Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c0

みどりん

ROCK、POP、PROG、AOR、SS…

ROCK、POP、PROG、AOR、SSW、retro cm、comics

91

コメントした本

どこから行っても遠い町

良いなぁ、川上弘美。登場人物が緩く繋がる短編集。大きな事件は起こらないのに(そうか?)、オチもないのに(そうか?)、その一編一編を読み終わるたびに、心が「しん」として、本を閉じて胸に抱いてしまう。「銀色のおせんべいの缶」という一言にキュン死に。

10か月前

Icon user placeholder76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96dA0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456ef151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f888a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4E22a306f e041 4563 9b66 f99e0a57b06e 9
暗い暗い森の中で

ドキドキはするんだけど、ラストがハーレクインみたい。もちろん、もっと深いけど。

10か月前

豆の上で眠る

最後の一行で、読者は広大な砂漠に放り出される。答えの出ない謎の砂漠。湊かなえ。書き逃げか?

11か月前

A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Icon user placeholder7170d921 f67d 4cde a69e a1139f55f9feF753ec1a 26bb 4036 a6ff 8b0a370c0cf2Icon user placeholder799c9248 cf20 4477 99d4 3cfc879139d7 50
彼女がその名を知らない鳥たち

これが「相手の全てを受け入れる愛」なのか。これに近いストーリーのドラマを、昔に見た記憶があるけど。

11か月前

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Icon user placeholderIcon user placeholderC53c70e8 8a6c 41cc a422 3ab1c73eb37cIcon user placeholderF98b2efc 84e3 4f27 9d0c 18e0105cfed8 28
風に舞いあがるビニールシート

「大切なもの」を書いたというより、「大切なもの」が主人公の中で永遠に生き続けるようになる、その「瞬間」を描いたように思える。その部分で、心が震える。

11か月前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bIcon user placeholderE8712501 c020 4096 b020 92d2ed0fc81bEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f 39
イノセント・デイズ

どの登場人物にも、感情移入が出来なかった。悲しさは書かれているけど、掘り込みが浅く感じられた。「心」と「外界」が触れる部分のヒリヒリする感じが無かった。

12か月前

Icon user placeholder384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46afIcon user placeholderEc590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00A2e77bda dd4d 4013 82ee 151bd28d8a5cF98b2efc 84e3 4f27 9d0c 18e0105cfed859b3f1b9 6557 41b8 9680 348665aad61a 65
向日葵の咲かない夏

『死の接吻』を思い出した。小説だから描ける世界。嘘、嘘、嘘の連続。都合が良すぎる部分もあるが、肝となる部分には驚く。そして全てに合点がいく。覆い尽くすのは衝動。こんな世界に生きるのは、幸せなのか?ラストの影が悲しい。

10か月前

6cdeac5d 470f 4155 8ead 9302d0619a800baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41Icon user placeholder640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df743b312aa8 50be 4edf b5c1 69c053b56ab0 131
儚い羊たちの祝宴

この作者の作品は初めて読みました。なんか西炯子の「セクレタリー」を思い出す。簡単に殺人が起こるが、陰惨な感じがしないのはなぜだろう?ちょっと想像出来ない殺人者。それがサラリと描かれる。なぜかファンタジーにも思える。でもイヤミスなのかな?

10か月前

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacEe5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6Icon user placeholderF51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa 55
予言ラジオ

「こんなこと、あらへん」ってモノが出てくるけど、力技で読ませる。ハラハラドキドキなエンタテインメント。こら映画になるわ。敵が味方になって、味方が敵になる。車に詳しいと、より楽しめます。

11か月前

絶叫

※絶対に解説を先には読まないでください! 掴むことが出来ないと思っていた、「女の幸せ」を、掴もうとあがいてついには掴む物語。たくさんの死が書かれているが、陰惨に感じられないのは、私がひねくれてるからだろうか。水無田気流による解説の最後の三行で、この物語は完全に終わる。

11か月前

B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f82435fce1051 d9ef 43ba bc7e 691331d5ce3fIcon user placeholderCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778
リバース

私にとって、湊かなえは、100点か0点の作家だった。でもこれは50点かな?良く出来ているけど、多分読み返さない。今のところ何度も読み返すのは、『告白』『花の鎖』『往復書簡』。

12か月前

8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b2fc1871d d524 44d7 a0c0 e23907368b9cIcon user placeholder0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536aIcon user placeholder3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38 58