4eeffc2d 9a1c 4fee 9df5 c2f9ef8eb2ff

読んだ本を忘れないために

読んだ本を忘れないために

12

コメントした本

そして二人だけになった―Until Death Do Us Part

瀬戸大橋のことなのかな。

2年前

Icon user placeholder64d5471e 5a16 4e76 91f0 5224fd6c31dbIcon user placeholder5a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59353d36a72 4125 4a56 9168 3db9c539f934203bbc24 e495 4263 a44c c46e5ea09a10 12
私とは何か――「個人」から「分人」へ

我々はin-divisualな個人ではなくdivisualな分人であるという考えを基に、分人とは何か、分人であるとは何なのかを説明した本。 基本的になんでも肯定するポジティブな思考だしまあ皆んな知っといてもいいんじゃないかと思った。 分かりやすいし読みやすい。 でも内容が少しふわふわしてるというか「みんなこう思うよね?それはこう説明できるんだよ」っていう感覚的な話が多かった。 あと自分の小説引用しすぎ。 bunzinと書くとYoutuberになる。 最近テレビで見ないので少し寂しい。

2年前

5e62987e c886 487d 91ca 2aca587e5c7915c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa121a1a62 4c6d 44af be64 920b2de709ddE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f49eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0F43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d 114
イノセント・デイズ

ミステリーが読みたくて買い。 小説版ダンサーインザダーク。 不幸な人って自分を卑下して自ら不幸になろうと行動するよなあという感想。 話は普通に面白い。

2年前

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b833d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da34e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac191981741301 02c2 4a88 9f34 46df78a0c6729056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec10 149
美術鑑定士・安斎洋人 「鳥獣戯画」空白の絵巻

人に勧められて読む。 鳥獣戯画の入門書のような表紙で鳥獣戯画の入門書のような内容。 ただそれだけではなく、そこに巧みなストーリーと心情描写が加わることでこの本は特別なものになっている。 白黒の鳥獣戯画から色彩が立ち上がって見えるように、読んでいると色々な感情が湧き上がる。 将来オークションで10億円の絵買ってみたい。無理だけど

2年前

Bac6a214 dc6a 4970 8724 4ae03d9fd38e0198dad6 96dc 4cd2 9e5f 37a4049ea22764907546 d086 49bf 8c9e c53054715db5014253d4 6080 4951 9119 24735184a6964ab9dec1 1bd6 475e 9418 4b69101cad9e721ff227 6404 486e a136 194741a375b4A76bbdab e027 4f76 8943 5c88ade3e1d8 14
眼球堂の殺人 ~The Book~

なんかS&Mシリーズみたいだったけど森博嗣ほど天才を上手く書けてないというか、天才を天才っぽく感じなかった。言ってることが厨二っぽい 真賀田四季と比べて今作のラスボスはイマイチ俗っぽいというか小物感がする トリックは面白かった

2年前

C2576e0a 6dbd 4e3a 9c19 a6d33fa33a035057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd543e40922 393f 480c b38b 2a2b3a69ae6a811671cc 2d8e 466d 8af8 9f9d8b1ad35eIcon user placeholder75a198c0 650e 4c90 a25b 8e61cd44ead453f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832 12
きつねのはなし

本屋で。 京都には魔が棲む。 この人の書く夕方の空と湿気をまとった空気がとても好きだしやはり市中を鴨川が流れている京都は素敵な街だなあと思った。

2年前

Icon user placeholder71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddf75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9Cc6fcec3 d1dd 4fb7 97dc 155aaca949c149448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf964e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a6c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b6 50
湖底のまつり

本屋で表紙買い。 最近の本だと思って読んでたら20年以上も昔の本だった。別の本屋でも平積みされてたから多分いま推されてる。 ダムの底に沈む村を舞台にした幻想的なミステリーで、途中官能小説になりながらも謎が気になってぐいぐい読める。 この手のトリック結構あるけど毎回騙されるんだよな〜

2年前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6aDf016139 7043 4074 9caf d5b04be60007Icon user placeholder8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8bDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c 13