D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

学生

28

コメントした本

51gmqm4mc4l

初版1980年とのことだけども、全く古臭さを感じない。最初はカタカナばかりでややこしく感じたけども、謎が解けていくにつれてどんどんページをめくった。面白い。

1日前

3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bAad5dec2 bc04 4e06 87db 1b2a6aa7dfcdF56ad04c 50d7 4640 b545 4a8549bcae7f94402930 96d7 44d6 83c9 dfab76562456F32c249b 68cd 4fc8 b732 57dd715eca1fBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31188630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 85
61xejuwhg%2bl

風美子のようなひとは、こわい。変わっていく世の中で、取り残されるひとと変わっていくひと。後ろよりも前を見て歩いていきたい。

4日前

419jd35tihl

超越的な存在によって定められた通りに生きる中で、どう自分らしく生きればいいのか?

5日前

00262ceb e827 42de bd86 ac14d320258516bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35ad9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfFf4ff21c dc12 4d1a b038 b60afcb4cc80705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f 56
5167aoxordl

やたら難しかった。「性」は人間の根源的な欲求だからこそ、無意識にそういうものを求めるのだと思った。

8日前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Ff847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a
512ts9rq27l

読んでるうちに足元が崩れるというか、ぐにゃぐにゃした何かに絡め取られて落ちていくような感覚になる本。<物語>という枠組が曖昧になる。

15日前

5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6cE94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9fA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110b42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eEcd0ac37 465d 4193 abbf fdc26ebbcdec92b278d9 69e7 4bf5 8439 9ea7057e2c86Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7 19
41fzb 44wol

なんかこわい。不思議で不気味。「我らの時代のフォークロア」が一番好きかもしれない。

24日前

458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d33878c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31 9
51sdaid1xql

恩田陸さんの本は、いつもどこかファンタジックだ。おとなになるまえの少女たち、こどもではないけどおとなでもない。

30日前

8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa78d11b03 4372 4070 b3a0 f36ef6ff662bA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110b412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4E069b299 fe02 41a7 826d b0cc4099f53dEefde943 359c 4406 a934 873a33443d97
51551pms2nl

重松清さんは、ほんとうにうまい文を書くなぁと思う。ぼくは国語の教員になりたいのだけども、「ビタースイート・ホーム」のようなことが起きたとき、どうすればいいのだろう?みんなが正しいのにどこか歪みが生じたとき、どうすればいいのか?

約1か月前

E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01479437c007 975d 417c abab 9115cb62841426c25d97 1156 42f8 955b 3db2d3d623d634ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6088630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c4fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde9De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c 17
51amz42widl

「ファミリー・アフェア」がすき。「ねじまき鳥と火曜日の女たち」は「ゴドーを待ちながら」みたいでよくわからないなぁとおもった。

約1か月前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bA66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cdBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03 19
41qpk2rjrll

女のひとよりも、男の方がよわいし、もろい。

約1か月前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c518142821 8e87 4cfd ad42 8a6ded7a6d6b4fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde940fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf65289036e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b06206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb9047665a9 9974 462f a98f ba30f581ed15 37
61tkwxayhrl

詩を読むのはすごく体力を使う。「ことばとの真剣勝負」って感じがする。つよく、うつくしくありたい。

3日前

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642692f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43a33db51d7 8e64 469c be34 d7b99a17e7105e4964f7 2747 42fa b8c8 4bd948e9437b872d3c2d 3409 4500 b140 2a3e0c0a4083F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82 16
41ncnnh2e0l

大きな流れに逆らおうともがくひとは素敵だ。自分を見失わずに生きていきたい。

5日前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c59d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed4fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde9Aba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8 25
512aisxzddl

ギャツビーがみんなの負債をすべて抱え込む。全編を通じて、ギャツビーという存在に現実感を感じなかった。なにか触れたら消えてしまう、シャボン玉のようだと思った。

6日前

51gwvyuaozl

「間違い」と「夢」について。人間の思考のベースは言語だから、すべての精神的活動は言語に依存すると思った。生まれてから言語の概念を知らずに生きてきたら、どういう夢を見るのだろう?

11日前

41pdbncdnal

満たされないのはわかっていても、なにが満たされていないのかをわからないと生きるのはむずかしい。でも、満たされないことに気づきもしないで生きるよりは満たされないことを自覚して生きたい。

20日前

F157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798bA6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aa705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cdBbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047e7a2cea3a 0bbc 4db6 b43f 803eeb689b12 36
51lvegegzfl

ノスタルジック。「あぁ自分が高校生だったときってこんなだったなぁ」って思い出した。なんだか爽やかで、若草みたい。

28日前

197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6c22b34e24 9d93 4736 b025 eb773a6c5fa09911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db2001d4555a3 8306 42a5 8b7a 7bc2f35a68be3f46a99d 45ef 459c af99 e003f1ffaf3d3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b 27
518pg54fx1l

どれもこれもなにか奇妙でチグハグ。シュールレアリズム?

約1か月前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c56c194b33 d5b9 4134 bb60 c0cde31bf661458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a771f90fa 0598 460b b5a4 deb5cc27d717 13
41uxp6vjzdl

すごく希望が持てる本。生きてると面倒なこととか、逃げたくなることばかりだけど、それでも信じて生きていくって決めたひとはすてきだとおもった。

約1か月前

0b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d89437c007 975d 417c abab 9115cb628414705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c038aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a212dac5629 77a8 49f8 af96 b6cea7a039a5645753ae 242d 47c7 bd99 f149b0b050ce 34
41zstf0yq6l

誰がどう見てもつらく、きびしい状況なのに、当の本人たちはなんだか楽しそうで、金魚鉢みたいだなぁとおもった。

約1か月前

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cC971a050 39cb 44ec 81d3 4aa3e529e41b4692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe3999abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60336e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcbE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909 14
51zeuofg rl

「孤独とは、幻を求めて満されない、渇きのことなのである。」 みんな自分勝手だった。自分の居場所のためには、自由なんて大した問題じゃないようだ。誰にも必要とされない自由の身よりも、居場所がある囚われの身の方が満たされるのかもしれない。

約1か月前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593970c24ba 836d 439c 84f5 ed43be83f8d0705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c52466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e223458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bA1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f 80