60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d

尾木亜紀子

『葉桜と魔笛』

『葉桜と魔笛』

114

コメントした本

マチネの終わりに

胸に 誰かの面影をたずさえることは、なんと世界を鮮やかにすることか たとえその誰かとの距離が、近くても遠くても 豊かに生きる とは、そんな存在を持てるか否かなんだな

1年前

F749d092 b7b0 41b1 982b 6eba972998506ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369bIcon user placeholderD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621Ec84d964 6a3d 4fed a6e5 2da9d983bb39 237
はじめての短歌

この人の日本語論大好きだけど 単純に短歌入門の良書ってだけでなく 人間が生きるということの輪郭を見せてもらえる 「生きのびる」ためと 「生きる」ためと 今 どっちかなって 考えるようになった

1年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c014253d4 6080 4951 9119 24735184a6967542ec7a 68f4 49d5 bd73 929a21e4d51d7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d59004abf9 1158 4529 a6d3 67967e486ddb 15
火花

号泣 終盤の ライブの場面 伏線に これ以上ない繋げ方 素晴らしい小説 序盤は文章硬いけど だんだんくだけてきたら 芸人だけあって ユーモアが秀逸

1年前

Fa452119 0b49 4528 add3 9c8f40c7401eCea4bcc5 b478 4d58 aeb0 8499d54e5b871508d1b0 6580 4c0e a593 86bb4b82f44eDfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93eD5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae4530659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367fDed49b89 13cd 456b 931b 840221d49679 69
スクラップ・アンド・ビルド

全然好みじゃなかったので、全然読み進まなかった 退屈だったし 書きたいことはわかるけど 心は震えなかった

1年前

12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0Icon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a742c97623 93d2 412b a760 a8081164f44d677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6894d171a b1a3 4e1f a614 e852f6a9356dAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141 99
羊と鋼の森

世界は美しいし 生きることは美しい

1年前

6e31084b 4fe8 491b a70d 0088972ac7c025c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dcIcon user placeholder4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6Icon user placeholder555027a4 7995 4671 b733 cf31420d1b38Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de 250
コンビニ人間

そりゃ芥川賞とるわー すごい小説だ 誰もが、その時々で「あちら側」「こちら側」のどっちにもなり得るんじゃ? 社会や人間の輪郭を こんなにはっきり言葉に表現できるなんて、すごい

1年前

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Db8e8619 41d4 40de a264 8ceb34493614E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb6428649efac194 99e8 4fff 98bc a73af95b26aa25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dcC27a058c b01c 44e0 b9c2 714fea8cc2f0Icon user placeholder 452