Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c0

みどりん

ROCK、POP、PROG、AOR、SS…

ROCK、POP、PROG、AOR、SSW、retro cm、comics

91

コメントした本

どこから行っても遠い町

良いなぁ、川上弘美。登場人物が緩く繋がる短編集。大きな事件は起こらないのに(そうか?)、オチもないのに(そうか?)、その一編一編を読み終わるたびに、心が「しん」として、本を閉じて胸に抱いてしまう。「銀色のおせんべいの缶」という一言にキュン死に。

1年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a099a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f40952bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324ae0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76A0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456ef151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 12
暗い暗い森の中で

ドキドキはするんだけど、ラストがハーレクインみたい。もちろん、もっと深いけど。

1年前

豆の上で眠る

最後の一行で、読者は広大な砂漠に放り出される。答えの出ない謎の砂漠。湊かなえ。書き逃げか?

1年前

B202f626 0795 4027 99ca 47cba86060950fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac4325180760730 893a 46f7 96b3 ffb0a5e7d7e8Debbc34f 69d3 491a b166 9aeff87a74b139232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae249f3771be 67cf 41ac b2c4 ea3d8b52316f0659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367f 93
彼女がその名を知らない鳥たち

これが「相手の全てを受け入れる愛」なのか。これに近いストーリーのドラマを、昔に見た記憶があるけど。

1年前

C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc21068a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb57f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e5274039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Icon user placeholder 32
風に舞いあがるビニールシート

「大切なもの」を書いたというより、「大切なもの」が主人公の中で永遠に生き続けるようになる、その「瞬間」を描いたように思える。その部分で、心が震える。

1年前

00951b95 1591 4009 b362 e29c67a25e83Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e61e0f402 ea2d 49fb be48 b199247428308cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64Icon user placeholderIcon user placeholder4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909 52
イノセント・デイズ

どの登場人物にも、感情移入が出来なかった。悲しさは書かれているけど、掘り込みが浅く感じられた。「心」と「外界」が触れる部分のヒリヒリする感じが無かった。

1年前

0efb931b a165 4122 a148 4282b40608b4Af78d72b 0c27 468e 8135 b3a4a43fb92c607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623E72a4dd0 81d8 4661 8f22 2e19bbfa8096Fadf5f50 bf83 4a3f 92dc cc4ac7dfd6a1D63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641be256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3d 99
向日葵の咲かない夏

『死の接吻』を思い出した。小説だから描ける世界。嘘、嘘、嘘の連続。都合が良すぎる部分もあるが、肝となる部分には驚く。そして全てに合点がいく。覆い尽くすのは衝動。こんな世界に生きるのは、幸せなのか?ラストの影が悲しい。

1年前

D78b18a1 ed32 4860 90e5 27e6f15e8d50D05610bc 72d6 4401 b9e2 7173e4906554E678e548 e934 443f b1ad 9f6714f1a26cEa5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1e66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aA0546537 c07b 4d64 aad3 069d5fe733da9eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc053214 163
儚い羊たちの祝宴

この作者の作品は初めて読みました。なんか西炯子の「セクレタリー」を思い出す。簡単に殺人が起こるが、陰惨な感じがしないのはなぜだろう?ちょっと想像出来ない殺人者。それがサラリと描かれる。なぜかファンタジーにも思える。でもイヤミスなのかな?

1年前

83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6cFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485Eae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b98a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb51d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aa101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a21 68
予言ラジオ

「こんなこと、あらへん」ってモノが出てくるけど、力技で読ませる。ハラハラドキドキなエンタテインメント。こら映画になるわ。敵が味方になって、味方が敵になる。車に詳しいと、より楽しめます。

1年前

絶叫

※絶対に解説を先には読まないでください! 掴むことが出来ないと思っていた、「女の幸せ」を、掴もうとあがいてついには掴む物語。たくさんの死が書かれているが、陰惨に感じられないのは、私がひねくれてるからだろうか。水無田気流による解説の最後の三行で、この物語は完全に終わる。

1年前

Icon user placeholder0b942a59 e664 4015 8c0f 2b0c9d795383B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f82435fce1051 d9ef 43ba bc7e 691331d5ce3fIcon user placeholderCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778
リバース

私にとって、湊かなえは、100点か0点の作家だった。でもこれは50点かな?良く出来ているけど、多分読み返さない。今のところ何度も読み返すのは、『告白』『花の鎖』『往復書簡』。

1年前

78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706bE1846219 4ca3 4bb6 b8bb 4ff1263527ceIcon user placeholder9908e875 f19d 4b83 9e94 640572b54318018eeddc f1c0 4ec2 b1f0 0682fe7c74f1E678e548 e934 443f b1ad 9f6714f1a26c 85