくなります。 お母さんが妙に「自分にとって一番大事なものを知ってること。それが一人前ということだと思っている。」と話す場面。自分に言われてるようでした。 お話の中には、笑ってしまうとこも多々あって、妙が元婚約者の不幸を願うとこが、私はツボでした。

3か月前

E6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b807895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d3365d11ee2b ba1f 4250 aa39 9baebb0893d3Icon user placeholder5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beF3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc2106Icon user placeholder 15
こちらあみ子

実は、あみ子は大人で、あみ子以外は彼女が作り出した空想上の人物、出来事ではないか、本当と偽りがわからない。 小説を読んでいる事が偽りではないかと思うほど。 不思議な魅力に引き込まれ、最後まで一気に読んでしまいました。

6か月前

C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a3d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1a2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febIcon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cIcon user placeholder77e6c3b1 c70f 4af5 8c8f 91332496f56e 35
ポースケ

誰しも心の中に靄がかかったような灰色の部分がある。それを完全ではないけど、どうにか払拭しながら日々暮らしている。 カフェ「ハタナカ」という場所、店主ヨシカが、癒してくれるというわけではない。いつも同じように迎えて、食事を出して、送り出してくれる。いつも同じが、嬉しい。 旅行で訪れた町の商店街のアーケードを歩いていて、ふと見上げた先に「ハタナカ」を見つけれそうな、親近感わく物語です。

8か月前

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb9065b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cIcon user placeholderF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82
かしましめし(1)

料理上手ではなく料理好きな私には、堪らないです。 挑戦してみたくなる料理ばかりで、 料理に関わる時間を増やさねば… この漫画、料理が沢山出てきますが、 ただのレシピ漫画ではないですよ。 相手が居ても居なくても、食べることは大事です。 ありがたいです。 読後、大切な人と一緒にご飯食べたくなりました。

約1年前

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269E6d0a0ed 4d23 4f05 b0a4 6139c746b877166afdbf b1c1 4727 90ca bf926c19b3001ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a9Icon user placeholderIcon user placeholder28f8fd3d 3a86 4fec 944a 857375ba8bfe 15
愚者のエンドロール

爽やかなミステリー。 負傷者、死者ともになし(死者役はいたけど) もちろん奉太郎は見事謎を解き明かす。 けどね… 最後、話に全く登場しなかった方々が 見え隠れして、続編を読みたくなる。 青春って、高校生っていいなぁ。

約1年前

Icon user placeholderD25370bc 1ed6 4da3 b6ea 961a0459ef2cIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aIcon user placeholder 36
氷菓

謎解きの度に、ああそういうことかと感心し、氷菓に込められた想いに切なくなる。彼は叫ばなかったのか叫べなかったのか…

1年前

83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6cIcon user placeholder036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dIcon user placeholderIcon user placeholder5020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864b58968020 e3dd 46f9 85a8 5ab74f7aec42 114
なんくるない

沖縄に行きたくなる。 観光したり、アクティビティを楽しむのではない。 ひとりで行きたい。 散歩したり、海を眺めたり、小説に出てくるような小料理屋さんでご飯したり。 沖縄独特の時間の流れの中で、そこにある光、風、植物、動物、人から発せられる力を感じて、いつもの生活に戻れなくなりそうだけど。 この小説を読むと、それもよしと思う。

2か月前

Icon user placeholder9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e663582d317db 536e 490a 9a61 5a2a13affd1c
三人屋

三人姉妹。ラプンツェル商店街。 両親が残してくれた喫茶店「ル・ジュール」。 ル・ジュールで、三人姉妹が下から順に、朝の喫茶店、昼のうどん屋、夜のスナックを切り盛りしている。 仲が悪いのか? 当人達も、しっくりいってない風だけど、三人姉妹は、よく似てるし、何より家族愛が深い。あまりにも愛が深すぎて各々溜め込みすぎなところも。 でも、姉妹や姉妹に関わる人達が、足りないところを、いい感じで補いあって。 人情味溢れてます。

6か月前

515ec073 8e79 4fde b30b 6e52bf9836acF278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c
八月の六日間

山の頂を見上げながら黙々と登る。ふと振り返った時に見下ろす風景、風、空との距離…思い出しました。 といっても、本格的な登山ではなく軽装で行った山登りなんですが… 山では、無になったり、恐怖に耐えたり、気が沈んだり、上向きになったり、個性的な方々と出会ったり色々です。でもいつもの生活に戻る時には明日からまた頑張りましょうみたいな感じになるんですよね。わかるなぁ。 彼女は山へ行く時、本を持って行くのですが、さすが編集者。彼女の選んだ本を読んでみたくなりました。 この本は読む時期も影響するように思います。私は新緑の季節前に読みました。

7か月前

58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d66Icon user placeholder79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985648afe0fbf e84f 4d0f 88c3 9a6266695f60E7b02377 24b8 4102 a5af b06d832915473e143f09 7536 47f0 8b04 25a6028bae80014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 11
鳥たち

読み進めるほど、まこと嵯峨への可哀想な気持ちは強くなるばかり。幼くして家族との別れを経験したふたりが早く大人になりたくて生き急いでいるようで、地球のはじまりのような美しいセドナの赤茶色で深い峡谷さえも辛い感。でも末長教授という、いい大人に出会えて、最後ふたりが誰のためでもなく自分のための、これからの話が出来て、よかった、よかった。

8か月前

1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c01F18df0f4 70a5 4979 9c03 2f98f6f3cd2580d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aLbb1pwey normalAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8014253d4 6080 4951 9119 24735184a696755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5 9
どんぐり姉妹

どんぐり姉妹は優しい。仲良し。 人は誰でも何かを抱えている、と思う。 どんぐり姉妹と誰か。知らない者同士、適度な距離で 寄り添う。そして、それぞれ前に進んで行く。 読み終わった後、どんぐり姉妹にメールしたくなりました。

約1年前

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d51699c5af 7c57 494e bd71 bf1d8e6792dfA11961e6 7b60 48e0 8001 54700858993d412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f445807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe14e17dab7 c53d 45fa b283 3bf1f56b6a4b 10
スウィート・ヒアアフター

東日本大震災の後に書かれたこの本に、熊本地震を経験した1年後に出会いました。はぶけるものはみんなはぶきたい、のびのび生きたい。ぴったりきました。

1年前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholder6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bEe0afcc0 4d0a 4ebf 966d 9cd1e480d48a9f0a224b 8364 436c 96fe ef84b9399a8664d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce34af993a5 602b 4afc b836 801447794cf0 12